« フロイト全集19から『制止、症状、不安』第1章 | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第2章 »

2010年7月17日 (土)

テレンバッハの「メランコリー親和型性格」について

 うつ病になりやすい人の病前性格として、勤勉、几帳面、真面目で、他者配慮が行き届き、円満な人間関係を指向するという、「メランコリー親和型性格」が多いという論が一時期国内で広く受け入れられていました。当時、この性格は、社会人としても主婦としても非常に好ましいと周囲から高く評価される人物にみられる特徴とされ、うつ病に関する啓蒙書などでも特に強調して紹介されて、うつ病患者への偏見を取り払って精神科受診のしきいを下げるためにも大きな役割を演じました。じっさい、精神科を受診するうつ病患者にはかつてはこういう性格の人が多かったらしいのですが、平成の時代にはすでにこういう性格の患者はめっきり減っていたようで、私などはほとんど診たことがありません。

 かつての精神科医は、こういう性格ではない人のうつ状態を「抑うつ神経症」など別の名称で呼ぼうとする傾向がありましたから、当時「うつ病」と診断をつけられた人たちの中にこの種の性格の人が多くなるのは当然ですし、そもそも高度経済成長期までは一般人口のなかにもこの種の性格の人が今より多かったようです。ですので、当時、うつ病と診断された人に多くみられる性格であったのはある意味当然です。でも「こういう性格の人がうつ病になりやすい」とまでいわれたのは言い過ぎであったろうと思われます。

 さて、このメランコリー親和型性格という類型を名づけ提唱したのは、ドイツの精神科医テレンバッハですが、その著書『メランコリー』(みすず書房)を読むと、確かに上に書いたような性格が記載され、社会的に好ましいものと書かれているのですが、臨床例として紹介されている患者群の日常生活の描写を読むと病前からかなり変な人が多く、よく言えば几帳面だけど細かいことにこだわりすぎて周囲に煙たがられており、そのくせ几帳面さの他には誉めどころのない人たち、帳簿を付けたりする仕事には重宝されるが決してバランスの取れた社会人にはなり得ないような人たちばかりだということを、私は以前から疑問に思っていました。

 病院に原書があったので最近邦訳と比べながら読んでいるのですが、このギャップの原因が少し分かってきたような気がします。この本の翻訳は、訳語の統一性に対して比較的無頓着で、「几帳面」とか「負い目」などといったこの本のキーワード的な概念さえ、特定の原語と1対1で対応しているわけではありません。これについてはまあそういう方針もあり得るかなとは思うのですが、問題は、メランコリー患者の病前の性格を形容する際には、常に好ましいニュアンスへ好ましいニュアンスへと邦訳されており、普通人の枠内から決して出ないような人柄として描かれているからです。その好例は、この性格について形容する際に時々用いられている「penibel」という語にみることができます。この語の辞書的な意味は次のようです。

penibel(形) 1(peinlich genau)(過度に)きちょうめんな、綿密な:in seiner Arbeit 〈mit seiner Kleidung〉 ~ sein(いやになるほど)仕事〈服装〉がきちんとしている 2《方》やっかいな、具合の悪い、困った」(小学館独和大辞典)

penibel [lat. -fr.] a. ①(unangenehm, muehsam)不快な、やっかいな、めんどうな、煩わしい; penible Lage, 苦境。②(peinlich)ひどく綿密(きちょうめん)な; sie ist ungemein ~, 彼女は恐ろしくきちょうめんだ。」(博友社版大独和辞典)

penibel a ①具合の悪い、困る、恥ずかしい(jm ある人にとって)。②きちょうめんすぎる、口やかましい。→peinlich; peinlich genau.」(新現代独和辞典・三修社)

すなわちこれらの辞書の記載を読む限り、この語は、過剰に几帳面な状態に対してのややネガティブな評価を示すために用いられるように見受けられます。テレンバッハの『メランコリー』では、メランコリー患者の病前のあり方を表現するためにこの語が何度も使われていて、病前から過剰なところを持った人であったことを示唆しているのですが、邦訳を読むと、この語は単に「几帳面」とか「綿密」と訳されているだけであって、負のニュアンスを全く伝えていないのです。これ以外の語も然りで、間違いとまではいえないですが、常に少しずつ好ましい表現が選ばれる傾向があります。

 他方、原著者がこの性格のポジティブな側面について述べている箇所の邦訳では、常にその好ましさを一段と強調した表現が選ばれています。メランコリー型性格の特徴を「正の標識」と言われている箇所が、「正の好ましい標識」と訳される、といった具合です。(原書で用いられた「正の標識」という表現は、「平均人と比べ、何らかの能力が欠損しているのではなくて、何らかの特徴が付け加わった状態」というだけの意味のように思えます)

 だいたい、「メランコリー親和型性格」という表現からして、もとのドイツ語に脚色が加わっています。原語を直訳すれば単に「メランコリー型(性格)」でして、実際、テレンバッハが紹介している症例の中には、普段のあり方もメランコリーに片足を突っ込んでいる人が、かなり含まれるように思われます。

 この性格の人はドイツではさほど好意的には評価されないらしく、その理由は両国の文化的な違いにあるのではないかと論じている我が国の大家もおられますが、上のような点に気づいてみると、文化的問題などではなく単に翻訳の問題のように思えてきます。つまり高度成長期の日本のうつ病患者に多かった好ましい性格は、テレンバッハのいうメランコリー型性格と(ある程度の重なりはあるでしょうが)同じものではなかったのだろうということです。まあ、こういう題材を捉えて文化論に触れてみたりすることも、我が国の精神医学のセレブリティたち(になる)には必要なことではあったんでしょうけれども。

H. テレンバッハ(著), 木村 敏 (翻訳)

出版社: みすず書房; 改訂増補版 (1985/12/5)

 いまちょうどこの本は限定復刊中ですが、復刊期間が終わるとアマゾンなどでの古書の値段は定価よりもかなり高く跳ね上がりますので、未入手の方はこの機会に是非購入を検討ください。定価もかなり高いですけど。

« フロイト全集19から『制止、症状、不安』第1章 | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第2章 »

精神病理学」カテゴリの記事

メランコリー」カテゴリの記事

テレンバッハ」カテゴリの記事

病前性格」カテゴリの記事

コメント

興味深く読ませていただいております。
鬱のお話で、ふと大昔にTVで
見た光景を思い出しました。

北杜夫先生がご母堂と一緒に
インタビューを受けていらっしゃったのですが
なぜか一言も発言されず、やっとのことで
「今、鬱状態なのです...。
すみません..。躁鬱の鬱です。ダメなんです..。本当にダメなんです。」こんな
内容の事を言われました。

あの時のご本人の本当に辛そうな様子
TVとはいえ、鬱状態の人を初めて目にした事
対照的に質問にハキハキ答えておられた
ご母堂のお元気さ(横の北先生との落差)
などなど大変驚かされました。


コメント有難うございます。
精神医学は、誰がみても一目瞭然に病気であるような人々について、どこがどう病気なのか理論的に理解しようとして発展してきたと思っております。なので、ニライムスキーさんがテレビ番組とはいえそのような姿を見る機会があったのは貴重な経験ですよね。テレビを見ていると、ちょっと風変わりな芸能人を見る機会は多いんですけど、なかなか本格的な鬱状態の人を見る機会はありませんからね。

お忙しいところご返事をいただき、大変恐縮しております。
高校生の時、心理学を学んで人の心の中を読める?人になりたいと言っていた友人がいたのですが、その当時の私は人の心の様に目に見えない物?を学ぶことができるのかしらん。人の心など千差万別、そんな雲を掴むような事できるのかしらと思いました。
その後TVで(いつもTVからの情報でお恥ずかしいですが)人の頭の上に物が落ちてきたら皆どのような行動を取るかという実験番組をやっていて、結論として人は皆一様に同じ行動を取る傾向があるということでした。どうも、本能としての反応らしいです。その時ふと、同じ行動を取る傾向があると言う事は、もしかしたら心の場合も個性とか感じ方の違いとかあるにしても基本的な部分で同類として括れたり分類もできるのかもしれない。などと素人ながら思うようになりました。
思うようにはなりましたが、思うだけで何も出来ない自分ら見れば、人の心を実際に研究し学問として確立し、実際に心の病の治療にまで至っている事など考えると最初に道筋をつけた方々の偉業に、ただただ恐れ入るばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレンバッハの「メランコリー親和型性格」について:

« フロイト全集19から『制止、症状、不安』第1章 | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第2章 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ