« フロイト全集17から『集団心理学と自我分析』(2) | トップページ | フロイト著作集2『夢判断』から『Non vixitの夢』(2) »

2008年10月25日 (土)

フロイト著作集2『夢判断』から『Non vixitの夢』

 たまたま最近読んだので、この夢を取り上げます。これはフロイト自身がみた夢で、フロイト著作集第2巻で345頁から348頁まで(新潮文庫の現行版では下巻188頁から195頁まで)にわたって紹介され検討された後、395頁から401頁まで(同じく新潮文庫下巻293頁から305頁まで)で再検討されています。以下は夢の全文です。(なお、夢のストーリーをさらっと読んでも理解しやすいように、それぞれの箇所がどの登場人物を指すか、管理人がかぎ括弧で補足した点がいくつかあります):

 《夜、[私=フロイトが]ブリュッケの実験室へ出かけていると、ドアを静かにノックする者があるので、開けると、フライシュル教授(故人になっている)だった。教授は四、五人の見知らぬひとたちと一緒に入ってきて、二言三言ものをいってから、自分[=教授]の机に座った》 これに第二の夢が続く、《友人のFl.が七月人目に立たないようにしてヴィーンにやってきた。私は路上で、彼がやはり私の友人の(故人となった)Pと話をしているところに出会って一緒にどこかに出かけて、小さな机をかこむようにして向い合せに坐り、私はその机の短い側の前の方に坐った。Fl.は自分の妹の話をして、「四十五分で死んだのだ」といい、それからさらに、「これは閾だね」というようなことをいった。Pがその言葉の意を解しかねたので、Fl.は私に向かって、「己[=Fl.]のことをどの程度君はP君に話してあるのだ」とたずねた。すると私は一種奇妙な感情に襲われ、Pは(何事も知っているわけはないさ、だって、彼は)もう死んでいるんだからとFl.にいおうとした。しかし私は自分の誤謬に気づきながらもNon vixit(生きていなかった)といってしまった。そのあとで私はPを鋭く見つめると、私が見ているうちに、Pは色あおざめ、朦朧となり、眼は病的に碧くなり -しまいにその姿は消えてなくなってしまった。そんなことになってしまったので私は無性にうれしくなり、エルンスト・フライシュルも亡霊にすぎず、幻にすぎないとわかって、「こういう人間はひとがその存在を欲しているあいだだけ生存するものであり、こういう人間を他人の願望がこの世から消し去ってしまうことも決して不可能ではない」と悟った》(著作集2巻345頁、下線は引用者)

 この夢の訳文のなかで、下線部分については、あとの考察との関係から直しておく必要がありそうです。『もう死んでいるんだから』は原文で言うと「gar nicht am Leben ist」、つまり「そもそも生きていないんだから」となります。一方でこれと間違えて口から出た『non vixit』ですが、『vixit』は辞書に載っていて、ラテン語で現在完了3人称単数形で「彼は生きた=今この世を去った」らしいです。私はラテン語についてはよく分かりませんが、この『Non vixit』は「彼は生き終えていない=彼は世を去っていない」、あるいは、「彼はそもそも生きたことがない」といった意味になってしまうのでしょうか。いずれにせよ、だからこそこれが『誤謬』とされているのでしょう。

 つぎに、『エルンスト・フライシェルも亡霊にすぎず、幻にすぎない』の箇所ですが、ここは本来過去形です。さらに、『幻』は原文では「Revenant」つまり直訳すると「帰って来た者」でして、「亡霊」のほか「久しぶりに会った人」も意味します。ですからここの訳は、『[一つ目の夢に出てきた]エルンスト・フライシェルも亡霊にすぎず、[あの世から]帰って来た者にすぎなかった』となります。そしてこの両義性は後の解釈で効いてきます。

 最後に『この世から消し去ってしまう』は、もともと『beseitigen』ですが、これはこの後の文脈のために『片付ける』としておきます。

 さて、夢の本文の翻訳についてはこれくらいにして、今回はこの夢についての考察のうち345頁から348頁での翻訳の問題について取り上げます。

 まず、この夢にでてくる『Non vixit』からフロイトが連想したのは、ヨーゼフ皇帝記念碑の碑文なのですが、その碑文が著作集346頁に引用されています。ここで、訳文では一行目の末尾「vixit」だけが傍点で強調されていますが、二行目の冒頭「non」も、本来原文では同じく強調されています。もともとは横書きですから、碑文の視覚像としては『non』の方が左に見えたことになり、『non vixit』という印象がそこから由来したということになります。

 そしてこの語と関連してフロイトが連想した、幼児期のフロイトと甥との関係について。

『それはまだ満二歳半にもならぬ私の言葉で、「あの子が僕をぶったから、僕はあの子をぶったんだ」というのである。この幼年期のやりとりこそnon vivitをnon vixitに転じしめた原因に違いない、なぜなら幼少期の終わり頃においては「打つ」schlagenという言葉は「靴墨を塗る[ぶんなぐる、手淫をする]」に通じる。夢の作業は、こういう関連を利用して少しもはばからない。』(著作集348頁)

 とりあえず訳しかえると次のようになります。

『それはまだ満二歳半にもならぬ私の言葉で、「あの子が僕をぶったから、僕はあの子をぶったんだ」というのである。この幼年期のやりとりこそnon vivitをnon vixitに転じしめた原因に違いない、なぜなら幼少期の終わり頃においては「打つ」schlagenことを「wichsen」と言う。夢の作業は、こういう関連を利用して少しもはばからない。』(代案)

 これはつまり『vixit』(ヴィクシット)と『wichsen』(ヴィクセン)との音のつながりを利用しているということのようです。じっさい、後者の三人称現在形は前者とほとんど同じ発音になるはずです。夢の作業はむしろこういう関連を利用するのです。

 そしてこの甥との関係から連想をさらに追求している次の箇所に先程の「Revenant」の両義性が関連してきます。 

『私は当時十四歳、シーザー役の甥は当時十五歳だった。この甥は当時英国から私たちの家にやって来ていた。-だからやはりひとりの幽霊である。なぜなら、この甥とともに再び浮き出てきたのは、私の子供の頃の遊び仲間であったから。満三歳になるまで私はこの甥といつも一緒に暮らしていた。』(著作集348頁、下線は引用者)

 ここの『幽霊』にも「Revenant」が用いられています。ここは、『亡霊=再び来た人』という両義性に着目しなければ、なぜ甥が亡霊扱いされるのか理解できないでしょう。もうひとつ、上で『子供の頃の』という箇所には、原文では「最幼児期の」「最初期の」といった表現が付け加えられていますが、これも訳文からは抜けています。

 最後にもう一箇所、問題点を紹介します。

『彼は(夢の結果に表現されている)ある悪い願望をいだいていたがゆえに私は彼を殺すのである。』(著作集347頁)

 『夢の結果に』では何のことかいまひとつよく分かりませんが、ここはむしろ『夢の終わりに』と訳すべきであり、つまり夢の本文の終わりの部分を指しています。ですから『ある悪い願望』とは、夢の中で『こういう人間はひとがその存在を欲しているあいだだけ生存するものであり、こういう人間を他人の願望がこの世から消し去ってしまうことも決して不可能ではない』という箇所に出てくる願望、つまり誰かを片づけようとする願望のことだと分かります。この願望については後の頁でより具体的に示され、再検討されることになります。

フロイト著作集 第2巻 (2) 

夢判断 下  新潮文庫 フ 7-2 

フロイト (著), Sigmund Freud (原著), 高橋 義孝 (翻訳)

« フロイト全集17から『集団心理学と自我分析』(2) | トップページ | フロイト著作集2『夢判断』から『Non vixitの夢』(2) »

フロイト」カテゴリの記事

フロイト単行本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロイト著作集2『夢判断』から『Non vixitの夢』:

« フロイト全集17から『集団心理学と自我分析』(2) | トップページ | フロイト著作集2『夢判断』から『Non vixitの夢』(2) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ