« ヤスパース『原論』の再読(第二章第二~三節) | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第3章(2) »

2011年11月22日 (火)

テレンバッハ『メランコリー』(11)

 この著作で紹介されている症例をひとつずつ取り上げてきたシリーズの11回目です。今回は、あまり大きな改訳が必要な箇所は含まれないので、下線で変更個所を示すだけにします。みすず版邦訳の問題は主に、「精神病」という訳語が用いられていないことにあります。

〈症例11〉薬局助手のエーファ・Sは人間関係においてはいつも -なかでも道徳的なことがらに関しては- 大変きちんとしていた。《信頼を裏切るなどということはしたくないのです -それがあたりまえだと思ってきました》。子供のころから、自分とはなんの関係もないことでとがめられたりした場合にも、ひどく自信のない気持になるのだった。自分がなにか罪を犯したときには、自分を《けっして許せない》し、そのことを《けっして忘れられない》のだった。《何年かたってからでも、自分の罪のことがどうしても思い出されてくるのです》。実際に犯した罪状のひとつとしては、22歳のとき(つまり30年も前に)最初の婚約者と肉体関係をもったということが挙げられる。それ以来この罪の思い出は、折にふれて、大変な失敗をしてしまったという気持を伴って現れてくる。また終戦直後の窮乏時代に、妊娠を心配して、(夫の勧めで)椅子にわざと激しく腰をおろすという手法で生理を誘発しようとしたこと -それからさらに、《アンケートに嘘を書いて》、それが公務員である夫の地位にかかわるかもしれないと思ったことなども思い出された。
 メランコリーから回復した後に、彼女自身、これらの出来事について次のような意見を述べている。《他の人がそのようなことをする場合には、見過ごすことができるのです。でも私自身は、若いころから身についている義務感のために、自分のこととなるとそんなふうには見られないのです。そんなことは私の性質に反することですから(略)》(略)
 さて、メランコリーの中では、あらゆる過失がグロテスクに形を変えて彼女の口から語られる。14歳になる彼女の息子は糖尿病にかかっているが(これは事実であった)、これは最初の婚約者との不義の関係に対する神罰である。自分は子供をおろしたし、 -《心の中》だけではあったが- 浮気をした(事実彼女は、夫以外のある男性に《とても憧れて》いたことがあったが、その男はこのことをまったく知らなかった)。彼女が病院に入っているのは、自分の人生を台無しにしたからだ。というわけで、彼女は自宅で両手首の動脈と頸動脈とを切ったのだった。
 三回の入院に際しては、いつもきまってこんな風に妄想的に加工された負い目や罪の主題がメランコリー性精神病の中心におかれていた。その他、何よりも、重篤な抑止症状が彼女のメランコリー性精神病の特徴をなしていた。
 この症例においては、メランコリーの中へと陥って行く筋道が、前の症例ほど細部にわたってわかっていない。ただ、二年来くすぶっていた夫との葛藤が急激に先鋭化した時点で、精神病が始まっていることだけは確かである。彼女は夫の極端な性的願望のすべてに応じなかったため、夫は他の女性と関係をもった。このような状態は、1958年のクリスマスの前に危機的な局面を迎えた。3回目のメランコリー相がはじまったのはそのころである。(みすず版邦訳177~8頁、下線部は変更箇所)

 この症例の性格については、整理整頓とか仕事熱心さとして現れるような几帳面さについての言及はなく、人間関係上の道徳に関する几帳面さのみが紹介されています。症例記載をみる限り、他人への親切に努めるというわけでもありませんし、何らかの尽力を日常的に必要とするものは何もないようなのです。これは、テレンバッハの他の症例記載や理論的説明とは異なるものという印象を受けます(ここまでほかの症例では、日本で普通に論じられるメランコリー親和型と、その原典とされるテレンバッハ理論との相違について述べてきましたが、この症例は、そのテレンバッハ理論とも違う気がします)。

 このように自らの道徳的義務感を強調して訴える症例からは、私はどうしても、「自分はこれほど道徳的な人間である」という言外の自己愛的な主張を読み取ることも可能ではないかと思えてきます。

 あるいは、自らのかつての不義の関係や浮気にまつわる訴えを語ることは、妄想のなかで夫の仕打ちに対して復讐しているとの読みも可能と思います。夫の指示通りに月経誘発したことを自責したり、「夫が公務員の地位を失うのではないか」と訴えたりというあたりにも夫への攻撃性が隠れていそうです。

メランコリー [改訂増補版]

H. テレンバッハ(著), 木村 敏 (翻訳)

出版社: みすず書房; 改訂増補版 (1985/12/5)

« ヤスパース『原論』の再読(第二章第二~三節) | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第3章(2) »

精神病理学」カテゴリの記事

メランコリー」カテゴリの記事

テレンバッハ」カテゴリの記事

病前性格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレンバッハ『メランコリー』(11):

« ヤスパース『原論』の再読(第二章第二~三節) | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第3章(2) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ