« テレンバッハ『メランコリー』(3) | トップページ | テレンバッハ『メランコリー』(5) »

2011年7月27日 (水)

テレンバッハ『メランコリー』(4)

 テレンバッハの『メランコリー』で紹介されている症例を第1例から順にひとつずつ検討してきましたが、今回は4例目です。

<症例4> 女性患者エンマ・Hの(生活史上の)真の問題点は、1941年の最初のメランコリーのときには、顕著なメランコリー性罪責妄想の底にすっかり埋没していて表面に現れていなかった 。当時彼女の念頭にあったのは、家族、とくに子供たちの破滅が迫っているということだった。(・・・略)そのときエンマが述べたところでは、一年前から納税申告について気を病むことが多かった。それは、多額の追徴金を支払わなくてはならないので生活を維持するだけの財産がなくなってしまう、という心配だった。(・・・略)
 これらの言葉は当時は単に妄想として片づけられていたが、1959年の三回目の病相が治った後の診察で、その根拠が十分にはっきりとしてきた。今度の病相はあまり深刻なものではなく、患者は入院時からすでに、控え目にではあったが夫との関係についての不満を語っていた。彼女は結婚生活にひどく失望していた。夫は癇癪持ちで激しやすく、移り気で信用のおけない酒のみであった。彼女はひそかに心を痛めながらじっとそれに耐え、それだけにいっそう子供に心を向けていた。彼女は最初、1954年のメランコリーの原因は夫との不仲にあると考えざるをえないが、1941年と今回との発病の誘因は思い当たらないと言っていた。しかし病後の診察から、三回ともメランコリーの直前に夫との関係の急激な悪化があったことがわかった。1941年には、彼女たち夫婦は税務署の監査によって500マルクの追徴金を課された。その原因は、きわめて几帳面で良心的なエンマが、二通の請求書を探し出せなかったということだった。夫はそのことで彼女をひどく非難した。しかしそのとき彼女の心を打ちひしいだのは、税務署員が一晩中置きっぱなしにしていた証拠書類を彼女がなぜストーブにくべてしまわなかったのか、という夫の非難がましいことばであった。夫が彼女にそんな不正行為を示唆し、家庭の危険を招くようなことを -税務署の厳しさは当時有名であった- させようとしたということで、夫の無慈悲さが彼女の心に深く刻みつけられ、彼女はそれを忘れることができなくなってしまった。(・・・略)
 今回の病相も、夫の思いやりのない行為が彼女に深いショックを与えた直後に始まった。家事と商売と帳簿との(数十年来休暇なしの)仕事のために、彼女には度を越した負担がかかっており、彼女は血圧がたびたび急激に上昇することで不安を抱いていた。ある朝、彼女は台所で目がだんだんと見えなくなってきた。半時間後に視力は徐々に回復した。こういった現象が短い間隔で繰り返された。彼女はひどく動揺して不安になり、自分に要求されている仕事を果たすだけの力がないと感じ、事態が悪化しないうちに休息したいと思った。《家族に迷惑をかけるなんて、死ぬほどつらいことです》。せっぱづまった気持ちで、彼女は夫に、35年間来る日も来る日も自分が切りまわしてきた店を他人に貸してしまうように頼んだが、夫はそれをすげなく拒絶した。そこで子どもたちが間に入って、母親を、《店の借り手がつくまで》文字通り誘拐する手筈がととのえられた。だが、この介入は遅すぎた。エンマはメランコリーに落ち込んだ。・・・略(邦訳161-163頁、下線は引用者)

 下線部ですが、はじめの三つは原文では密接に関連した表現が使われています。それを少々改訳してはっきりさせてみますと、彼女には「度を越した負荷がかかってbelastenおり」、「事態が悪化しないうちに負荷を脱しentlastenたいと思った」のだが、こうした状況でも「《家族に負荷をかけるzur Last fallenなんて、死ぬほどつらいことです》」という思いがあった、ということになります。

 そして4つめの下線部、「せっぱづまった気持ちで」と訳されているのは「In dieser Not」ですけれど、これは、直訳すれば「この苦境/窮地の中で」でとなります。「dieserこの」が指すところをくみ取れば、これは、「自分の作業能力は下がったが子供には負荷をかけたくないという苦境の中で」という意味に取るべきでしょう。だからこそ、大事な店を他人に貸そうと思いついたわけです。

 この症例は「几帳面で良心的」であり、不正行為を好まず、また仕事の量も莫大であって、メランコリー型性格と言ってよい範囲にあるように思えます。ただし、その症状については、抑うつ気分や悲哀、制止、自律神経症状など(についての言及)がなく、典型的なうつ病と言えるかどうかはっきりしないと言わざるを得ません。1941年の妄想は典型的うつ病のものよりも内容豊富ですし、明らかに夫の言動への抗議になっています。1959年の発症状況をみると、そもそも発病そのものがそれ自体で夫への抗議かもしれません。

メランコリー [改訂増補版]

H. テレンバッハ(著), 木村 敏 (翻訳)

出版社: みすず書房; 改訂増補版 (1985/12/5) 

 ちなみに、上の「せっぱづまった気持ち」という訳語は、この直前、症例3についての考察部分でも用いられています。そちらの原語はmit einer Ausschliesslichkeitでして、こことの関連はありません。

« テレンバッハ『メランコリー』(3) | トップページ | テレンバッハ『メランコリー』(5) »

精神病理学」カテゴリの記事

メランコリー」カテゴリの記事

テレンバッハ」カテゴリの記事

病前性格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレンバッハ『メランコリー』(4):

« テレンバッハ『メランコリー』(3) | トップページ | テレンバッハ『メランコリー』(5) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ