« フロイト全集17から『集団心理学と自我分析』(4) | トップページ | フロイト全集4の『夢解釈Ⅰ』 »

2009年3月16日 (月)

昨夜の夢

 昨夜、珍しく場面転換のある長い夢をみたので、忘れないように書き留めておきます。現時点ではほとんど解釈できませんが。

 舞台はおそらくアフリカで、戦争が終わったばかりです。3人の女性が登場します。;痩せた、薄っぺらい胸をして、上半身裸かそれに近い格好です。うち一人は他の二人よりも肌の色が薄いので、同じ民族に属するかどうか疑われ、兵隊に銃口を向けられます。しかし、他の二人の後ろを歩きながら同じ民族の者であることを必死にアピールすることによって、撃たれずに済みます。

 場面が変わります。終戦後、国を二分割して、中国と日本がそれぞれを援助することになります。国民を集めた集会の場で、壇上に太った中国の役人が全身赤い服を着て立っていて、演説します。曰く、これからもこの国と中国とは、困難や苦しみはあろうとも、産みの苦しみとして堪えながら、友好と発展のために協力していこうではないか、といった内容です。その演説とともに映像が流されています。それはなぜか馬の交尾の映像です。雌馬は苦しそうな鳴き声を上げています。私はその映像に驚きながら、演説を、こんな甘い言葉にだまされてはいけない、と思いながら聞いています。そのあと日本の役人がスーツ姿で登場し、真面目で実務的な演説を行ったらしいです。私はそれを聞いてはいないのですが、こうした地味な演説が現地の人々に好印象を与えることができればよいのだが・・・といった心配をしながら観ています。

以上で終わりです。

 最初の場面で、銃を向けられることがすでに性的な意味があることは明瞭です。しかし全体的に、夢の各部分についての連想がなかなか出てこず、前日のどういった出来事から材料が採られているのかいまのところよくわかりません。前日アフリカについて考えたことと言えば、間寛平のテレビを観て、太古の昔、太平洋の真ん中のハワイにどこかから住民が漂着したのだとすればそれは大変な行程であったことだろう、といったことを考えたのち、人類遺伝学上、現生人類の祖先とされる一女性がかつてアフリカにいたとされていることをちょっと思い出したことぐらいです。

 中国については、数日前にダライ・ラマが英語でなにやら話しているニュースを観た覚えがありますが、内容については忘れました。衣服の色はダライ・ラマが着ている服に似ていますが、上着とズボンですし、中国人の風貌は、太っていて唇も厚く、黒烏龍茶のコマーシャルに出てきそうな人物です。

« フロイト全集17から『集団心理学と自我分析』(4) | トップページ | フロイト全集4の『夢解釈Ⅰ』 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

アフリカの夢ですか~。その夢の場合、黒人の女性が好きってことにはならないんですか??(笑)夢判断は難しいですねー。ところで、フロイトの時代の西洋文化圏で「明晰夢」って、知られていたんでしょうか?多分、そのころ既に東洋人は知っていた気がするのですがフロイトは知らなかったんでしょうか

 コメントありがとうございます。
 アフリカ人っていう設定ですが、UAみたいな感じでした。10年ぐらい前のCDジャケットに載ってた写真に似ていました。
 この前々日に、精神病理学研究グループの若い精神科女医が、酔って周囲の精神科医を相手に、生物学的精神医学を大事にすべきだと言って絡んでいたら、周囲のおじさんたちが感情的になって反論していたという出来事がありました。私は精神病理学の大半(とくに現象学的な精神病理学)はゴミだと思っているので、その女医が言っていることもそれなりに正しいと思いましたが、めんどくさいので黙っていました。その集まりの中に小太りの中年男性医師がいてやたら雄弁に語っていたので、その人が、夢に出てきた中国人のモデルなのかもしれません。
 しかし、美辞麗句でだますというのは、むしろ私が常日頃生物学者(いかにも有望な研究をしているかのようなことを言って研究費をぶんどっていく)に対して感じていることです。ですから、この夢にでてきた中国人は、精神病理学者と生物学者との両方の短所を併せ持っているといえます。
 私が普段どちらの立場に対しても一定の留保を置いているということがここらへんの夢の事情に現れているのかもしれません。
 唐突に出てきた馬の交尾ですが、これは生物学的現象そのものであり、かつハンス症例などにも登場する精神分析的表象でもあるという理由で登場した映像なのかもしれません。
 そういえば、夢に出てきた民族間の戦争も、生物学的でもあり人文的問題でもあるという、共通のテーマを巡っています。

 ところで明晰夢についてですが、フロイトの「夢判断」にも、夢見者が、夢の内容について批判的に考察しながらも夢が続いていく、という現象を取り上げていますけれど、これに含まれる現象と考えても良いのではないかと考えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜の夢:

« フロイト全集17から『集団心理学と自我分析』(4) | トップページ | フロイト全集4の『夢解釈Ⅰ』 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ