« テレンバッハ『メランコリー』(9) | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第4章(2) »

2011年9月27日 (火)

テレンバッハ『メランコリー』(10)

 今回扱う<症例10>は、私にとっては、<症例3>と並んで、テレンバッハのメランコリー型が日本軽症メランコリー親和型性格とだいぶ違うことに気づくきっかけとなった印象深い例です。

<症例10>女性患者ヘートヴィッヒ・Schは、非常な勤勉さと特別な秩序愛とを母親から教えられ、それをずっと大切に育ててきた。彼女は些細なあやまちをいつも苦にしていたが、それはとりわけ -何でもすぐに告白してしまうのに- それがなかなか忘れられないからであった。ある行為が間違っていた、良くなかったという考えは、その行為が過去のものになって行くにつれて逆にまずます明確に心に迫ってきて、ときとしては《どうしようもない》頑固さで頭に浮かんでくるのだった。彼女はときには二回、三回とたて続けに告解にでかけなくてはならなかった。それは、言い忘れたことがあるという気持からではなくて、自分の失敗がますますはっきりと眼に見えてくるからであった。
 1944年に、最初の持続的な気分異常が始まった。夫の出征中に彼女はある若い男と映画を見に行った。その男が自分にあこがれていることを、彼女は数年前から彼の眼つきで気づいていた。映画の上映中、彼は彼女の手を自分の膝の上に乗せようとした。彼女はそれを拒んだ。帰途、彼は突然彼女にキスをしようとした。ヘートヴィッヒは私には夫がいるといって彼を拒んだが、その直後から激しい良心の呵責を感じた。この良心の呵責は、それ以来この出来事についての反省がだんだん強まるにつれて、ますます激しいものとなった。そのときのことを、彼女は母親に打ち明け、そして -何回も- 神父に告白した。映画館に行ったのは、1944年の8月の終りであった。9月9日には、身体症状、睡眠障害、自殺念慮を伴ったメランコリーが始まったが、当時は動機なしに発病したものと思われていた。電気ショック療法が行われた。しかしこの重苦しい罪の意識は治療後も相変わらず出現し、それが最終的に軽快したのは夫への告白がなされたのちのことであった。
 今回のメランコリーにおいて、この昔の罪が久しぶりにはっきりと浮かび上がってきた。1958年の9月末に、患者は夫の上司と性的な関係をもった夢を見た。彼女は実際にはこの男との間に愛情関係などは全然もっていなかった。この夢を見て、ヘートヴィッヒはとても落ち着かない気分になった。自分が無実であることを何度もはっきり意識しようと努力したが、それでもだんだんとひどくなる自責から免れることはできなかった。《私にはこんなにいい夫がいるのに》。彼女はとうとう夫に夢のことを打ち明けたが、それでも罪の意識は消えなかった。その夢から約一カ月後に、次の生理とともにメランコリーが始まった。そこでありとあらゆる罪が -特に性的な色合いを帯びた罪が- よみがえってきた。特に、少女時代に田舎道で知り合いの既婚の男が現れて、自分の性器を彼女の手に握らせ、彼女の性器に触れようとしたという、長い間抑圧していた光景がまざまざと思い出された。その時、彼女はびっくりしてそれを拒み、泣きながら、奥さんに言いつける、といったのだったけれども、それでも彼女は罪の意識を感じたのだった。そしてこの罪の意識は、今回のメランコリーにおいて、これまでにないほど強く感じられたのである。(・・・略)(邦訳175頁、下線は引用者)

 まず下線を付しておいた部分には翻訳上の問題がありますのでみていきます。

 「キスをしようとした」は原文で「ueberraschte er sie mit einem Kiss」です。「ueberraschen」を辞書で引くと、『1a) (予期しないことで)驚かせる、びっくりさせる b) (予期しないことで)喜ばせる:jn. mit et3...・・・を・・・で不意に喜ばせる』とあります。「mit」を用いた形からいって、辞書に忠実に「キスをして不意に喜ばせた」を採用したいところです。まあ穏当に「キスをして驚かせた」という訳を採用してもかまいませんが、いずれにせよキスは実際に行われたものとして訳さなければなりません。

 「彼を拒んだが」には動詞「vorhalten」が使われていますので、「彼を咎めたが」です。

 「自殺念慮」の原語は「Schuldideen」ですので正しくは「罪責念慮」です。

 「少女時代」は誤りではないですが、さほど幼い頃のことというよりは「独身時代」「娘時代」に近いんじゃないかと思います。

 「奥さんに言いつける、といったのだったけれども」は、原文で「Eroeffnung an die Ehefrau androhte und sich Schuld beizumessen keinen Grund hatte」ですから、「奥さんに言いつけると言って脅し、自らに罪を帰すいわれはなかったのだが」となります。

 さて、この症例ですが、1944年、夫の出征中に若い男性と映画に行ったとき、その男性が自分を気に入っていることをあらかじめ知っていたようです。もうこれだけで、日本でメランコリー親和型性格について言われている“対人関係上の秩序を重んじる”というキャッチフレーズに全く合致していません。そして自分の手を男性の膝に乗せられて拒んだ後、キスされて相手を咎めたのですが、その直後に激しい良心の呵責を感じたとのことです。この良心の呵責を、テレンバッハは「性的な過ち」「肉体の貞操に対する秩序違反」に対するものとしているようですが(邦訳176頁)、それだけでなく、相手の男性を誘惑しておいてはねつけるという非情な行為をしたことに対して、でもあるでしょう(2度のエピソードで、いずれも相手を咎めたり脅したりしたあとに罪の意識が生じていることにも注目したいと思います)し、さらには、それぞれの瞬間(キスされた時、性的な夢を見た時、性器を握らされた[ことを思い出した]時)に自らが感じた性的興奮への呵責という解釈も可能なように思います。

 このことを複数の人に、何度も告白したのは、懺悔という形を借りて、性にまつわる話題をおおっぴらに話す機会が得られ、しかも自分の性的魅力について自慢をする機会でもあったからではないでしょうか。

 そうした解釈は措くとしても、経過をみても、これは本書に紹介されている中で、電気ショック療法が無効であった唯一の症例であり、夫に告白して治癒したという経緯からも、心因性の疾患であったのではないかという疑いを強く起こさせます。

メランコリー [改訂増補版]

H. テレンバッハ(著), 木村 敏 (翻訳)

出版社: みすず書房; 改訂増補版 (1985/12/5)

 この症例を病院の医局で読み合わせたとき、先輩医師の一人は、この性的意味合いが濃厚に感じ取れる印象的な症例について以前どこかで読んだ記憶があったのだがそれがテレンバッハの『メランコリー』で読んだものであったことが今わかり意外に感じている、というような意味のことを言っていました。つまり、“テレンバッハの『メランコリー』には、几帳面で対他配慮的人物が状況変化から発症する例が載っているはずだから、このような症例は紹介されていないはず”といった世間的イメージによる先入見があまりにも強く日本精神科医の記憶を毒してしまっている、ということでしょう。

« テレンバッハ『メランコリー』(9) | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第4章(2) »

精神病理学」カテゴリの記事

メランコリー」カテゴリの記事

テレンバッハ」カテゴリの記事

病前性格」カテゴリの記事

コメント

何時も厳密な精読に対して感嘆の念を表明いたします。

今回の例はちょっと異色というか、フロイド的なヒステリー、但し二次過程による抑圧もされていないので単なる心因的反応、或いは正常範囲内の情動というべきなのかもしれません。

私も「テレンバッハのメランコリー」というと読みもしないで教科書的先入観でのみイメージしていましたが違うのですね、と御教示いただいて感謝している次第です。

 いつもありがとうございます。コメントいただいて励みにしています。
 この症例は考えされられる種が本当にたくさんあっておもしろいのですが、もしもテレンバッハの大学病院ではなく精神分析を受けに行っていたらどうなっただろう(かえって治らなかったかもしれない)とも思ったりします。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレンバッハ『メランコリー』(10):

« テレンバッハ『メランコリー』(9) | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第4章(2) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ