« ラグビーのワールドカップ | トップページ | ヤスパース『原論』の再読(第二章第一節) »

2011年10月29日 (土)

ヤスパース『原論』の再読(第一章)

 ヤスパースの『精神病理学原論』の輪読会を機に再読してきましたが、そろそろ終わりにさしかかっています。今回は原書を手に入れて改めて通読していますので、訳文を読んで気になる点の確認ができました。少しずつ紹介していきましょう。

3 心理学的にのみわかる精神生活のごく一般的な変化を形式とする。たとえば分裂性精神生活やヒステリー性精神生活のごときである。この形式をとって人間のありとあらゆる欲求や願望、思考や空想が、内容として現れる。こういう内容は欲求とか思考とかとして、分裂性とかヒステリー性という特別の様式で現れてくる。
 多くの場合形式が精神病理学にとってよけい関心を持たれる。内容はしばしばどっちかといえば偶然なもの、ごく個人的なものと思われる。けれども内容も規則正しいことも稀ではないので(たとえば抑鬱患者の妄想とか自殺傾向など)学問的な研究に関係してくる。(みすず版邦訳34頁)

 引用した2段落のうち1段落目の最後の一文が理解困難で原書に当たったわけですけれど、周囲の部分も含めて以下のような代案を提案します。

3 精神生活のきわめて全般的な一定の変化が、形式として理解されている。たとえば分裂性精神生活やヒステリー性精神生活のごとき、心理学的にのみわかる変化である。それらの形式のなかに、人間のあらゆる欲動や願望、ありとあらゆる思考や空想が、内容として現れる。それら[欲動や願望や思考や空想]は、形式のなかで、まさしく分裂性とかヒステリー性という全く特別な様式で現実のものとなる。
 多くの場合形式が精神病理学にとってよけい関心を持たれる。内容はしばしばどっちかといえば偶然なもの、ごく個人的なものと思われる。けれども内容も規則正しいことも稀ではないので(たとえばメランコリー患者の妄想様の思考とか自殺傾向など)学問的な研究に関係してくる。(代案)

 二段落目のように、訳文の「抑鬱」はしばしば(Depressionではなく)「メランコリー」ですし、「妄想」はしばしば「妄想様観念」であったりしますので、気になる箇所についてはひとつひとつ調べてみることをお勧めします。「妄想患者」のような表現も、「パラノイド」と書かれていれば妄想型統合失調症の病的過程に至る患者のことですから、ヤスパースの診断を正確に知るためにはいちいち調べてみる価値はあります。

 63頁64頁の妄想に関する箇所についてはすでにこのブログで代案を提案しましたhttp://freudien.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-0a21.html。その間に挟まれた以下の部分にも小さな訳し落としと蛇足があります。

元来の体験の中には、本当の妄想体験の外に、すでに述べた対象意識の誤りもあるわけであり、こういう妄覚、追想の誤り、偽幻覚などには感覚的な要素が多分に入っているものであるが、この外にまだ感覚的直観的ではないが、そうかといってやはり非常に印象的な誤りがあり、これは意識性という体験の誤りである。(みすず版邦訳63頁)

元来の体験の中には、本当の妄想体験の外に、すでに述べた対象意識の誤りもあるわけであり、こういう妄覚、知覚の誤り、追想の誤り、偽幻覚などには観照的な要素が多分に入っているものであるが、この外にまだ観照的ではないが、そうかといってやはり非常に印象的な誤りがあり、これは意識性の誤りである。(代案、下線は訂正箇所)

 なお、下線部以外で、「anschaulich」という語は、これ以外の箇所で感覚的とか直観的と訳されている語とは異なるので、「観照的」という訳語にしてみました。

 最後は3か所並べて検討してみます。

現象学は今まで対象意識については豊かな展開を見せてきたが、自己意識についてはあまりまとまったことは言えない。けれどもこの意識は従来感情と欲動と呼びならされてきた現象とごく深い関係を持っており、これらは自我被規定性、自我を規定するものと現象学的に解されるが、それだけ単独にはっきりと心に描きだすことも出来もする。(みすず版邦訳42頁)

感情にはまず二つの対立する側面があり、人格意識の側面、自我の被規定性に従うような感情と、対象意識の調子となるような感情とある。(みすず版邦訳84頁)

 主として人格意識(自我被規定性)の徴である諸感情と、主として対象の性質(ガイガー)を作る諸感情という現象学的な対立がわかると、この後者に入るものに一連の特別な病的現象があることがわかる。(みすず版邦訳86頁)

 これらの箇所に含まれる「自我被規定性」という概念が今ひとつ分からないわけです。しかし上の一つ目の引用によれば、欲動についてもこの概念で考えることができるとありますので、関連箇所を探してみますと、この語を用いずに次のように平易に説明されています。

多くの欲動は本人の本性や今の状態の自然のあらわれとその当人から感じられる。すなわちその人間自身の欲動であることが当人からよく了解されるように体験される。(みすず版邦訳92頁)

 こういう事態のことを「Ichbestimmtheit」と言っているようです。しかしこれを一言で言える訳語が辞書にありませんし私もなかなか思いつきません。とりあえず上の三か所はそれぞれ次のように代案を提案しておきたいと思います。

現象学は今まで対象意識については豊かな展開を見せてきたが、自己意識についてはあまりまとまったことは言えない。けれどもこの意識は従来感情と欲動と呼びならされてきた現象とごく深い関係を持っており、これらは自我と密接なものと現象学的に解されるが、それだけ単独にはっきりと心に描きだすことも出来もする。(みすず版邦訳42頁、下線部は改訳)

感情にはまず二つの対立する側面があり、人格意識の側面、自我と密接なものであるような感情と、対象意識の調子となるような感情とある。(みすず版邦訳84頁、下線部は改訳)

主として人格意識の特色(自我と密接なもの)である諸感情と、主として対象の性質(ガイガー)を作る諸感情という現象学的な対立がわかると、この後者に入るものに一連の特別な病的現象があることがわかる。(みすず版邦訳86頁、下線部は改訳)

 最後に、書物全体で繰り返し使われている訳語について言いますと、「意識の別化」は「意識変容」、「知覚界の疎外」は「知覚界の疎遠化」ぐらいがいいと思いました。

精神病理学原論 
カール ヤスパース (著), Karl Jaspers (原著), 西丸 四方 (翻訳)
みすず書房; 限定復刻版 (1971/01)

Allgemeine Psychopathologie Ein Leitfaden Fur Studierende, Arzte Und Psychologen (1913) Karl Jaspers (ペーパーバック - 2009/11)

2021年追記:anschaulichという語は「目に見えるような」という意味ですが、上で選んだ(独和辞典からの訳語)「観照的」という言葉を国語辞典で引くと日本語では「目に見えるような」という意味をもたないようなので、大辞泉で見つけた「現然的」という言葉(目に見えるような、の意)の方が良いと思うので、以下のように提案してみます。

元来の体験の中には、本当の妄想体験の外に、すでに述べた対象意識の誤りもあるわけであり、こういう妄覚、追想の誤り、偽幻覚などには感覚的な要素が多分に入っているものであるが、この外にまだ感覚的直観的ではないが、そうかといってやはり非常に印象的な誤りがあり、これは意識性という体験の誤りである。(みすず版邦訳63頁)

元来の体験の中には、本当の妄想体験の外に、すでに述べた対象意識の誤りもあるわけであり、こういう妄覚、知覚の誤り、追想の誤り、偽幻覚などには現然的な要素が多分に入っているものであるが、この外にまだ現然的ではないが、そうかといってやはり非常に印象的な誤りがあり、これは意識性の誤りである。(代案、下線は訂正箇所)

« ラグビーのワールドカップ | トップページ | ヤスパース『原論』の再読(第二章第一節) »

精神病理学」カテゴリの記事

ヤスパース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤスパース『原論』の再読(第一章):

« ラグビーのワールドカップ | トップページ | ヤスパース『原論』の再読(第二章第一節) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ