« ヤスパース『原論』の再読(第三章第一節) | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第5章(2) »

2011年12月21日 (水)

フロイト全集19から『制止、症状、不安』第4章(3)

 この論文は何度もわからなくなって元に戻って読み返しているのですが、第4章にまたひとつ翻訳上の問題が見つかりました。

・・・その後私は、第三の症例として、ある若いアメリカ人を見出した。彼において動物恐怖症は形成されなかったが、まさにこの欠落ゆえに他の症例を理解する一助となるのである。彼の性的な蠢きは、彼が読み聞かせをしてもらうある空想的な子供用の物語によって燃え立つのだったが、それは、食べることのできる物質でできている人間(ジンジャーブレッドマン)を、食べてしまうために追いかけて捕まえるアラビアの酋長についてのものだった。彼自身この食べることのできる人間と同一化しており、酋長が父の代替物なのは容易に見て取れるが、この空想が彼の自体性愛的な活動の最初の基礎となった。父親に食われるという表象は、幼児が保持する典型的かつ太古的な財産であり、神話(クロノス)や動物生態との類似は広く知られている。
 このように病的性格を緩和させる事情があるにもかかわらず、この表象の内容は、私たちにとってやはり異様なものであり、これを子供において認めることができるとは信じがたいことである。(岩波版30~31頁、下線は引用者)

 一つ目の下線部の『容易に見て取れる』は『leicht kenntlich』、二つ目の『病的性格を緩和させる』は『Erleichterung』です。後者の語には『leicht』という部分が含まれることから、一つ目の下線部を踏まえており、『容易化』といった意味になると考えるのが自然だと思います。

 ですので二段落目は次のように訳したほうがつながりが分かりやすそうです。

 このような容易化にもかかわらず、この表象の内容は、私たちにとってやはり異様なものであり、これを子供において認めることができるとは信じがたいことである。(代案、下線は変更箇所)

 すでにこの章については二度
http://freudien.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-2784.html
http://freudien.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-44eb.html
扱っているので、それらと併せて参考にしていただければ幸いです。気づいては付け加える繰り返しになってしまて読みづらいでしょうが、これも、私にとってはその時々に考えたことの日記でもありますのでご寛恕ください。

1925-28年 否定 制止,症状,不安 素人分析の問題 (フロイト全集 第19巻) 

フロイト (著), 加藤 敏 (編集)

出版社: 岩波書店 (2010/6/26)

« ヤスパース『原論』の再読(第三章第一節) | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第5章(2) »

フロイト」カテゴリの記事

フロイト全集(岩波書店)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロイト全集19から『制止、症状、不安』第4章(3):

« ヤスパース『原論』の再読(第三章第一節) | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第5章(2) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ