« フロイト全集19から『制止、症状、不安』第2章 | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第3章 »

2010年8月21日 (土)

芥川賞の『乙女の密告』

 私は先ごろ、今年の芥川賞受賞作が、『アンネの日記』のドイツ語原文と格闘する女子大生がある種の謎解きに至るというストーリーの、いわば語学ものであることを新聞で知り、自分も日々自分の理解力を超えた外国語テキストと格闘し悩まされ続けているせいもあって非常に興味をそそられ、文藝春秋を買って読んでみました。ちなみに私がその年の芥川賞受賞作を読んでみることなどこれが初めてのことです。結果として非常に楽しめました。個性的な登場人物や突飛なエピソードがおもしろく、またそこに『アンネ日記』の引用がテンポ良く引用されているなか、アンネ・フランクにまつわる謎への関心がいつの間にか読者にも自然に呼び起こされます。その謎がドイツ語原文の読解に関わるものでなくドイツ語が全然出てこないのは私には肩すかしでしたが。

 私はある種のテキスト(読み物だけでなく、患者さんが話した内容とか自分の夢なども含みます)の謎と本気で長いこと格闘しているうちに、過去に自分が経験して未消化のままであった状況や出来事と次第に重なり合ってきて、ついには両者の共通の解であるような解釈を思いついたことがありまして、もはやそのテキストにはそれ以外の読み方がありえないような気さえしてしまいます。ですので、私には、この『乙女の密告』の主人公が結末においてまさにそういう状態に至ったことが非常によくわかります。ただ、主人公が到達した解そのものについては、私には明瞭に読み取れるというわけではなく -というか主人公の解を文字通りに読めば、教授を深くうなずかせるほど優れた考え方とは思えないので、別様の読みも可能なのではないかと考えてしまうので- むしろ読み返す度に次々に謎を解く鍵に見えてくる箇所が増えていってわからなくなってしまいます。私はいまも、アンネが「今、私がいちばん望むことは、戦争が終わったらオランダ人になることです」と書いたという事実について、作中のバッハマン教授が示唆したいくつかのキーポイントを繋ぎながら、教授を深くうなずかせるような解を探して結末前の主人公と一緒に考えさせられたままです。

乙女の密告

« フロイト全集19から『制止、症状、不安』第2章 | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第3章 »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

お暑うございます。
乙女の密告、図書館に予約をいれてみました。
私の住んでいる地域では11冊の蔵書で私の予約は139番目でした。
読めるのは来年以降になりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芥川賞の『乙女の密告』:

« フロイト全集19から『制止、症状、不安』第2章 | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第3章 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ