« フロイト著作集2『夢判断』から、1851年の請求書の夢(2) | トップページ | こころやさし ラララ科学の子 »

2008年11月29日 (土)

「病的体験」

 医療観察法では、対象患者の問題点について、裁判官ら非専門家にもわかりやすいよう共通評価項目という評価基準リストに点数をつけていくことになっています。

 そこには、例えば「破局妄想」「影響妄想」といった言葉が並んでいます。これらは、われわれ精神科医の普段の用語では「世界没落体験」「被影響体験」などと呼ばれているもののようです。すなわち、我々はそれらを普通、患者が受動的に体験する事態であり、精神疾患のせいで否応なく陥る状態であると考えています。ところが、医療観察法の共通評価項目では、患者の捉え方が間違っているだけであるから、認知療法により考え方を変えれば克服できるはずのものという考え方に誘導されているように思えるのです。

 これは私には統合失調症観に関わる重大な問題と思えます。患者は病的体験に支配されるのであり、そうした体験の強度や頻度が低ければ患者自身が注意を逸らしたり無視したりすることで対処することもできるでしょうが、重症化すると患者自身の認知療法的対処ではどうにもならなくなると考えますし、さらには、そうした事態を認めないならば統合失調症と妄想性障害の区別も、ひいては心神喪失という概念も、無効になるだろうと思います。ですからそうした共通評価項目が、精神科医、他職種、裁判官らのあいだに流通することにも危機感を覚えます。

 といったことを考えながら、『病的体験』なる用語の重要性を改めて感じ、これを辞典で探してみたのですが、この言葉は弘文堂や講談社の精神医学事典、今年配布された精神神経学会の用語集や、濱田の『精神症候学』といった辞書的書物には載っておらず、さらに精神科の教科書類の巻末索引でも探せません。病院にあった看護系の教科書の巻末索引にもこの言葉は載っておらず、臨床上非常に使用頻度の多いこの語が、重要語ではないのかそもそも精神医学の専門用語ではないのか、書物で意味を調べられないことに驚きました。

 病院にあった本で、唯一定義が載っていたのは、メジカルフレンド社『精神科看護用語辞典』で、次のように書かれています。

病的体験 pathological perceptions

幻覚や妄想など、精神病的現実によって生じ、患者が主観的に体験していること。患者は自己本位の立場を変えることができなくなる状態になる。したがって、患者は自己の精神病的変化を病的とは思えなくなる。

 私は普段、病的体験とは、幻聴、させられ体験や筒抜け体験、電波体験やテレパシー体験などを指すと考えているので、上の説明の「幻覚や妄想など」という部分を、はじめ「患者が主観的に体験していること」に掛かると思ったのですが、先入観を廃してこの文をじっくり考えてみると、「精神病的現実」に掛かるように思えます。つまりこの説明の筆者は病的体験を、精神病症状から二次的に生じる事態と考えているようです。

 しかし私はこれまで、患者はまず幻覚や筒抜け体験などを体験し、それらを説明するために妄想を構築すると考えてきたので、上の辞書的説明をみるとかえって混乱してしまいます。私が働いている精神科の文化圏が特殊なんでしょうか。

 ところでこの語の英訳がこの辞書の通りperceptionだとすると、普通の訳は『知覚』となるはずで、上に引用した語釈とはぴったりこない気がします。なのでこの辞書自体が今ひとつ信用ならならない気がするんですけれども、どこかにきちんとした説明がないものでしょうか。

精神科看護用語辞典 

日本精神科看護技術協会「精神科看護用語辞典」編集委員会

メヂカルフレンド社; 新訂版 (2000/01)

« フロイト著作集2『夢判断』から、1851年の請求書の夢(2) | トップページ | こころやさし ラララ科学の子 »

病的体験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「病的体験」:

« フロイト著作集2『夢判断』から、1851年の請求書の夢(2) | トップページ | こころやさし ラララ科学の子 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ