« 言外の意味 | トップページ | フロイト全集4の『夢解釈Ⅰ』(4) »

2009年6月 3日 (水)

心神喪失・責任能力

 こないだ出席した講義で、統合失調症患者の責任能力について話題になっていたんですが、そのさい、どうもその参加者の中では重鎮らしい先生が、統合失調症で妄想に支配された状態での他害行為を罪に問うべきではないと言うための例として、てんかん患者が発作中の突発的な動きで近くにいた人を突き飛ばして殺してしまう場合を挙げ、両者は同じようなものだと言っていました。これはいろんなところで用いられる例え話ですが、私にはどうしても合点がいきません。てんかん発作中の患者と統合失調症患者はまったく別の状態であって、池田小学校事件や幼女連続誘拐殺人の犯人たちと統合失調症患者がまったく違うのと同様に(いやむしろそれ以上に)似ても似つかぬ状態と思うからです。

 心神喪失とは、事物の是非善悪を弁別する能力またはその弁別に従って行動する能力が完全に失われた状態、心神耗弱とはそうした能力が完全に失われたとはいえないが著しく障害された状態、という定義の表現を素直に読んでみれば、私には統合失調症で心身喪失に至ることはほぼありえないと思えます。世間の相場では結構な割合で心神喪失とされてしまいますし、こないだの講義の参加者たちもまた世間の相場を構成しているわけですけれども。

« 言外の意味 | トップページ | フロイト全集4の『夢解釈Ⅰ』(4) »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

精神鑑定&医療観察法」カテゴリの記事

コメント

精神疾患と判断能力について、全く同感です。
基本からの乖離の背後には、権力というか政治的な動きがあるような気がします、あくまで個人的な感想ですが。

小泉改革以来、メデイアを通じた大衆迎合、人気取り、もしくは都合のよい世論誘導せねば政治家、高級官僚、司法家も生きづらいからではないでしょうか。魔女狩りの標的にされないための知恵ですね。
その権力装置の末端にしわ寄せの来る医師が鎮座する図式、全く迷惑なことです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心神喪失・責任能力:

« 言外の意味 | トップページ | フロイト全集4の『夢解釈Ⅰ』(4) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ