« 妄想の核となる体験 | トップページ | 定年退職に際して蔵書を病院に寄付すること »

2009年1月29日 (木)

「思考伝播の存在を主治医がわかってくれない」

 最近余裕がなくて更新が滞っているので、とりあえず回診時のエピソードを紹介しましょう。

 ある統合失調症患者が、自分には思考伝播があって辛いのに主治医も看護師もわかってくれない、と訴えていました。

 この思考伝播というのは、英語ではbroadcasting of thoughtといいますが、自分の思考が「皆に知られてしまう」という体験のことで、「先生、私の考えは言わなくてもわかっているでしょう」と述べたりするとされています。統合失調症の特徴的な症状として、ブロイラーもシュナイダーも、「皆に知られてしまう」という体験、「先生もわかっているしょう?」という訴えについて述べています。

 このような定義に従えば、この患者には実は思考伝播はないと思われます。主治医にわかってもらえないということはあり得ないからです。

 ところで、「思考伝播」は、文献においてすら「思考察知」(誰かが自分の考えを読みとっているという体験)としばしば混同されているように思います。この患者は、以前このブログで紹介した病識についてのエピソードと同じ患者であって、統合失調症についての書物をよく読んでいるのですが、この患者が持っている書物でも混同されているのかもしれません。

 さて、一般に患者が心の中で幻聴と話し合うという体験をしている場合に、患者に対して「幻声の主はあなたの考えを知っていますか」と質問すれば、患者からの答えは普通イエスとなりますが、これをもって患者に思考伝播があるとしている文献も見受けられます。「対話性幻聴」という用語も、本来は「複数の声が(患者自身について)話し合っている」という体験のことですが、上記のように患者と幻聴との間で会話しているだけで「対話性幻聴」とされることもあります。「思考伝播」も「対話性幻聴」も古くから統合失調症に特異的な症状とされているので、用語法を間違えば、このような幻聴の例が簡単に統合失調症とされてしまいます。まあ、そのような軽症例がどんどん統合失調症と診断されるようになっていくと、「最近は統合失調症も治るようになった」「社会復帰も容易になった」などと主張できて、製薬会社その他いろんな人々が得をするんでしょうけども、われわれの共通言語を形成する症候学は大事にしていかなければならないと思います。

« 妄想の核となる体験 | トップページ | 定年退職に際して蔵書を病院に寄付すること »

病的体験」カテゴリの記事

コメント

私は特定の、例えば授業中とか、に思考伝播がおこります。

あれは、確実ですよ。呼吸も、手足も動かすだけでバレるから大変です。

どうすればいいのかなあ

この記事で言いたかったのは、「思考伝播」という精神医学用語は、「思考が伝播する」と感じられる体験うちごく一部を指すだけだと言いたかったので、あんりさんの体験がそれに該当するかどうか分かりませんが、該当するにせよしないにせよ薬を飲むと気にならなくなることが多いですから、医師に相談をお勧めします。一軒目が合わなかったらいくつか訪ねてみてもいいでしょう。

思考伝播についてですが、テレパシー通信を悪用してあなたの考えが周りに言いふらされているのではないかと考えています。
テレパシー通信とは海外では現在盛んに研究をされているような内容ですが、日本ではあまり知られていません。防衛省などでも、テレパシー通信の研究はされています。BMI(ブレインマシンインターフェース)という名前で研究をされています。
ちなみに、電波を搬送波に乗せ音声を送ることが出来る現象をマイクロ波聴覚効果(フレイ効果)といいますが、WHOは認めているにも関わらず日本では認められていません。
そして、人の脳波を読み取ることも可能だと思います。
remote neural monitoringなども調べてみて下さい。DARPAという機関が研究をしていますが、戦場の兵士に情報を伝える為の研究をしています。既に完成している技術だと思います。
日本でも同様の技術を持っていると思いますが、恐らく軍事機密の為に情報が流れていないだけだと思います。
精神科医は軍事技術について全く分かっておらず、厚労省の指針に基づき診断をしているのにすぎません。
ちなみにBMIについては防衛省以外にも、総務省、厚労省、文科省なども研究をしています。
つまり、厚労省も知っているにも関わらず、国民の真実を伝えていないということに繋がると思います。

統合失調症と診断された場合、このような話をすると妄想であると判断されます。国家機密として研究をしたい場合、真実を隠し、被害者を精神疾患扱いにしてしまった方が都合がいいわけです。
どんなに主張を訴えようが、妄想が酷く脳の病気である為に治療を施した方がいいと言う風な流れになっているものと思います。

もし、このような問題を根本的に解決したいと思うのなら、私が言っているような内容について調べてみて下さい。インターネットでは色々な情報をありますが、有益な情報も数多く存在しています。
電磁波犯罪、テクノロジー犯罪なども調べてみると良いと思います。
それと、英語が読めるのなら海外のニュースでテレパシー関連の内容や、remote neural monitoringなどについても調べてみると良いと思います。
精神科医の言い成りになっていると、あなたの貴重な人生が全て破壊されると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501754/43889138

この記事へのトラックバック一覧です: 「思考伝播の存在を主治医がわかってくれない」:

« 妄想の核となる体験 | トップページ | 定年退職に際して蔵書を病院に寄付すること »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ