« コンラート『分裂病のはじまり』(5) | トップページ | ヤスパースの妄想定義ですが(2) »

2011年6月25日 (土)

ヤスパースの妄想定義ですが

 さいきん周囲の若手医師たちが、ヤスパースの『精神病理学原論』の日本語版での輪読会を行っているので、私も出席しながらまたはじめから読み直しています。

 この本では、ヤスパースが妄想を定義したとされる部分が有名で、以前も取り上げました。

心理学の前置きのところで対象意識の形として知覚、表象、意識性と判断を区別した。病的な知覚と表象は大部分以上述べた。病的に誤られた判断は一般に妄想という。心理分析の場合には厳密に元来の体験とそれを基として物語るだけの判断とを区別しなければならない。(みすず書房版63頁、下線は引用者)

・・・今度は誤られた判断、妄想に移ろう。妄想とはごく漠然と、誤った判断を皆そういうのであって、互いにはっきり区別がつくとは限らないがかなりの程度に次の三つの外面的な特徴を持つ。一 非常な信、何ものにも比べられない主観的な確信。二 経験上こうである筈だとか、こうだからこうなるという正しい論理に従わせることができない。三 内容がありえないこと。しかしこのような客観的な外面的な特徴の背後に立入って妄想の心理学的な性質をもっと深く見ると、まず二つの大きな分類ができる。その一つはわれわれにとって了解しうるごとくに、感情とか、あるいは妄覚のような他の体験とか、意識が変化したときの知覚界の疎外の体験から出てきたものであり、もうひとつは心理学的にそれ以上遡りえない、現象学的に究極のものである。前者を妄想的観念といい、後者を真性妄想という。(みすず書房版64頁、下線は引用者)

 今回気が付いたのですが、この本はヤスパース自らの精神病理学の考え方を紹介しているのでだいたい主語は「Wirわれわれ」で語られているんですけれども、下線部の主語はいずれも「Man」です。つまり、ここでヤスパースが言っているのは、妄想について世間では普通こう言われている、世間が言う妄想にはだいたいこういう特徴がある、ということに過ぎないのです。

 この部分は教科書や論文などに「ヤスパースによる妄想の定義」として紹介されていますが、そういうくくり方はちょっと不正確ではないかという気がします。

 ここらは妄想を体験と観念に分けるという点が重要でもあるのですが、この本の訳文では「Wahnideen妄想観念」という語をほとんど単に「妄想」と訳しています。そこらへんにも注意して、上の二箇所の代案を示しておきます。

心理学の前置きのところで対象意識の形として知覚、表象、意識性と判断を区別した。病的な知覚と表象は大部分以上述べた。病的に誤られた判断は一般に妄想観念といわれている。心理分析の場合にはわれわれは厳密に元来の体験とそれを基として表明される判断とを区別しなければならない。(代案。下線は変更点)

・・・今度は誤られた判断、妄想観念に移ろう。妄想観念とはごく漠然と、誤った判断が皆そういわれるのであって、それらは互いにはっきり区別がつくとは限らないがかなりの程度に次の三つの外面的な特徴を持つ。一 非常な信、何ものにも比べられない主観的な確信。二 経験上こうである筈だとか、こうだからこうなるという正しい論理に従わせることができない。三 内容がありえないこと。しかしわれわれがこのような客観的な外面的な特徴の背後に立入って妄想的観念の心理学的な性質をもっと深く見ると、そうした観念にはまず二つの大きな分類ができる。その一つはわれわれにとって了解しうるごとくに、感情とか、あるいは妄覚のような他の体験とか、意識が変化したときの知覚界の疎外の体験から出てきたものであり、もうひとつは心理学的にそれ以上遡りえない、現象学的に究極のものである。前者を妄想的観念といい、後者を真性妄想観念という。(代案。下線は変更点)

 ここで「妄想的観念」とされている語は、邦訳70頁では「妄想様観念」とされていますが、まあそれぐらいの不統一は読んでいけば大体分かるところでしょう。

精神病理学原論 
カール ヤスパース (著), Karl Jaspers (原著), 西丸 四方 (翻訳)
みすず書房; 限定復刻版 (1971/01)

Allgemeine Psychopathologie Ein Leitfaden Fur Studierende, Arzte Und Psychologen (1913) Karl Jaspers (ペーパーバック - 2009/11) 
出版社: Kessinger Publishing (2009/11)

 この前まで読んでいたシュナイダーの『臨床精神病理学』は、編者による解説部分が、内容がつまらないうえに長いし文章も読みにくくて閉口しましたが、どうにか惰性で読み終えました。誤植なのか、ドイツ語として成り立っていない(としか私のドイツ語力では思えない)文もあったりして、翻訳者の忍耐・苦労がしのばれます。

追記:妄想に関する箇所については、2021年に改めて取り上げ、さらなる代案を提案しました(ヤスパース『原論』の再読(第一章)2: フロイトの不思議のメモ帳 (cocolog-nifty.com))。

« コンラート『分裂病のはじまり』(5) | トップページ | ヤスパースの妄想定義ですが(2) »

病的体験」カテゴリの記事

精神病理学」カテゴリの記事

ヤスパース」カテゴリの記事

シュナイダー」カテゴリの記事

コメント

まさに先生のおっしゃるとおりと思います.WirじゃなくてManだったんですね.仏訳でも確認したらOn appele~でした.

ヤスパースの記述は,妄想の外面的理解では不十分であるから,心理学的理解に進むという風になされているように読めます.
妄想の心理学的理解によって,「原発性妄想体験」という独特の質をもつ心的体験が取り出され,これが後にelementarなものとして名指される.
最終的に,診断においてこのelementarなものが重視される(原論p.381-382).という風に僕は読んでいます.

コメント有難うございます。
primarとelementarを比べると、ヤスパースでは前者が圧倒的に頻出する一方、後者は稀なのでどういう意味で使っているのか私にはいまひとつ腑に落ちないままなんですけれど、elementarの方は、ヤスパースでは追妄想、ラカンの『パラノイア性精神病』でも解釈や熱情状態や夢幻状態など、時間的・空間的に広がりを持った現象について、実はそれらも要素的現象なんですよ、という感じの文脈で使われるような気がしますけど、それでいいんでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤスパースの妄想定義ですが:

« コンラート『分裂病のはじまり』(5) | トップページ | ヤスパースの妄想定義ですが(2) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ