« 漱石『こころ』の先生の被害妄想について | トップページ | フロイト全集12の『小箱選びのモティーフ』 »

2009年10月17日 (土)

ヤスパース(3):ヤスパース訳の「でき」

 ヤスパースの『精神病理学原論』(みすず書房)を、運転中の信号待ちの間に少しずつ読んできて、だいぶ読み進んできました。訳文がよくわからないところは、病院にある岩波の『精神病理学総論』(←同じ本を大幅に増補改訂した第5版の訳です)とその原書から対応箇所を探して理解に努めています(いずれはみすず書房『原論』の原書である第1版を手に入れたいと思ってはおりますが)。

 この本には、『でき』という訳語がけっこう出てきます。

「 本当の性格、すなわち欲動と感情のできの体系の質の異常な変異は、人格の性質にとっては構造の変異よりもずっと深い関係がある。異常な構造という点でみるとわれわれに性質の似た性格であるが、質の点でみるとできのちがう人々の間には感情と欲動のできに非常に隔絶した違いのあることがわかる。ある欲動のでき、たとえば性欲倒錯のある時に、全人格はその質が全然別であるとは限らない。けれどもある場合には異常な性的なできがあると、人格が妙に冷たく非性的で、時にはひどく敏感で感情が繊細であるが世界全体を別の照明の下に見ているような同性愛者となり、この場合その性質のできに隔絶した変異がはじまっている」(p299)

 この段落は、一文目は岩波版『総論』で中巻の208頁に、残りの文は下巻の113頁に、分割されてそれぞれ別の文脈に収められています。対応する箇所を原書で調べると、『でき』と訳されているのは、『Anlage』のようです。これは普通は『素質』と訳される語で、みすずの『精神病理学原論』でも、292-3頁では『素質』と訳されています。それがなぜ直後のこの箇所でこんなわかりにくい訳語になっているのか理解に苦しみます。

 上記の段落はけっこうわかりにくいので、下のように(もとの文を生かして)改訳してみます。

「 本来の性格の、すなわち欲動と感情素質との体系の質の、異常な変種(ヴァリエーション)は、人格の本性に対して、気質や意志の構造の変種よりもずっと深い関係にある。ここには、素質の違う人々の間に、他のどんな領域よりも究極的な隔絶が生じる。たとえば性欲倒錯的な欲動の方向性があっても、人格全体にも別の特徴がもたらされるとは限らない。けれども異常な性的な素質、つまり人格が妙に冷たく無性的であるとか、時にはひどく敏感で感情が繊細であるが世界全体を別の照明の下に見ているような同性愛者といった者には、その本性の素質形成には深達的な変動(ヴァリエーション)がはじまっている」

 病識に関する章などは岩波『総論』よりみすず『原論』の訳が良いのですが、ここらへんは全くだめなのが惜しいところで、信号を待ちながら頭が混乱してしまいます。

精神病理学原論 
カール ヤスパース (著), Karl Jaspers (原著), 西丸 四方 (翻訳) 
みすず書房; 限定復刻版 (1971/01)

« 漱石『こころ』の先生の被害妄想について | トップページ | フロイト全集12の『小箱選びのモティーフ』 »

精神病理学」カテゴリの記事

ヤスパース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤスパース(3):ヤスパース訳の「でき」:

« 漱石『こころ』の先生の被害妄想について | トップページ | フロイト全集12の『小箱選びのモティーフ』 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ