« センター試験で | トップページ | フロイト全集11から『レオナルド・ダ・ヴィンチの幼年期の想い出』 »

2010年1月20日 (水)

フロイト全集11から『精神分析的観点から見た心因性視覚障害』

 現在刊行中の岩波版フロイト全集では従来とかなり異なる訳語を採用していたりするので、論文のタイトルの訳からして従来の人文書院版と同じであることは少ないのですが、この論文は珍しく結構長いタイトルなのに従来通りとなっています。

 さて、私はいつも訳文を読んでいて疑問点があると原書に当たってみるのですが、この論文に関しては、原書を見て確認しても、そのとおり訳す以外無いと納得できる箇所ばかりであったのですけれど、ただ一箇所だけ不満を持ちましたのでここで取り上げたいと思います。

 問題の箇所を下に引用しますが、その前に、論旨の前提となる部分も挙げておきます。論文の冒頭の段落で、シャルコー、ジャネ、ビネなどフランス学派の考え方が紹介されている部分です。

「自発的なヒステリー性視覚障害の機制を、催眠中の暗示による視覚障害を手本にして考えてみてよいわけです。ヒステリー患者の場合、自分の目が見えないという表象は、催眠者に吹き込まれることによって生じるのではなく、よく言うように自発的に、自己暗示によって生じます」(岩波版全集223頁)

「(・・・)ヒステリー性の盲目状態にある人は、意識にとってだけ盲目であり、無意識においては見えているのです。まさにこの種の経験が、我々に意識的な心の過程と無意識的な心の過程とを区別することを迫るのです。無意識においては見えているのに、自分は盲目だという無意識の「自己暗示」をきたすのはどうしてなのでしょうか。
 この新たな疑問に対する答えとして、フランスの研究者たちが提起する説明はこうです。いわく、ヒステリーの素因をもった患者には元から解離 ―心的な生起における連関の融解― への傾向が備わり、そのせいで多くの無意識的過程は意識にまで届かないのだ・・・。今、私たちが論じている現象を理解する上で、この説明の試みが持つ価値についてはひとまず完全に度外視し、もう一つ別の観点に目を向けてみましょう。どうです、皆さん、ヒステリー性の盲目と暗示が引き起こす盲目とは同一だという見地が当初、強調されましたが、ご覧のとおり、これはまた放棄されているのです。ヒステリー性の人たちが盲目であるのは、自分は目が見えないという自己暗示的な表象のせいではなく、視覚行為の中で無意識的過程と意識的過程とが解離した結果なのです。自分は目が見えないという彼らの表象は、その心的な事態の正当な表現であって、その原因ではないのです。」(岩波版全集224-5頁、下線は引用者)

 疑問点と申しますのは、下線部には『もう一つ別の観点に目を向けてみましょう』とあるので、我々読者は、そこから先では別の観点から述べられることになるのだろうと予想して読み進めることになります。ところが、直後に『どうです、皆さん』『ご覧のとおり』のように、すでに述べられた内容を受けて述べているような表現が続くものですから、文脈を追うことが難しいのです。

 そこで内容をみてみます。論文冒頭からずっと論じられてきたのは、催眠中の暗示であれヒステリーの自己暗示であれ、無意識的に作用する暗示という現象です。次に、心因性視覚障害では無意識的には見えているという事実に言及されます。そして下線を含む段落では、無意識と意識との間には解離があるという考え方に言及されます。この解離という説明は、暗示現象に適用しうるだけでなく、意識化されない視覚内容が存在するという事実にも適用しうることになります。後者の考え方、つまり視覚内容が解離して無意識にとどまるという考え方を採用すれば、ヒステリー性の盲目について、もはや自己暗示の存在を仮定する必要はなくなります。これこそ引用した部分の論旨であり、つまり『もう一つ別の観点』とは、「解離のせいで視覚内容が無意識にとどまる」という考え方のことだと思われます。

 この点が伝わりやすいように、私なりに改訳してみます。

 この新たな疑問に対する答えとして、フランスの研究者たちが提起する説明はこうです。いわく、ヒステリーの素因をもった患者には元から解離 ―心的な生起における連関の融解― への傾向が備わり、そのせいで多くの無意識的過程は意識にまで届かないのだ・・・。今、私たちが論じている現象を理解する上で、この説明の試みが持つ価値についてはひとまず完全に度外視し、もう一つ別の観点に目を向けてみましょう。皆さん、ヒステリー性の盲目と暗示が引き起こす盲目とは同一だという見地が当初、強調されましたが、[新たな観点では]これはまた放棄されることがおわかりいただけるでしょう。[つまり]ヒステリー性の人たちが盲目であるのは、自分は目が見えないという自己暗示的な表象[の解離]のせいではなく、視覚行為の中で無意識的過程と意識的過程とが解離した結果なのです。自分は目が見えないという彼らの表象は、その心的な事態の正当な表現であって、その原因ではないのです。」(代案、下線は主な変更点。[ ]内は補足)

フロイト全集〈11〉1910‐11年―ダ・ヴィンチの想い出 症例「シュレーバー」

高田 珠樹 (翻訳), 甲田 純生 (翻訳), 新宮 一成 (翻訳), 渡辺 哲夫 (翻訳)

出版社: 岩波書店 (2009/12)

« センター試験で | トップページ | フロイト全集11から『レオナルド・ダ・ヴィンチの幼年期の想い出』 »

フロイト」カテゴリの記事

フロイト全集(岩波書店)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« センター試験で | トップページ | フロイト全集11から『レオナルド・ダ・ヴィンチの幼年期の想い出』 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ