« フロイト全集19から『制止、症状、不安』第6章 | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第8章 »

2012年1月29日 (日)

フロイト全集19から『制止、症状、不安』第7章

 岩波版の第7章の検討に進みます。

それゆえ、動物恐怖症の不安は、自我の危険に対する情動的反応である。ここで信号化される危険とは、去勢の危険である。(岩波版54頁)

 「自我の危険に対する情動的反応」の箇所ですが、「自我の」は、「危険」ではなく「反応」にかかります。日本語表現でそれを強調するとしたら「危険に対する、自我の情動的反応である」とでもすると良いかもしれません。

 また、「ここで信号化される危険」の箇所は原文で「die Gefahr, die hier signalisiert wird」なので、むしろ危険は信号で伝えられる内容であって、危険そのものが信号になるわけではないと思います。ですので「signalisieren」の訳としては「信号で知らせる」というのが素直で、上の箇所の訳としては「ここで信号で知らされる危険」とでもすべきでしょう。

 ところで、岩波版では、次の二箇所では「注意喚起の信号を送る」という訳がなされています。

症状は、不安の増長によって注意喚起の信号を送られる危険状況を避けるために作り出されるのだ、と言ったほうがより正しい。(岩波版56頁、下線は引用者)

こうして私たちには、不安は情動として注意喚起の信号を送るのみならず、状況の経済論的諸条件を出発点に新たに生み出されることになる、という第二の可能性をまのあたりにするのであることも考え併せねばならない。(岩波版58頁、下線は引用者)

 「信号で知らせる」とするにせよ「注意喚起の信号を送る」とするにせよ、もともと一語の動詞であった語なのに、「信号」という名詞を含む表現に訳してしまうと、意味は正しくても読みにくくなってしまうきらいがあります。私としては、上の3箇所はいずれも受動形なので、「信号される」という一語で訳しておいて、「信号」には「しら」というルビを振って、「知らされる」と読ませるのがシンプルでよいと思います。このブログではルビを振れないので、次のように表記しておきます。

それゆえ、動物恐怖症の不安は、危険に対する、自我の情動的反応である。ここで信号される[=知らされる]危険とは、去勢の危険である。(岩波版54頁の代案、下線は変更箇所)

症状は、不安の増長によって信号される[=知らされる]危険状況を避けるために作り出されるのだ、と言ったほうがより正しい。(岩波版56頁の代案、下線は変更箇所)

こうして私たちには、不安は情動として信号される[=知らされる]のみならず、状況の経済論的諸条件を出発点に新たに生み出されることになる、という第二の可能性をまのあたりにするのであることも考え併せねばならない。(岩波版58頁の代案、下線は変更箇所)

 次の箇所は、前後の文脈には波及しない短い箇所ですし、代案も並べて紹介します。

こうした限定が選択されるに際しては、彼の神経症すべてを支配しているさまざまな小児的な契機の影響が示されている。(岩波版55頁)

こうした限定が選択されるに際しては、神経症によって彼を支配しているさまざまな小児的な契機の影響が示されている。(代案)

 さらに次へ行きます。これも一文で完結する箇所なので、代案とまとめて紹介します。

しかし、超自我のいかなる側面を自我が恐れているのか、と問うならば、超自我による懲罰は去勢懲罰から発展的に形成されたものである、という考え方が浮かび上がる。(岩波版56頁)

しかし、超自我の側からの何を自我が恐れているのか、と問うならば、超自我による懲罰は去勢懲罰から発展的に形成されたものである、という考え方が浮かび上がる。(代案)

 最後は日本語の問題です。

私たちは不安を、これまでは危険の情動信号と見なしてきたが、今では不安は、去勢の危険に関することが非常に多い点からして、喪失、分離に対する反応であると私たちには見える。この結論に反するようないくつかの事柄も、これはすぐ後で示されるが、私たちは極めて奇妙な一致があることに驚かざるを得ない。(岩波版58頁)

 引用箇所の二文目の意味が私には読みとりにくいので、次のように提案します。

この結論に反するようないくつかの事柄 -これはすぐ後で示される- もあるかもしれないが、私たちは極めて奇妙な一致があることに驚かざるを得ない。(代案)

 なお、上に引用した一文目に含まれる「分離Trennung」は、たとえば41頁などで「欲動の分離」という際に用いられた「Entmischung」とは原語が違いますし、別の訳語、「分断」「切離」などが良いのではないかと思います。これは同じ58頁に何度も登場します。

 訳語について最後にまとめて指摘しておきます。52頁2~3行目の「結びつき」は他の箇所と統一するなら「拘束」とすべきです。逆に53頁の8~9行目の「制止」は、他の箇所で「制止」と訳されている語ではないので別の語にすべきで、「阻害」ぐらいが良いでしょう。同じく53頁14行目の「危機」は「危険」に、58頁1行目の「刺激量」は、「興奮量」とすべきです。

 蛇足ですが、次の引用箇所の「直接的direkt」の箇所は、私が使っているFISCHER社のポケット版の原文では「間接的indirekt」とありました。ネットでは「direkt」と書かれた原文が探せたので、おそらく岩波版のままで正しいでしょう。

不安を自我の危険に対する反応であるとみるならば、生き延びることができた生命の危険に引き続いて起こることが非常に多い外傷性神経症を、生命の不安あるいは死の不安の直接的帰結としてとらえるのは自然で、この場合、自我の依存性や去勢は考慮に入れられない。(岩波版56~57頁)

1925-28年 否定 制止,症状,不安 素人分析の問題 (フロイト全集 第19巻) 

フロイト (著), 加藤 敏 (編集)

出版社: 岩波書店 (2010/6/26)

« フロイト全集19から『制止、症状、不安』第6章 | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第8章 »

フロイト」カテゴリの記事

フロイト全集(岩波書店)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロイト全集19から『制止、症状、不安』第7章:

« フロイト全集19から『制止、症状、不安』第6章 | トップページ | フロイト全集19から『制止、症状、不安』第8章 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ