« フロイト全集18から『夢解釈の理論と実践についての見解』 | トップページ | フロイト全集18から『夢解釈の理論と実践についての見解』(3) »

2008年1月31日 (木)

フロイト全集18から『夢解釈の理論と実践についての見解』(2)

 岩波版全集の中では珍しく日本語の意味が取りづらい(=誤訳の存在が疑われる)箇所が多い、と前回書きましたが、今回はこの論文の問題点の続きです。

「患者の側に両価的な葛藤がある場合、その心中に生じる敵対的な思考は、情愛の蠢きの持続的克服、つまり葛藤の決着を意味しない。同様に、敵対的な内容の夢も、そうした意味を持たない。こうした両価的な葛藤があるあいだは、毎晩それぞれ異なる立場に与する二つの夢をみることも多い。そのようなときの治療の進展は、真っ向からむかいあっている蠢きを根本的に分離したうえで、そのおのおのの無意識を増強させて極端なところまで追求して、正体を究明することにある。」(岩波版180頁、下線は引用者)

 ひとつ目の下線部ですが、もとの訳の「心中に生じる」では無意識的な思考も含まれてしまいそうですけど、原文では「彼に浮かぶ」、つまり意識に浮かぶということです。

 さらに、ふたつ目の下線部、とくに「無意識を増強する」は意味がよく分かりません。原文では「mit Hilfe der unbewussten Verstaerkungen」ですが、この「Verstaerkungen」は辞書では「1(単数で)(verstaerkenすること、例えば)強化、補強」「2 増援部隊、援軍」とあります。ここは、複数形だからというだけではなく意味から言っても、後者の意味と取りたいです。といいますのは、訳文でこの下線部は、二種類の夢が登場した後の、治療の次の一手を説明しているように読めますけれど、そうではなく、二つの夢が形成されたという事態そのものの説明であるように思えるからです。時制が現在完了ですし、訳文の「治療の」という表現は原文にありません。

「患者の側に両価的な葛藤がある場合、彼[の意識]に浮かぶ敵対的な思考は、情愛の蠢きの持続的克服、つまり葛藤の決着を意味しない。同様に、敵対的な内容の夢も、そうした意味を持たない。こうした両価的な葛藤があるあいだは、毎晩それぞれ異なる立場に与する二つの夢をみることも多い。そのようなとき、以下の点で進展がある。すなわち、真っ向からむかいあっている蠢きの根本的な分離がすでに成功し、そのおのおのが、無意識的な助力を使ってその極端にまで追求され、理解されることができるという点である。」(代案)

 「無意識的な助力」とは、前意識的な潜在思考に加わって夢を形成させる力のことと思われます。

 この論文からはまだ何回か話題を拾えそうです。

フロイト全集 18 1922-24年 (18)

フロイト(著), 新宮一成(編さん)

出版社: 岩波書店 (2007/08)

« フロイト全集18から『夢解釈の理論と実践についての見解』 | トップページ | フロイト全集18から『夢解釈の理論と実践についての見解』(3) »

フロイト」カテゴリの記事

フロイト全集(岩波書店)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« フロイト全集18から『夢解釈の理論と実践についての見解』 | トップページ | フロイト全集18から『夢解釈の理論と実践についての見解』(3) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ