« 「外傷後ストレス障害」であって「ストレス後外傷障害」ではない | トップページ | ヤスパース(2) »

2009年8月12日 (水)

地震から

 精神科入院患者の一人が早朝の地震で目を覚まし、病棟のテレビで情報を得ようとしたところ、看護師に「まだテレビをつけて良い時刻になってない」と止められ、テレビを見られなかったそうです。

 精神科の患者は社会への関心が失われがちななか、健全な関心を育むためにも、今日に限ってはテレビを見せるのが正しい対応ではなかったかと思った次第です。

« 「外傷後ストレス障害」であって「ストレス後外傷障害」ではない | トップページ | ヤスパース(2) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震から:

« 「外傷後ストレス障害」であって「ストレス後外傷障害」ではない | トップページ | ヤスパース(2) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ