« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月28日 (日)

ヤスパース『原論』の時点での遺伝学

 以前も書いたとおり、いまはヤスパースの『精神病理学原論』の訳本の輪読会を若手と進めているところです。

 私は原書とところどころ見比べているのですが、『第四章 精神生活の関連、その二 因果的関連』の『第三節 内因性原因の作用』の『二 遺伝』の項には、翻訳に大幅な省略があることに気づきました。最初の段落の最後の文とその註、さらにその直後にやや小さな文字で表記されている説明の冒頭6段落です。せっかく読んだところですので、拙訳をここにノート代わりに保存しておくことにします。

 最初の段落の最後の文には、次のように書かれています。邦訳では257頁の1行目の後ろに入ります。

それゆえ我われは、いまだ非常に流動的な状態にある生物学的遺伝学を、短く図式的にではあっても、概括的に知っておかなければならない(註)。

(註)歴史的には遺伝学は一面ではダーウィン説のうえに、一面ではメンデル式遺伝法則の発見、変異の統計、突然変異説のうえに築かれている。ゴルトシュミットは非専門家にも明快なしかたで諸々の学説と文献を理解可能にしている。遺伝科学入門、ライプツィヒ、1911。

 このように、ヤスパース自身が、このあと精神病の遺伝を論じるまえに遺伝学についてある程度の知識が必要である、と述べた上で、当時(1913年)分かっていた範囲での遺伝学理論を簡単に説明しているのですから、(それが現代からみてたいした内容ではないとしても)翻訳においても省略すべきではないと思います。

 その説明とは以下のようなものです。原文での強調部分は邦訳では傍点で示されていますが、以下では下線を付しておきます。なお、ここでは邦訳に合わせて「性質」とした「Eigenschaft」の語は、こういう生物学的文脈ではむしろ「形質」としたほうが良いでしょう。

 あらゆる生体の変異性Valiabilitaetは、はじめは概観できない不規則なものであるが、以下のようにして驚くほど規則的なものとなる。すなわち、ひとつの種の個体から任意に選び出した集団(ひとつの「個体群Population」)において、ひとつの性質を観察し(例えば、徴用された兵士における身長)、その性質(身長、肌の色調、歯牙の数、シミの数、など)のさまざまな程度に応じたグループに属する個体の総数を数える場合である。これらのグループを、垂直の線として描き、それらの先端を結ぶならば、ひとつの規則的曲線(「変異曲線Variabilitaetskurve」)が例外なく得られる。そこでは、平均値から両側に向かって、つまり性質の弱い発現と強い発現に向けて、個体数が減少する。変異曲線は、ある個体群全体の、ひとつの性質の方向での変化、例えば境遇の影響(気候、食物、など)を、読み取ることができるような尺度である。
 多数の個体のなかから、改良したい性質をもった個体を選抜し(選択)その子孫だけを養育すれば、変異曲線はこの性質の側へ向かって遷移する。かつては、このようなやり方である型を全く別の型に移行させることができると考えられた(人為淘汰、あるいは自然においては生存競争における自然淘汰)。しかし、もしも「純系reine Linie」を扱う場合(例えば穀物)には選択は無力であることが実験的に示された。純系とは、「個体群Population」とは対照的に、限られた変異曲線のなかのみを動く個体の集団であって、しかもその各個体は再び曲線全体からなる子孫を持つようなものを言う。個体群においては、多くの純系からなる交配があること、そして、選択とは新たな型への改良ではなく、単に純系の単離にしか達しないことが知られている。
 こうしたことからさらに、個体の性質生殖質の性質という重大な区別に至る。純系では両者は同一であり(「遺伝型Genotypus」)、個体群ではその個体はしばしばその生殖質とは別のものを持っているように見える(「表現型Phaenotypus」)。例えば巨大な個体は、純系のなかでの極端に上方への変異であれば、ほとんど小さな個体のみを産する(「先祖がえりRueckschlag」)が、同様に巨大な別の個体は、その純系の中間に相当するならば再び同様に巨大な個体を産する。
 さまざまな研究はさらに、「遺伝単位Erbeinheiten」を区別すべきであることを教えている。各個体は、莫大な遺伝単位(「性質Eigenschaften」)からなる。各遺伝単位は、それ以外の遺伝単位と独立に遺伝する。そして、この遺伝単位とともにはじめて、規則的に確認される遺伝法則が発見された。この遺伝法則はメンデルによって明らかにされた。二つの孤立的に[=他の性質と無関係に?]現れる性質(例えばエンドウ豆の白色と赤色)を交配させると、子孫におけるこれらの性質の出現は、数の上で決定されている;第1世代では、一つの性質が「優性であるdominiert」(例えば全て白いことによる)。しかし、もう一方の性質(優性なものに対して「劣性rezessive」の性質)が生殖質に存在する;というのは、第2世代ではここに性質の分離が現れるからである。つまり子孫の4分の1は白く、かつ白い子孫のみを持つ。4分の1は赤く、かつ赤い子孫のみを持つ。それに対し、4分の2は白く、かつその次の世代もまた4分の1は最終的な白、4分の1は最終的な赤、4分の2は優性な白の子孫を持つ、等々。この数の比は、生殖細胞の結合における無数の遺伝単位(この理論上の単位は遺伝子、決定因子と呼ばれている)の偶然の結合の原理に従って予想され、きわめて多様な条件の下に左右されると見積もられ、さらに実験で確かめられている。
 多くの研究者は、かつて分離と結びつけられたこれらの性質(「メンデル則mendelnde」遺伝)のみを、全くの同型遺伝[=単一の性質のみが現れ続ける遺伝]と並んで、遺伝法則として認めている。別の研究者たちは、これ以外にもうひとつ、「融合的verschmelzend」遺伝を想定している。メンデル則遺伝においてひとつの性質が優性を保つとは限らず、白色と赤色が淡紅色へと -この場合は一時的に- 融合するのと同じように、性質の永続的な融合もあるはずであり、これが同型遺伝で繁殖していく。メンデル則遺伝に従えば、個体の多種多様性は、つねに分離して[=別々に]遺伝する遺伝単位の変動的な組み合わせから把握されるが、ここでさらに、遺伝単位から新たな遺伝単位への融合なるものが加わる。
 もしも、次第に遷移させて新たに改良したり、融合によって遺伝単位を新たに創出することが全く行われないならば、いかにして、新たな形式が産まれたり、家族内に初めて疾病が現れてそれ以後は遺伝される、等の事実が説明されるべきであろうか。これは、「突然変異Mutation」という、同じく実験的に研究された事象によって説明される。生物のそれまで遺伝されてきた性質が表現する変異曲線から遠くかけ離れた新たな性質が、跳躍的に、時折、造り出される。理論に従えば、ここには新たな遺伝単位が形成されていなければならない。若干の事例では突然変異が歴史的に確認されており、さらに別の事例では実験により観察されうる(ド・フリース)。この場合に注目されたのは、部分的には制御可能な外的影響のもとで、突然変異周期なるものが生じ、突然、普段のふるまいとは対照的に多数の跳躍的な変異が現れ、それら全てが遺伝する。飼育栽培者には「気まぐれSports」として古くから知られていたこうした突然変異は、今はしかし多くの事例で、変異とさほど原理的に区別できない -それ以外の事例は外観上もそう見える- ことが証明されている。これによって次のように言える;我われにわかるのはただ、この区別を硬直的に保持しようとしてはならないということだけである。

 このあとに続く7段落目だけが邦訳に訳出されています。なおそこには「遺伝質」という語がありますが(原語はKeimplasma)、これは「生殖質」とすべきもので、上の拙訳にもそのように訳しました。

 また、代々同じ形質が遺伝される場合を「gleichartige Vererbung」と呼んでいるようで、このあと邦訳では「同種遺伝」とされていますが、種に関わることではないですし、だいたいホモ接合体[=同型接合体]の遺伝のことと思いましたので、上では「同型遺伝」としてみました。

 私にとっては、この部分がないとやはり後ろの頁は理解困難という気がします。歴史的に、染色体と遺伝の関係について分かっていない段階でのメンデル理論というのはなかなか雲を掴むような話であったろうと想像しながら読む必要があると思うからです。

精神病理学原論 
カール ヤスパース (著), Karl Jaspers (原著), 西丸 四方 (翻訳)
みすず書房; 限定復刻版 (1971/01)

Allgemeine Psychopathologie Ein Leitfaden Fur Studierende, Arzte Und Psychologen (1913) Karl Jaspers (ペーパーバック - 2009/11) 
出版社: Kessinger Publishing (2009/11)

2011年8月26日 (金)

テレンバッハ『メランコリー』(6)

 この書物の症例の6例目です。

 仕事を通じて他者のためにあるという形で実現されるような対人的秩序は、身近な人の死によって、当然ながらもっとも決定的な危機に曝される。この種の危機が及ぼす作用が一目瞭然に見てとれるような症例も、ときどき見受けられる。
 <症例6>女性患者エンミ・Bがその一例である。1959年のメランコリーが軽快した後に診察したとき、彼女は次のように語った。彼女は昔から、万事とびきり上等に、間違いなくやりたいと思っていた。実際、非常にきちんとしていて几帳面であった -彼女の母親もそうだった。何事につけ、安らかな気持ちで《おしまいにする》ことがなく、次から次へと新しい仕事にとりかかるのだった。家の中はいつも《磨かれたように》きれいだった。《なんでもきちんと考えすぎるんです》。夫からはよく《少々のことは大目に見なければいけない》と言われていた。
 このような過度の正確さについての記述は、すでに1949年の初回入院時のカルテにもみられる。その年の6月に母親が死亡して以来、患者はおかしくなった。どんな無秩序さに対してもすぐいらいらして、それが頭から離れなくなった。それが嵩じて、彼女はすっかり決断力をなくし、意志も気力も失って、ひとりぼっちになってしまったという悲しみと不安とで一杯になった。しかし、彼女が重いメランコリーにかかったのは、夫が膀胱の病気で入院した直後のことであった。
 当時、彼女は4回の電気ショックでほとんど無症状となって退院している。
 2回目の入院は1952年のことである。その半年前に夫が癌で死亡した。1950年に夫が病院に入ったときから、彼女には夫が死ぬことがわかっていた。彼女はそのことで非常に憂鬱になっていたが、メランコリーにはかからなかった。夫の死後、はじめのうちは悲しい気分だった。約6週間の後に、この悲しみがメランコリー性の気分異常に移行した。彼女は、夫のために十分なことをしたかどうか、もっとできることがあったのではないか、と自分を責めはじめた。しょっちゅう泣けてきて仕方がなかったが、それはもう夫の死のことでではなかった。彼女は仕事を全部放り出してしまい、完全に気力を無くして、どうしたらよいかわからなくなった。以下略(邦訳165頁。下線は引用者)

 この症例には、私がこれまで抱いてきた疑問、つまりテレンバッハが扱った症例は、日本精神病理学で広まっている「メランコリー親和型性格」の特徴とずいぶん違うのではないかという疑問を抱かせた二つの特徴を再びみることができます。

 まず、この患者の几帳面さは、夫からいさめられるほど過度なものであるということです。下線を付した部分には「penibel」という語が用いられていますが、辞書によればこれはやはり周囲にとって不愉快な程度の几帳面さを表す語です。この語についてはすでにこのブログで述べました。

  http://freudien.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-2737.html

 日本の精神病理学で「メランコリー親和型性格」の几帳面さは、仕事熱心・勤勉など大変に好ましい、評判の良い性質として現れるとされていますが、この症例の几帳面さは決して好ましい範囲に収まっていません。

 次に、この症例記載を見る限り、テレンバッハは、我々が普通にうつ病と呼びうる状態に至っても、「メランコリー」という言葉を用いていないことに気づきます。この本全体からの印象ですが、テレンバッハは、患者が単に気分の変化を訴えるだけではなく、思考内容に普段と異なるもの(自責や後悔など)が出現しはじめた時点でメランコリーと呼ぶようにみえます。一方、日本でメランコリー親和型性格は、軽症・非精神病性のうつ病者の病前性格とされていましたから、両者は診断の基準がかなり異なるように思えるのです。この点も以前いちどここに書いたことがあります。

  http://freudien.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-a81b.html

メランコリー [改訂増補版]

H. テレンバッハ(著), 木村 敏 (翻訳)

出版社: みすず書房; 改訂増補版 (1985/12/5) 

 上に引用した訳文には、「《磨かれたように》きれいだった」という表現が用いられています(括弧つきなのはおそらく患者か家族が実際にそのように表現したのでしょう)が、原文を直訳すると「《舐めたようだった》」となります。ここは患者の掃除の仕方(実際に拭いたり磨いたりしたのでしょう)についての表現ですから、邦訳の「磨かれたように」は当たり前すぎて比喩になりません。しかし直訳で「舐めたようだった」というのも日本では見慣れない表現ですからやはり変で、翻訳というものは本当に難しいと改めて思います。

2011年8月10日 (水)

テレンバッハ『メランコリー』(5)

 この本の症例の5例目を取り上げましょう。

<症例5>(・・・略)1959年のメランコリーは、最後に残った娘が両親のもとから出て行く結婚式の当日に発病した。式の三週間ほど前から眠りにくくなり、娘がいなくなってしまうことについてくよくよ考え始めた。結婚式当日の朝、《気乗りのしないまま》美容院に出かけた。前の晩は一睡もしていなかった。《ああ、神様、私は死んでしまいます》。翌日、彼女はとてもいらいらし、とても気がせいて、とてもおかしく、とても具合が悪く、とてもふさぎこんで》いた。彼女は急に《この上ない地獄の苦しみ》を感じ、《頭の中がくらくらして》もうよくならないと思った。仕事だけはまだ何とかやっていけたが、その上、病気になった孫の世話まで引き受け、それに加えて復活祭の飾り付けや祝日の準備もしなくてはならなかった。そして、それに引き続いて、重篤な抑止と生機的障碍を伴った完全なメランコリーが始まった。

 メランコリーの間、彼女自身は病気の原因を美容師のやり方のせいにしていた。発病前と発病後に起こった出来事が重荷になっていたということについての洞察は、後になってはじめて獲得された。彼女は娘との別離をのちに次のようなことばで説明している。《私にはひとりでいることが耐えられないのです》。娘がいなくなってからそれまで以上に自分の肩にかかってきた仕事を、彼女はもはや思い通りの入念さではこなせなくなっていたが、そのことについて彼女はこう語っている。《家の中がなにもかもそんなふうに中途半端になっていると、具合が悪くなってくるのです》。(邦訳164頁、下線は引用者)

 下線部の原文は「In der Nacht darauf」ですが、「darauf」を辞書で引くと、「それに次いで」「そのあと引き続いて」「その次に」などの意味しかありませんので、正しくは「その晩は」となるでしょう。つまり、患者が一睡もできず、「ああ、神様、私は死んでしまいます」と思ったのは、美容院に行って結婚式に出席した日の前の晩ではなく、まさに結婚式のあと当日の夜のことだったのです。だからこそ、その後「彼女自身は病気の原因を美容師のやり方のせいにしていた」わけです。

 この症例の記述についてまず目立つことは、患者が発症を美容師のやりかたのせいにしていること(他責)でしょう。この人は、ふつうメランコリー親和型の人々についてよく言われるような、もともと他者配慮的で義理堅く良心的で自責傾向があって、発症とともに明瞭に自責を訴えるようになるといった典型的性格特徴を持っていないように見受けられます。そのせいか、この患者の性格についてはあまり記載されていません。(子供との関係が密であったことや、普段から仕事の量が莫大であったこと、それを入念にこなしていたことについて記載されているだけです。)

 もうひとつ、この患者は、発症後に孫の世話や復活祭の飾り付けなどの仕事が加わることで、さらに病状が悪化して「完全なメランコリーが始まった」という経緯にも注目したいと思います。と言いますのは、昨今、過労によるうつ病や自殺などについての文脈で、「本来のうつ病は、引っ越しや昇進などの軽微な秩序変化からひとりでにおこるものであって、過労からうつ病になることはない」と言われることがあるからです。そういう論は、これまでメランコリー親和型性格者の内因性うつ病について長らく言われてきた理論を根拠にしているのですが、その原典とされているはずのテレンバッハの『メランコリー』にも、この症例5のように、過労が発端ではないにせよ、病状の完成へと追い込むケースの記載があることは、じっくりと味わって検討してみるべきものと思います。

メランコリー [改訂増補版]

H. テレンバッハ(著), 木村 敏 (翻訳)

出版社: みすず書房; 改訂増補版 (1985/12/5) 

 なお、ほんとに細かいことですが、この症例の紹介部分は邦訳では4段落に分けられていますけれど、3段落目と4段落目は原文ではひと続きの段落です。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ