« 再びクワイエットルームについて | トップページ | フロイト全集17から『快原理の彼岸』(2) »

2007年11月27日 (火)

フロイト全集17から『快原理の彼岸』

 刊行中の岩波の全集の訳はさすがに良い出来で、原書に当たったりせずさらさら読めてしまいます。そうするとスピードが上がって内容にも集中できるせいか、あるいは今まで難所だったところに躓かなくなったせいか、これまで読み流してきた箇所が気になりだしています。

 『快原理の彼岸』ではとりあえず次の箇所です。

 「欲動の歴史的被制約性を確証するように思われる事例も動物の生活の中にすぐさま目につく。ある種の魚が産卵期に困難な渡りを企て、常日頃の居住地からはるか離れた河や湖で産卵をする場合、魚たちは、多くの生物学者の理解では、時の経過につれて換えられてきた祖先の生息地を訪れているに過ぎない。同じことは渡り鳥の飛翔にも当てはまるが、遺伝現象や胎生学の事実の中に有機体の反復強迫のりっぱな事例があることを知れば、さらなる事例を探す必要はなくなろう。おわかりのように、生きた動物の胚は、発達してゆくにつれて、その動物の由来のもととなっているあらゆる形質の構造を -短縮されてほんのつかの間のことであるにせよ- 繰り返さざるをえないのであり、最短距離で確定形態へと到ることはできない。動物のこうした振る舞いについて、機械的に説明できるのはほんの一部分のことにすぎず、歴史的な説明を抜きにすることはできない。そして、ある器官が失われたとしても、それとまったく同じような器官を新たに形成して補填するという再生能力は、かなり高等な動物にまで及んでいる。」(岩波版p90-91)

 ここに挙げられている例は:①魚の出産地への旅や、渡り鳥の飛行、②胎内や卵内で、個体発生が系統発生を繰り返すこと、③失われた器官が再生すること、例えばトカゲの尻尾が切れても再生したり、種によっては何度でも歯が生え替わること。

 これら三つの例って、それぞれかなり異質な現象だと思うんです。①は、個体そのものは全く変化せず、場所を変えるだけだという点で他の二つと違います。②の場合、発生中の各個体は、その個体としては初めて経験する発生過程を経ているわけで、この点で他の二つとは違います。③の現象は、(せいぜい数日~数ヶ月前の)完全な成体の状態に戻ることでしかなく、他の二つのように太古の状態に戻る過程ではありません。

 フロイトはいつも幾重にも関連しあった素晴らしい例を持ち出してくるのが常なので、ここでも、これら三つの例は歴史的被制約性という以外にも何か私の気づいていない共通点を持った現象なんじゃないかと気になって仕方がありません。歴史的被制約性について言うためなら、③はあまりにも馬鹿馬鹿しい例だと思うんですが、私はフロイトを買いかぶりすぎているんでしょうか?。さらに疑問として、これら三つには、反復強迫現象との類似の程度に差があるんでしょうか、そしてそれぞれはどの点で類似してるんでしょうか?。これが分かれば私の反復強迫への理解も一段進むと思うんですが。

 ところで、上に引用した岩波の訳文中、「その動物の由来のもととなっているあらゆる形質の構造」という箇所に私は違和感があって、特に「形質」という訳語は意味からして文脈にそぐわない気がします。原語を調べると「Form」ですが、ここは、「(より下等な生物の)諸形式」といった感じで、哺乳類からみた魚類とか両生類を指すでしょう。それらの「構造」を繰り返す、と取れば意味が通ります。ちなみに「形質」で和独を引くと、「Eigenschaft」とか「Charakteristikum」が出てきます。

フロイト全集〈17〉1919‐1922―不気味なもの、快原理の彼岸、集団心理学

須藤 訓任 (翻訳), 藤野 寛 (翻訳)

出版社: 岩波書店 (2006/11)

« 再びクワイエットルームについて | トップページ | フロイト全集17から『快原理の彼岸』(2) »

フロイト」カテゴリの記事

フロイト全集(岩波書店)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。重元と申します。
わたくしも、1年ほど前からフロイトについてのブログをつくっております。
freudianさん(と呼ばしていただいてよいのでしょうか)は、独語でフロイトを読みこなして詳細な考察をなされておられるのですね。
ドイツ語のほとんどできない私としては、大変参考になるお話で、今後も役立てていきたいと思います。

さて、「快原理の彼岸」ですが、本当に難しい論文で、私もいまだによくわかりません。
ご指摘の部分については、私は①と②については、歴史的制約ということで納得できました。③は、少し違うけれども、単に同じものを再生しようという傾向が多くの生物に内在しているということでしょうか。
トラックバックの記事にも書いてみました。

重元様、はじめまして。
 私はfreudienとか管理人とかいった名前で自身のHpに記事を書いておりますが、特に固有名を名乗ってはおりませんので、やはり上記のいずれかでお呼びいただければ幸いです。
 おっしゃられたことを考慮に入れながらもう一度考えてみました。太古から世代を受け継ぐ生命の連続について、生殖細胞だけに焦点を当てて概観してみれば、胚が分裂して生じた多くの細胞のうち一部がまた生殖細胞(精子か卵子)になるという繰り返しです。そうした細胞と、それを取り巻く環境、というふうに考えてみますと、①生息地も、②③身体の形態も、いずれも、生殖細胞からみれば環境に過ぎません。よって反復強迫について、生殖細胞が同一環境を繰り返す傾向、と考えることも可能かもしれません。フロイトがそのように言ってはいないのはもちろんですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロイト全集17から『快原理の彼岸』:

» freudienさんのブログ「不思議のメモ帳」の記事「フロイト全集から『快原理の彼岸』」へのトラ [徒然なるままにフロイト]
フロイトはダーウィンの信奉者だったから、自然淘汰による進化ということをよく理解していた。 「自然は飛躍しない」という有名な言葉がある。 自然淘汰は、ほんの少しずつの変化しかもたらさない。 しかも、進化に「途中」ということはない。 それぞれの時代のそれぞれの... [続きを読む]

« 再びクワイエットルームについて | トップページ | フロイト全集17から『快原理の彼岸』(2) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ