« こころやさし ラララ科学の子 | トップページ | 「思考伝播の存在を主治医がわかってくれない」 »

2008年12月31日 (水)

妄想の核となる体験

 今年一年、ありがとうございました。

 前々回、ある種の断片的体験を核として妄想が形成されるという機制について書きました。私はそうした体験を病的体験と呼んでいたのですが、この病的体験という言葉は、妄想の結果として生じるまとまった世界認識を指すこともあるようですので、必ずしもこの用語を用いることで私の精神病観を聞き手に伝えられるわけではなさそうです。

 では、そのような体験を、精神医学用語で明示的に呼ぶためにはどうしたらよいのかと考えてみました。すると、これはラカンが『精神病』のセミネールでクレランボーの概念「基礎的現象」「精神自動症」を用いて説明していた事態であったことを思いだし、これらの用語の辞書的意味を、精神医学用語辞典で探してみました。

 「基礎的現象」の方は、講談社の精神医学辞典にはありませんが、弘文堂のほうで探せました。しかしこの項目の筆者は、ラカンの訳者である小出浩之氏です。なので、この語がラカン派以外の一般の精神科医によってどのような意味で用いられているか知りたいという私の目的にはかえって不適当なのが残念です。とりあえず以下に引用します。

基礎的現象

 フランスの精神医学者クレランボーの概念で、「基礎的」とは「非観念因的」、つまり観念の流れの結果起こってくるのではない、という意味である。臨床的には、影響体験、幻聴、妄想知覚などを指し、精神自動症と重なるが、より広い概念であり、またそこから出発して多様な精神病症状が形成される理念的な概念である。(以下略)(小出浩之/弘文堂)

 一方で、精神自動症についての記述はいずれの辞書にもみつかります。

精神自動症

 (略)クレランボーの精神自動症の学説は、フランス精神症状論独特の詳細かつ入念な臨床的観察および病者の主観的体験の記述、ならびに大胆な器質論によって特徴づけられる。まず精神自動症の症状論について述べると、①意識や意志の統制を離れた精神現象ないし行動であること、②加えて病者がこれらを、きわめて異質なもの、自分の人格活動とはほど遠いものとして受け取ること、そのうえ外界に起因するものと感じることにある。(以下略)(荻野恒一・阿部隆明/弘文堂)

 フランスの精神医学者クレランボーが精神分裂病の症状、ことに幻覚や作為思考などの根底にあると考えた現象。
 これらの症状は自己の人格とは無関係で異質な現象を基礎として成立しており、最初は中世で無意味な原発的体験であるが、二次的に病者がそれに妄想的な加工を加えて意味のある幻聴その他になると考え、かつこの現象は大脳の器質的・局在的病変によって起こるとした。(以下略)(村上仁/講談社)

 こうしてみてみると、この概念は、妄想を持つ以前に否応なく到来する体験の存在を言い表すという私の目的のために適当なもののように思えます。ただ、この日本語の語感から語義が容易に類推できるわけではないのが残念で、日常のスタッフ同士の検討に持ち込みづらい気がします。しかも、いずれの辞書でも、現在ではそうした器質・局在的な考え方は廃れたと書かれていますし(私には、局在と結びつけずに純粋に精神病理学的に使う限り今でも有効と思えますが)。なんとかよい概念はないでしょうか。

 なお、上に引用した「精神自動症」の語釈のうち後者では、これが精神分裂病の症状論の文脈で考えられていると書かれていますが、私の理解では、フランスでは陽性症状はパラノイアの症状論で論じられるもののように思います。気になってきたので、来年はクレランボーの『精神自動症』でも読み返して確認することにします。

クレランボー精神自動症 クレランボー

クレランボー (著), 針間 博彦 

出版社: 星和書店

« こころやさし ラララ科学の子 | トップページ | 「思考伝播の存在を主治医がわかってくれない」 »

ラカン」カテゴリの記事

病的体験」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております.「基礎的現象」について及ばずならが書きました.何かのお役に立てばと思います.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妄想の核となる体験:

« こころやさし ラララ科学の子 | トップページ | 「思考伝播の存在を主治医がわかってくれない」 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ