« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月26日 (水)

もっと充足されるのを容認すべき欲動

 前回取り上げた『精神分析への抵抗』のなかに書かれていた、「もう幾分か充足されるのを容認すべき」欲動とはどんなものなのでしょう。(今回の話題については、前回の記事の時点ですでに予定しておりましたが、前回の記事にいただいたコメントの中にこの疑問点に触れておられるものがあり、やはり同じところに目を付けるものだなあ、と感じ入りました。)

 たとえば『文化への不満』には次のようにあります。

「・・・そのさい文化が性に対してとる態度は、他の部族なり階層なりをほしいままに搾取できる立場に立った部族あるいは階層がとる態度と同じだ。抑えつけられたものたちが反乱を起こすのではないかという不安から、厳重な予防措置が講ぜられる。現在のわれわれの西欧文化は、こういう発展の極致だ。西欧文化が幼児の性生活の表出を厳禁することから始まるのは、心理学的にはもっとも至極である。・・・けれども、どう考えても許しがたいのは、文化社会が極端に走って、幼児性欲という、簡単にその存在を証明できるどころか、誰の目にも明らかといっていいこの現象それ自体をも否定してしまったことである。また、性成熟期の個体の対象選択は異性だけに限られたし、性器を使わない満足の大部分は倒錯だとして禁止されてしまった。・・・ただし、性器を使った異性間の愛というこの放逐されていないものも、法律で承認された一夫一婦制のものであるという制約によってさらに限定される。・・・
 もちろんこれは行き過ぎである。・・・」(人文書院フロイト著作集第3巻『文化への不満』p463-4を少々改訳)

 他の部族を抑えつけるという比喩にも類似点がありますし、フロイトがこれらを「もう幾分か充足されるべき」と考えていることは間違いなさそうです。『精神分析への抵抗』に挙げられた「もう幾分か充足されるべき欲動」に対応すると考えて良いでしょう。

フロイト著作集 第3巻 文化・芸術論 (3)

フロイト (著), 高橋 義孝 (翻訳)

出版社: 人文書院 (1969/01)

 ところで、クリスマスシーズンも終わりましたが、私は今年ふと「山下達郎の『クリスマス・イブ』の間奏はいったいどの程度『パッフェルベルのカノン』と同じで、いったいどこがどう違うのか」という疑問が頭によぎり、巷で耳にするたびに注意して聞いていましたが、そう何度も聴く機会もなく、未解決に終わりました。来年の課題です。明日は最後の忘年会で、年末年始はさすがにフロイト全集の話題はお休みしてのんびりしようかと思っています。

2007年12月23日 (日)

フロイト全集18から『精神分析への抵抗』

 これは、精神分析への反対意見に対する反論としては今なお通用する内容で、非常に興味深く読める論文と思います。

 これをざっと読んで気になったのは、以下の二箇所が互いに矛盾するように思われたところです。

「・・・人間の文化は二つの支柱の上に乗っかっている。ひとつは自然の諸力の支配である。今ひとつは、われわれの欲動の制限である。縛られた奴隷たちは女王の玉座を支えている。そのように馴致されて支えている欲動成分のうちでも、狭い意味での性欲動の諸成分は、強さと粗暴さという点で抜きん出ている。それらが解放されるなど、考えるだにおぞましい。玉座はひっくり返され、女王は足蹴にされることだろう。社会はこのことを心得ており、それが話題となることを望まないのだ。
 とはいえ、なぜそれを語ってはいけないのか。それを論じれば、どんな害があるというのか。精神分析は、公益に反する欲動を解き放てなどとは、これまで一度として口にしたためしはない。逆にむしろ、その危険について警告し、欲動の陶冶を勧告してきた。」(岩波版p332-3)

「 ・・・精神分析は、欲動の厳しい抑圧を和らげ、その代わりにもっと誠実であることを提案する。ある種の欲動の蠢きを社会は過度に抑え込んでいるが、これらがもっと充足されるのを容認すべきである。また他の欲動については、抑圧を通して抑え込むという目的に相応しくない方法をやめ、より良い、もっと確実なやり方で置き換えるのがよい。」(岩波版p334)

 前者で「精神分析は、公益に反する欲動を解き放てなどとは、これまで一度として口にしたためしはない」と言い、「欲動の陶冶を勧告してきた」と言っているのに、後者では、もっと欲動に譲るべきだと述べているのが、どうにも相容れない気がするのです。そもそも「欲動の陶冶」が可能かどうか疑問ですし、フロイトが使いそうにない表現のように思われます。

 原文にも当たって考えてみたのですが、まず、訳文内の「公益に反する」は原文では「gemeinschaedlich」です。独和には「公安を害する」とありました。しかしこれは「gemein」が「共同の、共通の、公共の、一般的な」という意味、「schaedlich」が「有害な」という意味の合成語です。「公益」という訳語から私は社会保安的な、体制側の都合を感じてしまったのですが、ここはむしろ単に「公衆に害をおよぼす」といった意味なのでしょう。

 次に、「解き放て」ですが、原語では「Entfesselung」で、前段落の「縛られた奴隷たちgefesselte Sklaven」の「縛り」を解くことにあたりますから、前段落の比喩を引き継いでいると考えられ、この点は訳文でも明示すべきと思います。

 さらに、「その危険について警告し、欲動の陶冶を勧告してきた」の部分で、「その危険について」「欲動の」はいずれも訳者による補足です。よって、「欲動の陶冶」という表現はフロイトの原文になく、単に「Besserung改良」で、何を改良することなのかは書かれていません。上に挙げた二つ目の引用箇所中に、「より良い、もっと確実なやり方で」とありますが、ここに「より良いbesser」という語が用いられていることをヒントにしてよいならば、改良すべきなのは欲動ではなく、むしろ社会のやり方のほうだとかんがえられます。

 これらはいずれも微妙な変更ではありますが、一つ目の引用箇所の第二段落を以下のように変更してみたいと思います。

「とはいえ、なぜそれを語ってはいけないのか。それを論じれば、どんな害があるというのか。精神分析は、公衆に害をおよぼす欲動を縛りから解き放てなどとは、これまで一度として口にしたためしはない。逆にむしろ、警鐘を鳴らし、[方法の]改善を勧告してきた。」(代案)

 もうひとつ、二つ目の引用箇所で、「もっと充足されるのを容認すべき」欲動という箇所は、「もっと」というより、「もう幾分か」といった感じに思います。

 訳としてはあまり変わりませんが、このように考えてきて、私自身はだいぶ納得できるようになった気がしますが、いかがでしょうか。

フロイト全集 18 1922-24年 (18)

フロイト(著), 新宮一成(編さん)

出版社: 岩波書店 (2007/08)

2007年12月18日 (火)

フロイト全集18から『神経症および精神病における現実喪失』

 この論文では現実との関係が扱われているのですが、以下の箇所が引っかかりました。

「精神病の場合、現実に対してそれまで結ばれていた関係が心的に沈殿したもの、つまり、想い出-痕跡、表象、判断をもとにして、現実の改変が行われる。これら想い出-痕跡、表象、判断は現実から獲得されたものであり、またこれらが心の生活のなかで現実の代わりとなってきたのである。しかしこうした関係は完結したものではなく、新しい知覚によって絶えず豊かにされ、変化させられる。したがって、精神病にとっても、新しい現実に対応するかのような知覚を手に入れるという課題が立てられ、それはきわめて徹底した仕方で幻覚という道を通って達成される。」(岩波版p314)

 3つ目から4つ目の文のあたりの意味が取れず苦しみました。「知覚」と「新しい現実」の関係ってどうなんだろうと思ってしまいます。原文に当たってみると、3つ目の文は過去形です。これを参照して、以下のように直してみました。

「精神病の場合、現実に対してそれまで結ばれていた関係が心的に沈殿したもの、つまり、想い出-痕跡、表象、判断をもとにして、現実の改変が行われる。これら想い出-痕跡、表象、判断は現実から獲得されたものであり、またこれらが心の生活のなかで現実の代わりとなってきたのである。しかし現実に対してそれまで結ばれていた関係は完結したものではなかったし、新しい知覚によって絶えず豊かにされ、変化させられていた。したがって、精神病になってからも、新しい現実に対応するかのような知覚を手に入れるという課題が立てられ、それはきわめて徹底した仕方で幻覚という道を通って達成される。」(代案)

 最後の下線の箇所は、岩波版のままで正しいんですけど、少し変えてみました。

 こうしてみるとフロイトの論はきわめて明瞭ですし、 とくに慢性的に幻覚妄想を産出し続ける妄想型統合失調症者について、これ以上うまく説明できる論はないのではないでしょうか。

 世間では、やれ「患者は幻覚妄想に支配されて現実検討能力を失う」とか、逆に、「患者は現実検討能力を失っているため、非現実な幻覚や妄想を信じてしまう」などといわれたりしますが、患者が現実検討能力を失ってなどいないということは、同様の慢性患者同士が会話する際に、互いに相手の話を信じてしまうことなどほとんどないことからも明白だと思いますけどね。

フロイト全集 18 1922-24年 (18)

フロイト(著), 新宮一成(編さん)

出版社: 岩波書店 (2007/08)

2007年12月14日 (金)

フロイト全集18から『マゾヒズムの経済論的問題』(2)

 この論文は全般的にはすらすらと読めるすばらしい訳文なのですが、そのため従来読み流していた箇所につまずいたりします。以下の箇所、特に二つ目の文は、意味を考えてみると分かるようで分からないので、かなり苦労しました。

 「幼少年期の発達の経過をたどるなかで、[子供は]両親から次第に離れていき、超自我のもつ両親の人格としての意義も背後に退いていく。両親から残された像(イマーゴ)に、今度は、教師や権威のあるもの、自ら選んだ模範者、社会で認められた英雄などの影響が結びつき、抵抗力を身に着けた自我は、もはやこれらの人物を取り入れる必要はなくなる。」(岩波版p297)

 ここで、「・・・の影響が結びつき、抵抗力を身に着けた自我は」の箇所が、「・・・の影響が結びつくことで抵抗力を身に着けた自我は」という意味に読めてしまうので、私にはなかなか意味が取れませんでした。原文に当たってもなかなか理解できなかったのですが、しばらく考えた結果、ここは「結びつき、」のところでいったん切って考えるべきと気がつきました。

 「幼少年期の発達の経過をたどるなかで、[子供は]両親から次第に離れていき、超自我のもつ両親の人格としての意義も背後に退いていく。両親から残された像(イマーゴ)それぞれに、今度は、教師や権威のあるもの、自ら選んだ模範者、社会で認められた英雄などの影響が結びつくのだが、すでに抵抗力を身に着けた自我は、もはやこれらの人物を取り入れる必要はない。」(代案)

 上記のような、両親に続く理想の系列は、「自我理想」に相当するのでしょうが、それらとの関係について、ここでは「自我は・・・取り入れる必要は無い」とされています。それらは、内的に監視する審級になっていくわけですから、普通の意味で言えば精神の中に「取り入れられる」わけですが、それは「自我」のなかに取り入れられるわけではなく、自我を外から監視しつづけていく、ということなのでしょう。この関係については、『集団心理学と自我分析』8章に挙げられたシェーマが思い出されます。

 なお、上の引用箇所に登場する「Imagines」なる語が、「像(イマーゴ)」と正しく訳されているあたり、さすが人文書院版著作集とは違うな、と感じました。著作集では、訳者がこの語を「Imago」の複数形と認識していないケースが多々みられたからです。

フロイト全集 18 1922-24年 (18)

フロイト(著), 新宮一成(編さん)

出版社: 岩波書店 (2007/08)

2007年12月10日 (月)

フロイト全集18から『「不思議のメモ帳」についての覚え書き』

 この論文の岩波訳もとても良いので、やはり一気に読み通すことができました。

 この論文では、「不思議のメモ帳」という例を用いている点は新しいものの、ここに描かれている意識の作用様式は、『夢判断』の第7章に示された光学モデルで示されていることとさほど違いはないと感じます。もちろんそれは、私が大昔にこの論文を読んで得た知識に基づいて『夢判断』を読んでいるからかもしれませんが。

 ただし、無意識から、意識表面に向けて、備給が周期的に発送されては引き揚げられるという箇所(p322-3)は、私の頭の中に記憶されていませんでしたので、今回読んで実におもしろい考え方と感じました。

 この論文で気になったのは、「神経支配」と訳されている語、「Innervation」についてです。辞書では、「1【解】神経支配(末梢神経の分布)。2【生理】(神経を通じての)刺激伝達」と二つの訳語が載っていますが、ここでは、周期的に備給を発送し引き揚げる作用を指しているのですから、辞書の二番目の意味ではないでしょうか。ただし、「Innervation」という語に「刺激Reiz」という語は含まれていないので、例えば「神経伝達」という訳が適当と思います。まずは以下の箇所です。

 「その際、想定していたのは、備給が神経支配に沿って、周期的に瞬発的な推進力を受けて内部から、十分な浸透性をもつ知覚-意識系へと発送されては、また引き揚げられるということである。」(岩波版p322。下線は引用者)

 このうち「備給が神経支配に沿って」の箇所は、原文通りではなく、少し訳文がいじられています。しかし直訳で「備給の神経伝達が」とすれば意味は通ります。

 「その際、想定していたのは、備給の神経伝達が、周期的に瞬発的な推進力を受けて内部から、十分な浸透性をもつ知覚-意識系へと発送されては、また引き揚げられるということである。」(代案)

もう一箇所あります。

 「このようにして私は、不思議のメモ帳の場合には外部の力によって生ずる接触の中断が、ここでは神経支配の流れの非連続性として生起すると見たのであった。」(岩波版p322-3)

 解剖学を少しでも学んだ者にとって、「神経支配」という語は、末梢器官と神経とが繋がる静的構造という意味になります。なので、上記箇所の「神経支配の流れ」という表現そのものに違和感が感じられますし、「非連続性」の意味も、時間的な非連続性という意味には受け取りがたいと思います。ここが例えば「神経伝達の流れの非連続性」であれば意味が取りやすいと思うのです。

フロイト全集 18 1922-24年 (18)

フロイト(著), 新宮一成(編さん)

出版社: 岩波書店 (2007/08)

2007年12月 6日 (木)

フロイト全集18から『マゾヒズムの経済論的問題』

 この論文は、タイトルにある「経済論」なる言葉が、冒頭の一文にしか登場せず、しかもこの語についてなんの説明もなされないという、非常に不親切な論文です。内容的にも、すでに『快原理の彼岸』『自我とエス』を読んで(しかもある程度納得して)くれた読者じゃないとなかなか理解できないでしょう。タイトルにある「経済論的問題」とは、この論文では、興奮量の問題、すなわち快原理や涅槃原理に関わる問題、という意味のようです。なお、先行する二論文の岩波版から続けざまに読んだおかげで、私は今回この論文もこれまでになくすっきりと読むことができました。

 ところで、この論文の翻訳には非常に気になる箇所があります。同じ箇所は人文書院版の著作集でも同様に訳されていて、私としては誤訳であろうと思っていた部分で、しかもかなり印象的な箇所だったこともあり、今回岩波版を読む際にも注目していた箇所でした。今回そこが同じように訳されていて、しかも岩波版の訳者は独文を専門とされている方のようだし、私も自信が無くなってきましたので、原文も含めてここで検討したいと思います。

 「こうしてわれわれは、僅かではあるが興味深い一連の関係を手にした。すなわち、涅槃原理は死の欲動の傾向を表現し、快原理はリビードの要求とその変様を代表し、現実原理は外界の影響を代行する。」(岩波版p289) 

 "Wir erhalten so eine kleine, aber interessante Beziehungsreihe: das Nirwanaprinzip drueckt die Tendenz des Todestriebes aus, das Lustprinzip vertritt den Anspruch der Libido und dessen Modifikation, das Realitaetsprinzip, den Einfluss der Aussenwelt."

 以前教わったのですが、独語では、文法的に等価なものを並べる際にはコンマを間に挟むらしいです。その法則をここにあてはめれば、岩波版の訳文のように「den Anspruch der Libidoリビードの要求」と「dessen Modifikationその変様」とが等価なのではなく、コンマで繋がれている「dessen Modifikationその変様」と「das Realitaetsprinzip現実原理」とが文法的に等価だということになります。よってこの箇所の訳は、「快原理はリビードの要求を代表し、その変様である現実原理は外界の影響を代行する。」が正しいのではないかと思うのです。意味的にもこう解した方が明解だと思いますし。

 ちなみに、かつて私が上記の法則を教わったのは、以下の箇所を読んでいたときでした。

 「無意識の過程では現実検討が少しも通用せず、考えの上での現実が外の現実とおなじになり、充足を願う願望がすでに行われた実現とおなじに見られるのであって、古い快感原則の支配のままになっているのである。」(著作集6巻41頁)

 "...bei ihnen (=unbewussten Vorgaenge) die Realitaetspruefung nichts gilt, die Denkrealitaet gleichgesetzt wird der aeusseren Wirklichkeit, der Wunsch der Erfuellung, dem Ereignis, wie es sich aus der Herrschaft des alten Lustprinzips ohneweiteres ableitet."

 これは『精神現象の二原則に関する定式』の一節です。「der Wunsch der Erfuellung, dem Ereignis」のところで名詞が並んでいるだけの文になっているのは、前の節と同じ動詞が挿入されるべきところなので繰り返しを避けて省かれているからです。ここで「der Erfuellung」は直前の名詞にくっついているので、一見すると 二格のように見え、その場合翻訳は、「der Erfuellung」のあとに動詞を補って、「成就の願望は、出来事と同列視される」となります。著作集もこの解釈ですが、かなり言葉を補って意味が通るようにしてあります。しかし、ここで「der Erfuellung」と「dem Ereignis」はコンマで繋がれているので文法的に同資格であるはず、つまり「der Erfuellung」は「dem Ereignis」と同じく三格だと教えてもらったのです。よって翻訳は、「der Erfuellung」の前に動詞を補って、「願望は、成就すなわち出来事と同列視される」となります。

フロイト全集 18 1922-24年 (18)

フロイト(著), 新宮一成(編さん)

出版社: 岩波書店 (2007/08)

2007年12月 3日 (月)

フロイト全集18から『自我とエス』

 先週『快原理の彼岸』を読み、欲動や反復強迫について、脳や精神に局在するものではなく、単なる生体小胞にも存在するものと考えるべきであることを再確認しました。それらの作用は、小胞、細胞の集団、多細胞生物の個体、そして精神を構成する審級といった、さまざまな単位について仮定することができます。

 これをふまえて『自我とエス』を読みました。そのおかげで、特に第5章の、自我、エス、超自我という審級の間で攻撃性や罪責感が作用しあう事態の説明が、これまでになく良く理解できたと思います。翻訳が良いので、原書を参照せず一気に読み通したことも理解を助けたと思われます。

 ざっと読んで翻訳に気になった箇所は以下の箇所です。

「しかしそれならむしろ、なぜわれわれも、哲学者たちと歩調を合わせて、前意識ならびに無意識的なものを、意識されている心的なものときっぱり切り離そうとしないのだろうか。そうすれば哲学者たちも、前意識的なものと無意識的なものを、二種類ないし二段階の心もどきなるものとして記述したらどうか提案してくれ、それでなんとか折り合いもつくかもしれない。しかしながら、そうなると、叙述における困難な問題がとめどなく出てくることになり、これら二つの心もどきが、明々白々の心的なものと他のほとんど全ての点で一致している、というとてつもなく重要な事実が背後に押しやられて、かつての偏見、これら心もどきやその極めて重要な意義がまだ知られていなかった時代に発する偏見[心的なものは意識的なものだけだという偏見]が、優勢になってくるのは必定である。」(岩波版p7、下線は引用者)

 引用箇所で「これら心もどきやその極めて重要な意義がまだ知られていなかった時代」はおそらく誤訳で、「これら心もどきや、なかでも最も重要なもの[=無意識的なもの]がまだ知られていなかった時代」が正しいだろうと思います。

フロイト全集 18 1922-24年 (18)

フロイト(著), 新宮一成(編さん)

出版社: 岩波書店 (2007/08)

2007年12月 1日 (土)

フロイト全集17から『快原理の彼岸』(2)

 岩波版フロイト全集『快原理の彼岸』を読んで、改めて気づいたことの続きです。

 第5章あたりで、たとえばp98「自我欲動と性欲動の間に鋭い対立関係が設けられ、前者の欲動は死に向かって突き進み・・・」のように自我欲動は死に向かおうとするものとされ、特にp110では「自我欲動=死の欲動」とはっきり書かれていたりしています。

 この、自我が死に向かおうとするというという考え方について、これまでどうも釈然としないまま読んできました。

 しかし今回一気に読み通してみて考えたのですが、ここで自我欲動というときの「自我」とは、心理学的な意味での自我と言うより、単に「個体の」「私的な」といったニュアンスに近い意味なのではないでしょうか。一方、この論文での性欲動は、「他の個体を巻き込む」「種を維持する」ような欲動を指しており、個体が(性的)快楽を追求する活動という意味では(さしあたり)ないようです。そのように読むと、上のような箇所も、周囲の文脈とも相まって、決して奇矯な論ではないと再認識しました。

 そもそもフロイトは生体小胞にも自我欲動と性欲動を仮定しているわけで、「自我欲動は生命のない物質に生命が与えられたことに由来し、生命なき事態を再興しようとするものだ」などと述べています。この点からも、「自我欲動」というときの「自我」を普通に心理学的意味で受け取ってはならないことは明らかです。

 死の欲動は、反復強迫の存在から推論されてくる概念ですが、その反復強迫も、発生中の卵にも働いていると言うからには、やはり精神や脳に局在するものではないのでしょう。

フロイト全集〈17〉1919‐1922―不気味なもの、快原理の彼岸、集団心理学

須藤 訓任 (翻訳), 藤野 寛 (翻訳)

出版社: 岩波書店 (2006/11)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ