2022年5月23日 (月)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ414~415頁)

 今回は、シニフィアンとシニフィエの網、とかいうなじみ深い話題で始まりますが、平易とは言えずしかも読み進むにつれてどんどん難しくなっていきます。

 これまでも、ネットで読める初出論文版と、そのおよそ10年後の論文集『エクリ』収載版とで違う箇所がありまして、おそらくラカン自身が見直して筆を入れたのだろうから後者がラカンの最終見解なのだろうと考えてきました。ところが、今回の最初の相違点については、ケアレスミスではないかと思わなくもありません。l'exercerをs'exercerに変えている箇所です。直後にもうひとつ相違点が有り、どちらも初出版の表現を取り消し線で消し、エクリ版を赤字で補っておきました。

ORDRE DE LA CHOSE.
ものの秩序

 Un psychanalyste doit aisément s’y introduire à la distinction fondamentale du signifiant et du signifié, et commencer à ls’exercer avec les deux réseaux qu’ils organisent dans des dimensions différentesde relations qui ne se recouvrent pas.
 精神分析家であればシニフィアンとシニフィエの基本的な区別へと容易に入門できるはずですし、それらが組織化する互いに重なり合わない諸関係の二つの網でもって自らを鍛え始めるはずです。

 Le premier réseau, du signifiant, est la structure synchronique du matériel du langage en tant que chaque élément y prend son emploi exact d’être différent des autres ; tel est le principe de répartition qui règle seul la fonction des éléments de la langue à ses différents niveaux, depuis le couple d’opposition phonématique jusqu’aux locutions composées dont c’est la tâche de la plus moderne recherche que de dégager les formes stables.
  一つ目の網、シニフィアンの網は、ランガージュの材料の共時的構造です。そこで各要素が、他の諸要素と異なることでその正確な用法をとるかぎりにおいてです。このような配分の原理が、ラングの諸要素の機能をそのさまざまに異なる水準で、つまり音素の対立の組から、組み立てられた成句にいたるまでの水準で、制御しています。成句については、その安定的な諸形式を取り出すことが最も現代的な研究の任務です。

 一段落目、「s'exercer 自らを鍛え始める」という箇所は、初出時版に従うなら「それ[区別]を実践し始める」となります。

 ここからはエクリ版と初出版はかなり違います。まずはエクリ版の試訳に取り掛かります。

 予め断っておきますと、シニフィカシオンの定訳は「意味作用」ですが、ここでは(初出版には複数形も登場しますし)思い切って「意味対象」としてみます。

 それと、ラカンはトートロジー(同語反復)とオントロジー(存在論)を絡めて言葉遊びをするのがお好きなようで、この講演から18年後、セミネールⅪ巻の後記(1973年)にも登場します(岩波文庫下巻354~355頁)。ここではtauto-ontiqueとあり、訳出困難なのでとりあえず「トート存在的」としておきました。

 Le second réseau, du signifié, est l’ensemble diachronique des discours concrètement prononcés, lequel réagit historiquement sur le premier, de même que la structure de celui-ci commande les voies du second. Ici ce qui domine, c’est l’unité de signification, laquelle s’avère ne jamais se résoudre en une pure indication du réel, mais toujours renvoyer à une autre signification. C’est-à-dire que la signification ne se réalise qu’à partir d’une prise des choses qui est d’ensemble.

 第二の網、シニフィエの網は、具体的に発音されたディスクールたちの通時的な集合です。この集合は歴史的に第一の網に反作用を及ぼし、同時にこの第一の網の構造は第二の網の道たちを指令します。ここで支配するのは、意味対象(シニフィカシオン)のまとまりであり、それが現実界の純粋な指示へと解消することはけっしてなく、むしろつねにもうひとつ別の意味対象 (シニフィカシオン) へと回付することが判明します。すなわち意味対象 (シニフィカシオン) は諸物をまとまりとして把握することを起点としてのみ実現します。

 Son ressort ne peut être saisi au niveau où elle s’assure ordinairement de la redondance qui lui est propre, car elle s’avère toujours en excès sur les choses qu’elle laisse en elle flottantes.

 その[=意味対象 (シニフィカシオン) の]管轄域は、それに固有の冗長性を通常確保する水準で捉えられることはできません、というのも、意味対象 (シニフィカシオン) は、そのなかに漂わせておく諸物に関してつねに過剰であると判明するからです。

 Le signifiant seul garantit la cohérence théorique de l’ensemble comme ensemble. Cette suffisance se confirme du développement dernier de la science, comme à la réflexion on la trouve implicite à l’expérience linguistique primaire.

 シニフィアンだけが、まとまりとしての集合の理論的一貫性を請け合います。この十分性は、科学の最新の発展によって確証されます。よく考えてみると、この十分性は初歩的な言語学的経験に暗黙のものとわかるからです。

  Telles sont les bases qui distinguent le langage du signe. A partir d’elles la dialectique prend un nouveau tranchant.

 こうした基盤が、ランガージュを記号から区別しています。その基盤を起点として、弁証法が新たな刃を持ちます。

 Car la remarque sur laquelle Hegel fonde sa critique de la belle âme et selon quoi elle est dite vivre (en tous les sens, fût-il économique, du : de quoi vivre) précisément du désordre qu’elle dénonce, n’échappe à la tautologique qu’à maintenir la tauto-ontique de la belle âme comme médiation, d’elle-même non reconnue, de ce désordre comme premier dans l’être.

 というのも、ヘーゲルが美しき魂についてのその批判を基礎づける指摘、それによれば美しき魂はまさしくそれが告発する混乱/無秩序によって生きていると言われる(生きる糧、というときの、経済的意味も含めあらゆる意味で)のですが、このような指摘は、存在において一次的なものとしてのこの混乱/無秩序の、それ自体は認識されない媒介としての美しき魂のトート存在的なものを維持することでしか、トートロジー的なものを免れないからです。

 Quelque dialectique qu’elle soit, cette remarque ne saurait ébranler le délire de la présomption auquel Hegel l’appliquait, restant prise dans le piège offert par le mirage de la conscience au je infatué de son sentiment, qu’il érige en loi du cœur.

 この指摘は、それがどれほど弁証法的であっても、ヘーゲルがこころの法則へと仕立て上げるその[自我]感情にのぼせ上がった「je私」へと意識の幻影が供する罠に捉えられたままであって、ヘーゲルがそれを適用した自負の狂気をぐらつかせようがありません。

 「美しき魂」「こころの法則」「自負の狂気」はヘーゲルの『精神現象学』でいずれも目次にみつかる重要概念のようです。それぞれの訳語は平凡社ライブラリーの樫山訳に従いました。一つ目はジジェクの『最も崇高なヒステリー者』で見覚えがありました。二つ目は、初出時版で二重山括弧で示されていたので引用句と知ることができました。

 続いてその初出版です。はじめの数行を過ぎると、エクリ版と共通する箇所はぽつりぽつりと点在するだけになります。

 Le second réseau, du signifié, est l’ensemble diachronique des discours concrètement prononcés, lequel réagit historiquement sur le premier, de même que la structure de celui-ci commande les voies du second. Ici ce qui domine, c’est l’unité de signification laquelle s’avère ne jamais se résoudre en une pure indication du réel, mais toujours renvoyer à une autre signification. C’est-à-dire que si les significations saisissent les choses, c’est seulement à constituer leur ensemble en l’enveloppant dans le signifiant, et que si leur trame recouvre cet ensemble toujours assez pour le déborder, c’est que le signifiant dans son ensemble n’est signification de rien. Ce qui confirme que le langage n’est jamais signal, mais
mouvement dialectique.

 第二の網、シニフィエの網は、具体的に発音されたディスクールたちの通時的な集まりです。この集まりは歴史的に第一の網に反作用を及ぼし、同時に第一の網の構造は第二の網の道たちを指令します。ここで支配するのは、意味対象 (シニフィカシオン) のまとまりであり、それが現実界の純粋な指示へと解消することはけっしてなく、むしろつねにもうひとつ別の意味対象 (シニフィカシオン) へと回付することが判明します。すなわちもし意味対象 (シニフィカシオン) たちが諸物を把えるとしたら、それはただ、それら[諸物]の集まりを、シニフィアンの中に包みつつ構成することによってのみです。また、もしそれら意味対象 (シニフィカシオン) の縦糸がこの[諸物の]集まりを、つねにその集まりからはみ出るに充分なほど覆い尽くすとしたら、それは集まりとしてのシニフィアンが何の意味対象 (シニフィカシオン) でもないからです。こうして、ランガージュは信号ではなく弁証法的運動であるということが確証されます。

 On peut, rien qu’en partant de là, remarquer que toute dénonciation verbale d’un désordre participe du désordre contre quoi elle réclame, en ceci que le désordre s’est installé par son discours. Hegel, dans sa dialectique de la belle âme, avait déjà montré que cette remarque n’est tautologique qu’à méconnaître l’effet tauto-ontique où elle s’enracine, c’est-à-dire que l’être est premier du désordre de quoi la belle âme vit en tous les sens (y compris le sens économique) qu’on peut trouver au terme : de quoi vivre, et qu’à dénoncer le désordre, la belle âme ne procède qu’à la médiation encore méconnue d’elle de la conduite
par quoi elle en subsiste.

 そこから出発するだけで指摘できることですが、混乱/無秩序を言葉で告発することはまるごと、それが抗議する混乱/無秩序に関与しています。混乱/無秩序はそのディスクールによって設立されたからです。ヘーゲルが美しき魂についての弁証法においてすでに示したように、この指摘は、美しき魂が根ざすところであるトート存在的な効果を無視することでしか、トートロジー的ではありません。すなわち存在は、生きる糧という言い方にみられるあらゆる意味で(経済的意味も含め)美しき魂が生きる糧としている混乱/無秩序の第一のものだからです。そして混乱/無秩序を告発するさい、美しき魂は、それ自身が存続するために用いている振る舞いの自らはいまだ無視している媒介作用にしか取り組まないということも、ヘーゲルは示しました。

 Cette dialectique ne semblait pas pouvoir pénétrer au delà du délire de la présomption à quoi Hegel l’appliquait, c’est-à-dire au delà du piège offert par le mirage de la conscience au « je », infatué de son sentiment et l’y assumant en tant que « loi du cœur ».

 この弁証法は、ヘーゲルがそれを適用したうぬぼれの妄想の彼方へと、すなわち、その[自我]感情にのぼせ上がり「こころの法則」としてそれを受諾する「je私」へと意識の幻影が供する罠の彼方へと、浸透していくことができるとは見受けられませんでした。

 最近まで、ネットには初出時の版しか落ちていないと思っていたので、そこからのコピペを下敷きにして読んでから書籍版『エクリ』と比べるという作業を繰り返してきていたのですが、エクリ版もLa chose freudienne ou sens du retour à Freud, 1955, de Jacques Lacan (pagesperso-orange.fr) で読むことができるのを見つけました。そちらへ完全に乗り換えようかと思っていたところへ、今回これだけ相違点があると、やはり両者を見比べていったほうがいいかなあと思っているところです。訳文を作る手間はほぼ倍になってしまいますけど。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

2022年5月13日 (金)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ413~414頁)

 今回でこの難解な節は終わりますが、次の節にはラカニアンにとってなじみの話題が扱われていて読みやすそうなのを励みに、何とか今回の分を進んでいきましょう。

 最初の段落で「chacun devait rencontrer sa promise各男性がその許嫁と出会うはず」とあるところは、ネット上でみつかる初出版では「chacun venait au devant de sa chacune」となってます。ひとつの文にchacunとchacuneが対比されていると、カップルたちのうち「各男性」と「その彼女」という意味になりますから結局同じようなことになって、「各男性がその彼女の前にやって来る」という意味になります。少し前にpromisという語が出ているので前者の表現にしたのでしょうか。

 それと、同じくネット上の情報では、最初の段落の最後の台詞は、ユーモア作家アルフォンス・アレーの作品からの引用なのだそうです。

 この段落では、ギリシア神話のアテナがゼウスの頭から武装した姿で生まれたとされることを踏まえて、アテナはフロイトの頭から生まれた云々とされているようですから、アテナは精神分析を指しているのでしょう。そうするとアテネ人とは分析家たちをそれぞれ言い換えているのでしょう。さらにはフランス語でアテネ人とは明晰な人や怜悧な人を指す言い方でもあることも踏まえているかもしれません。

 On se prenait seulement à répéter après Freud le mot de sa découverte : ça parle, et là sans doute où l'on s'y attendait le moins, là où ça souffre. S'il fut un temps où il suffisait pour y répondre d'écouter ce que ça disait, (car à l'entendre la réponse y est déjà), tenons donc que les grands des origines, les géants du fauteuil furent frappés de la malédiction promise aux audaces titanesques, ou que leurs sièges cessèrent d'être conducteurs de la bonne parole dont ils se trouvaient investis à s'y asseoir ci-devant. Quoi qu'il en soit, depuis, entre le psychanalyste et la psychanalyse, on multiplie les rencontres dans l'espoir que l'Athénien s'atteigne avec l'Athéna, sortie couverte de ses armes du cerveau de Freud. Dirai-je le sort jaloux, toujours pareil, qui contraria ces rendez-vous : sous le masque où chacun venait au devant de sa chacunedevait rencontrer sa promise, hélas ! trois fois hélas ! et cri d'horreur à y penser, une autre ayant pris la place d'elle, celui qui était là, non plus n'était pas lui.

 ひとびとはただフロイトの発見した「エスが話す」という言葉を彼の後で繰り返し始めただけでした。しかも、おそらくもっともそれ[エス]が予期されていないところで、それ[エス]が損なわれているところで。それ[エス]に答えるには、それ[エス]が語っていたことを聴くだけで十分であった -なぜならそれを聞けば答えはそこに既にあるから- ような時があったのだとしたら、我われはそれゆえ断言しましょう、その始まりの巨人たち、肘かけ椅子の偉人たちは、途方もない厚かましさを約束する呪いに見舞われたのだった、と、あるいは、彼らの座席は、これ以前にそこに座ることで彼らに与えられていた良きパロールを導くものではなくなってしまう、と。いずれにせよ、それ以来、ひとびとは、フロイトの脳天から武器をまとって出てきたアテナでもってアテネ人[怜悧さで知られる]が自ら動揺[アテーニュ]することを期待しつつ、精神分析家と精神分析の間で出会いを何度も繰り返しています。私としては、この顔合わせを妨げる天運はいつも同じく嫉妬深いと言いましょう:男どもがそれぞれの約束の女に出会うはずのマスクの下で、「ああ、返す返すも残念!」、そしてそれを考えての恐怖の叫び、「もう一人別の女が彼女の座にすでに就いてしまい、それまでそこにいた男もまたその彼ではなかった」。

 Revenons donc posément à épeler avec la vérité ce qu’elle a dit d’elle-même. La vérité a dit : « je parle ». Pour que nous reconnaissions ce « je » à ce qu’il parle, peut-être n’était-ce pas sur le « je » qu’il fallait nous jeter, mais aux arêtes du parler que nous devions nous arrêter. « Il n’est parole que de langage » nous rappelle que le langage est un ordre que des lois constituent, desquelles nous pourrions apprendre au moins ce qu’elles excluent. Par exemple que le langage, c’est différent de l’expression naturelle et que ce n’est pas non plus un code ; que ça ne se confond pas avec l’information, collez-vous-y pour le savoir à la cybernétique ; et que c’est si peu réductible à une superstructure qu’on vit le matérialisme lui-même s’alarmer de cette hérésie, bulle de Staline à voir ici.

 それゆえ穏やかにもう一度戻って、真理と共に、真理が自身について語ったことを一語ずつ辿りましょう。真理は「私は話す」と言いました。この「私je」を、彼が話すことのなかに我われが見つけ認識するために、ひょっとすると我われが飛びつく[ジュテ]べきだったのは「私je」だったのではなくて、むしろ、我われが着目[アレテ]すべきであったのは話すという小骨/尾根[アレト]においてではなかったでしょうか。「ランガージュのパロールしか無い」ということが我われに思い出させるのは、ランガージュとは諸法則が構成する一つの秩序であるということです。我われはそうした諸法則について、少なくともそれらが何を除外するのかを、教えることができるでしょう。たとえば、ランガージュとは、自然な表現とは異なるということ、さらには一つのコードでもないということ。それは情報とも混同されないということで、これを知るにはみなさんサイバネティックスに取り組んでください。そして、それは一つの上位構造へと還元することはほとんどできないので、唯物論そのものがこの異説について警戒する様子がみられたということ。スターリンの勅令もここに見るべきです。

 Si vous voulez en savoir plus, lisez Saussure, et comme un clocher peut cacher même le soleil, je précise qu'il ne s'agit pas de la signature qu'on rencontre en psychanalyse, mais de Ferdinand, qu'on peut dire le fondateur de la linguistique moderne.

 みなさんがそれについてもっと知りたいと望むなら、ソシュールをお読みください。そして、鐘楼が太陽すら隠すこともありうるのですからはっきり言っておきます、それは精神分析において出会う[レイモン・ド・ソシュールという]署名のことではなくて、フェルディナンのことです。彼は現代言語学の創始者ともいえるでしょう。

 今回は2段落目にも、私[ジュ]に飛びつく[ジュテ]のではなく小骨/尾根[アレト]に着目[アレテ]すべきだとかいう言葉遊びがあって、とくに「小骨/尾根」は比喩になってるのでいっそうわかりにくい箇所です。いくつもの語が続く文を、魚の小骨が続く様子とか山の尾根が続く様子にたとえていると思えば、分からないでも有りませんが。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

 スターリンと言語学の関係について自分の手元にある書籍では岩波新書『言語学とは何か』で少し触れられているだけですが、それによれば、スターリンのもとでフォルマリスムや構造主義を否定しいびつな発展を遂げていたソヴィエト言語学を、スターリン自身が、晩年も近づいた1950年に文書を出して否定し、いわば正常化したのだそうです。

言語学とは何か (岩波新書)
田中 克彦

» 続きを読む

2022年5月 8日 (日)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ412~413頁)

 先へ進みます。今回もまずはアクタイオンの神話に絡めながら論じ始めますが、やはり難解です。途中、二段落目と三段落目には、初出時と異なる箇所があって、両者を見比べることで多少は理解が助かる気もします。以下では、初出時の文を棒線で抹消して、エクリ版の文を併記しておきました。三段落目の「con-tact af-fec-tif情動的接触」は、あえて綴り字をハイフンで分けて、「con女性器/間抜け」と「fec糞」を浮き立たせていると思いますが、これは訳出不能と諦めました。

 Cette limite et ce lieu, on le sait, sont loin encore d’être atteints pour ses disciples, si tant est qu’ils ne refusent pas de l’y suivre, et l’Actéon donc qui ici est dépecé, n’est pas Freud, mais bien chaque analyste à la mesure de la passion qui l’enflamma et qui a fait, selon la signification qu’un Giordano Bruno dans ses Fureurs héroïques sut tirer de ce mythe, de lui la proie des chiens de ses pensées.
 彼の弟子達にとって、もしも彼らが彼に付いていくことを拒まないのであれば、この限界とこの場は、周知のように、到達するには未だ遠いものです。それゆえにここでバラバラにされたアクタイオンはフロイトではなく、それぞれを燃え上がらせた情熱の程度に応じた各分析家なのです。この情熱は、ジョルダーノ・ブルーノがその「英雄的高揚」においてこの神話から引き出し得た意義に従えば、彼をその思想の犬どもの餌食としたものです。 

 Pour mesurer ce déchirement, il faut entendre les clameurs irrépressibles qui s’élèvent des meilleurs comme des pires, à tenter de les ramener au départ de la chasse, avec les mots que la vérité nous y donna pour viatique : « je parle », pour enchaîner : « il n’est parole que de langage ». Ils Leur tumulte couvrent aussitôt la suite.
 この引き裂きを測るには、最良の者からも最悪な者からも沸き上がる抑えがたき抗議を聞かねばならなりません。真理が我われにお守りとして与えた言葉「私が話す」でもって彼らを狩りの始まりまで連れ戻そうと試み、「ランガージュによってしかパロールは無い」と続けるためです。彼らの騒ぎがその続きを覆っています。

 « Logomachie ! telle est la strophe d’un côté. Que faites-vous du préverbal, du geste et de la mimique, du ton, de l’air de la chanson, de l’humeur et du con-tact af-fec-tif ? ». À quoi d’autres non moins animés donnent l’antistrophe : « Tout est langage : langage que mon cœur qui bat plus fort quand la venette me saisit, et si ma patiente défaille au vrombissement d’un avion à son zénith, c’est pour dire le souvenir qu’elle a gardé du dernier bombardement ». – « Oui, aigle de la pensée, et quand la forme de ton semblant mécanique surgit dans l’ovale éclairé dans la nuit par le pinceau du projecteur l’avion decoupe ta semblance dans le pinceau percant la nuit du projecteur, c’est la réponse du ciel ».
「言葉遊びだ!」これが一方からの発句です。「前言語的なもの、身振りや模倣、口調、歌の雰囲気[節回し]、機嫌/体質や情動的接触をあなたはどうする気だ?」と。これに対して、負けず劣らず突き動かされた別の人々が、対句を与えます:「全てはランガージュだ:恐怖が私をとらえるときにいっそう強く打つ私の心臓というランガージュ。そして天頂の飛行機の爆音に私の女性患者が失神するとすれば、それは、最後の爆撃について彼女が保持している想い出を『語る』ためだ」。ーそうだ、思考の鷲[=傑物]よ、しかも投光器から夜を突きさす光線のなかで飛行機の形がお前に似た外観を浮かび上がらせるとき、それは空からの応答なのだ。

 On ne contestait pourtant, à s’essayer à ces prémisses, l’usage d’aucune forme de communication à quoi quiconque pût recourir en ses exploits, ni les signaux, ni les images, et fonds ni forme, aucun non plus qu’aucune, ce fonds fût-il un fonds de sympathie, et la vertu n’étant pas discutée d’aucune bonne forme.
 それでも、これらの前提をあえて試みてみても、誰もがその業績において頼りにできた意思伝達のいかなる形の用法も、信号も、イマージュも、資質も形式も、ちっとも異議を申し立てられませんでした。この資質が、共感の資質だったのです。そしていかなる良い形についてもその徳は議論されないままです。

 四段落目は簡潔なので手がかりが乏しく、かなり手ごわく感じます。「fonds ni forme」は、この前にniが省略されていると考えました。「bonne forme」は、ゲシュタルト心理学などで言われる言葉を揶揄しているようです。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

» 続きを読む

2022年4月22日 (金)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ411~412頁)

 今回は新たな節に入ります。

 節のタイトル「PARADE」は多義的な語ですが、読み進めるとまた違った意味と分かるかも知れません。

 冒頭に「Le retour aux ténèbres暗闇への回帰」とあるのは、407頁の頭の方で、ニーチェは超新星であって直ちに暗闇に回帰したと書かれた箇所をほぼ繰り返しています。

 そのすぐ後のイタリック「murder party」があえて英語を用いることで何を念頭に置いているのかは分かりませんが、もう少し後ろのイタリック「Les Bijoux indiscrets」は、ディドロの小説のタイトルで、『不謹慎な宝石』または『お喋りな宝石』と邦訳されています。wikipediaによれば、『宝石』は俗語で女性器を意味しており、「女性の「宝石」に過去の性遍歴を話させることができる魔法の指輪を使って巻き起こす騒動を描く」ような内容の「艶笑小説・風刺小説」なんだそうです。ラカンはこれにセミネール17巻の6章ほかでも言及しています。

PARADE.
誇示/打開策

 Le retour aux ténèbres que nous tenons pour attendu à ce moment, donne le signal d’une murder party engagée par l’interdiction à quiconque de sortir, puisque chacun dès lors peut cacher la vérité sous sa robe, voire, comme en la fiction galante des « bijoux indiscrets », dans son ventre. La question générale est : qui parle ? et elle n’est pas sans pertinence. Malheureusement les réponses sont un peu précipitées. La libido est d’abord accusée, ce qui nous porte dans la direction des bijoux, mais il faut bien s’apercevoir que le moi lui-même, s’il apporte des entraves à la libido en mal de se satisfaire, est parfois l’objet de ses entreprises. On sent là-dessus qu’il va s’effondrer d’une minute à l’autre, quand un fracas de débris de verre apprend à tous que c’est à la grande glace du salon que l’accident vient d’arriver, le golem du narcissisme, évoqué en toute hâte pour lui porter assistance, ayant fait par là son entrée. Le moi dès lors est généralement tenu pour l’assassin, à moins que ce ne soit pour la victime, moyennant quoi les rayons divins du bon président Schreber commencent à déployer leur filet sur le monde, et le sabbat des instincts se complique sérieusement.
 この時点で我われは暗闇への回帰が待ち望まれているとみなしますが、この回帰は、皆びとへの外出禁止令によって始められた『murder party殺人パーティー』に合図を与えます。なにしろ、それ以後各人は、真理をその衣裳の下に隠すことが、さらには、『不謹慎な宝石』の官能フィクションにおけるように、その腹の中に隠すことができるからです。一般的な問いは、誰が話すのか?、ですし、この問いはそれなりに適切です。あいにく、いくつかの答えは少々性急です。リビドーがまず告発されます。これは、宝石の方向へと我われを運びますが、まさに気づかねばならないのは、自我がもし満足されること少なきリビドーに足かせをもたらすならば、自我自身が時にはその[リビドーの]誘惑の企ての対象なのだということです。そこで感づかれるように、ガラス片の大音響が皆に、広間の大ガラス窓にアクシデントが到来したのだ、彼[自我]に援助をもたらすために慌ただしく惹起されるナルシシズムのゴーレム[泥人形]がそこから入場してしまったのだ、と教えるとき、自我は今にも崩れ落ちるだろうということです。それ以来『自我』は、一般に、殺人者とみなされます。さもなくば犠牲者とみなされます。そのおかげで、高邁なシュレーバー院長の神の光線が世界にその網を広げ始めますし、諸本能のサバト[安息日/秘祭]が深刻に紛糾するのです。

 La comédie que je suspends ici au début de son second acte est plus bienveillante qu’on ne croit, puisque, faisant porter sur un drame de la connaissance la bouffonnerie qui n’appartient qu’à ceux qui le jouent sans le comprendre, elle restitue ces derniers l’authenticité d’où ils déchurent toujours plus.
 私はここ第二幕の冒頭で喜劇を中断しますが、この喜劇は、一般に考えられている以上に博愛的/親切です。なにしろ、認知のドラマに、それを理解せずに演じている者たちのものでしかない滑稽さをもたらすことで、この喜劇は、その者たちに真正性を再建するからです。彼らはそこからいつもどんどん落ち離れていくのです。

 Mais si une métaphore plus grave convient au protagoniste, c’est celle qui nous montrerait en Freud un Actéon perpétuellement lâché par des chiens dès l’abord dépistés, et qu’il s’acharne à relancer à sa poursuite, sans pouvoir ralentir la course où seule sa passion pour la déesse le mène. Le mène si loin qu’il ne peut s’arrêter qu’aux grottes où la Diane chtonienne dans l’ombre humide qui les confond avec le gîte emblématique de la vérité, offre à sa soif, avec la nappe égale de la mort, la limite quasi mystique du discours le plus rationnel qui ait été au monde, pour que nous y reconnaissions le lieu où le symbole se substitue à la mort pour s’emparer de la première boursouflure de la vie.
 しかし、もしいっそう深刻な隠喩がその主役にふさわしいとしたら、それは、はじめから彼を見失った犬どもによって永遠に攻撃を食らうアクタイオンなる者をフロイトにおいて我われに示すであろう隠喩です。そして彼は、女神への情熱が彼を導く歩みを抑えられず、自らの追跡へと犬たちをさらに駆り立てることに夢中なのです。[女神への情熱が]彼を遠くへと導き、彼は洞穴でしか立ち止まることができません。じめじめとした陰がその洞穴を、真理の寓意的な在処とひとつにしているのですが、そうした陰の中にいた冥界のディアナは、彼の渇きに対して、死という一様に拡がる層[に並ぶ獲物の肉片]と共に、世界に在った最も理性的なディスクールのほとんど神秘的な限界をもたらします。よって我われはそこに、象徴が死に代入されて生の最初の泡を奪取するような場を認識するのです。

 最後の段落はかなり手ごわく感じます。ギリシア神話の狩猟の女神アルテミス(ディアナ)は、洞穴の中にあり茂みに囲まれた泉で体を洗うことになっていたのを、鹿狩りに来ていた若者アクタイオンに見られたため、彼を鹿の姿に変えてしまい、彼と仲間たちが連れてきていた猟犬どもに彼を食い殺させた、というエピソードが下敷きにあります。途中「nappe」(いちばんふつうの意味はテーブルクロス)という語には、「層、拡がり」という意味の他に、「猟犬に獲物の一部を褒美として与える際の敷布や包布として用いる鹿皮」という意味があるらしいので、考えすぎかも知れないと思いながらカギ括弧で少し補足しておきました。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

2022年3月12日 (土)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ410~411頁)

 次に移ります。今回は2段落進みましょう。ここもひきつづき、真理の立場に立って「私は・・・」と語っている箇所です。

 一つ目の段落では、ネット上に公開されているこの論文のファイル(『エクリ』所収版ではなく論文初出時のテキストを元にしていることが多い)との相違が2箇所あって、ひとつめは4つめの単語「」の代わりにネットでは「y」となっている箇所、もうひとつは「continue la prosopopée擬人法が続く」という箇所が、「dit la vérité真理が語る」となっている箇所です。ここは真理に語らせるという擬人法が使われていますから、どちらも同じことを言っています。

« Mais vous allez là prendre garde : la peine qu’a eue celui-ci à devenir professeur, lui épargnera peut-être votre négligence, sinon votre égarement, continue la prosopopée. Entendez bien ce qu’il a dit, et, comme il l’a dit de moi la vérité qui parle, le mieux pour le bien saisir est de le prendre au pied da la lettre. Sans doute ici les choses sont mes signes, mais je vous le redis, signes de ma parole. Le nez de Cléopâtre, s’il a changé le cours du monde, c’est d’être entré dans son discours, car pour le changer long ou court, il a suffi mais il fallait qu’il fût un nez parlant.

「しかし皆はそこで用心されたい:フロイトが教授になるためになした苦労は、ひょっとすると彼に対する皆の逆上を免じてくれるとは言わないまでも皆の軽視を免じてくれるだろう」と、[真理が語るという]擬人法が続く。「フロイトが言ったことをよく理解されたい。そして彼が、話す真理たる私について言ったように、それ[フロイトが言ったこと]をうまく把握するために最良のことは、それを字義通りに受け取ることだ。おそらくここで諸物こそが私の徴[シーニュ]であり、しかも私は皆に改めて言うが、私のパロールの徴[シーニュ]である。クレオパトラの鼻がもし世界の流れを変えたとしたら、それは世界のディスクールに加わったことによるのだ、というのも、その鼻を長くも短くも変えるには、それが話す鼻であることで十分であったのだし、かつそれが必要でもあったからだ」。

 二つ目の段落には、「les traces hermétiques du voleur d’Apollon」とあります。「hermétique」には「難解な」という意味と「ヘルメスの」という意味があるようですが、ギリシア神話でヘルメスが生まれたその日にゆりかごから這い出してアポロンの牛50頭を盗んだというエピソードをふまえたものと思われ、ここは「難解」ではなく「ヘルメス的」と訳したいのですが、その後ろ、「voleur d’Apollon」は「アポロンという盗人」という意味ですから、神話とは逆なのです。間違いではないとすれば、ラカンはここで、盗まれた側のアポロンにも実は盗人的なところが隠れていると言いたいのかもしれません。とはいえ、ソフォクレスがこれをエディプスよりも重視したという、これまたよく分からない説明が付された箇所でもあり、真意は今のところよく分かりません。

« Mais c’est du vôtre maintenant qu’il va falloir vous servir, bien qu’à des fins plus naturelles. Qu’un flair plus sûr que toutes vos catégories vous guide dans la course où je vous provoque : car si la ruse de la raison, si dédaigneuse qu’elle fût de vous, restait ouverte à votre foi, je serai, moi la vérité, contre vous la grande trompeuse, puisque ce n’est pas seulement par la fausseté que passent mes voies, mais par la faille trop étroite à trouver au défaut de la feinte et par la nuée sans accès du rêve, par la fascination sans motif du médiocre et l’impasse séduisante de l’absurdité. Cherchez, chiens que vous devenez à m’entendre, limiers que Sophocle a préféré lancer sur les traces hermétiques du voleur d’Apollon qu’aux trousses sanglantes d’Œdipe, sûr qu’il était de trouver avec lui au rendez-vous sinistre de Colone l’heure de la vérité. Entrez en lice à mon appel et hurlez à ma voix. Déjà vous voilà perdus, je me démens, je vous défie, je me défile : vous dites que je me défends ».

「しかしいま皆は自身の鼻を利用すべきだろう、より自然な目的のためであっても。皆の全てのカテゴリーよりも定かな嗅覚が、私が皆にうながす行程で皆を導いてほしい:というのも、もし理性の狡知が、いかに皆を軽視していても、皆の信に対して開かれたままであったら、真理たる私は、皆に対して大いなる嘘つきなのであろうから。なにしろ、私[へ]のいくつもの道が経由するのは偽だけではなく、みせかけの持つ欠陥に見出すべきあまりに狭い断裂も通るし、接近不能な夢の妄念も、平凡さがもつ理由無き魅惑も、不条理がもつ魅惑的な行き詰まりも通る。皆よ探しなさい、犬どもよ、猟犬どもよ。皆は私の言うことを聞いて犬になる。ソフォクレスは、エディプスの血塗れの足跡を追うよりもむしろ、盗人アポロンのヘルメス的痕跡へと猟犬を放つことを好んだ。ソフォクレスは、コロノスなる陰惨な最終到達地にこそエディプスと共に真理の時をきっと見出すと思っていた。皆よ私の召喚で闘技場に入りなさい、そして私の声でうめきなさい。すでに皆はこうして敗れ、私は前言を翻しdémens、皆に挑みdéfie、私はずらかりdéfile:皆は私が自己弁護しているdéfendsと言う」。

 最後で似た単語を連ねている箇所は、ラカンのお気に入りであったのか、はるか後に書かれたセミネールⅪ巻『精神分析の四基本概念』後記(1973年)でも出てきます。「挑戦défiされれば人は逃げだしdéfile、挑戦défiantしながら人は防御しdéfend ・・・」(岩波文庫下巻349頁)。そこも非常に難解な箇所であって、このエクリを読む際のヒントになるという感じでもないのですが。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

 たったいま、テレビで3分クッキングを観ていたら、キューピーハーフのCMのナレーションで福山雅治が「私はライフを新しくする」と言ってましたが、これがキューピーハーフという商品の立場に立って語っているとすればラカンのこの論文と同じ擬人法のレトリックであって、ラカンの文ばかりをさほど奇妙に思う必要も無いのかなと気付いたところです。

«ラカン『フロイト的もの』(エクリ410頁)

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ