« 幻覚は見えるのか? | トップページ | 抑圧という意味で去勢を知ろうとしなかった・・・ »

2012年9月29日 (土)

下田、中ら『初老期鬱憂症の研究』5

 下田光造門下の論文の症例の続き、5例目です。

 

 初老期鬱憂症 軽鬱状態型 

 

  単純なる軽鬱状態

 

 症例5 今○誠○ 男、56歳、昭和7年9月29日入院、同12月15日退院。休職官吏。

 

 主訴 睡眠障害、沈鬱。家族歴 長兄若年時より精神異常を来し終生治癒せず、時々悪化し暴行することありしと言う

 

 既往歴 生来虚弱[、]時々感冒に罹る、常に胃腸病を患う。27.8歳の頃性病を患う。性格、正直、小心、自信なく、取越苦労、心配性、率直、責任感強く、謹勉なる実務家。大正12年3月軽度不眠症1ヶ月にて治癒、大正14年6月現病と同様の疾病を発し4ヶ月にて治癒。

 

 現病経過 本年8月14日家事上の経済的心痛あり、同夜中突然覚醒し、恐怖時の悪寒の如き寒気あり、次で全身に強く発汗し、気分悪しく熟睡不能なり。昼間も家事上の事及び現在の疾病が気になり気分転換せず、その頃より夜中或は午睡後 胃部より胸部にかけ名状し難き掻き廻す如き一種の苦感起る。気分は日により弛緩し悪き日は足蹠手掌に発汗し足蹠に「ムズムズ」する感あり、上衝、頭重あり、対話も不能なり、感情沈鬱となり、前途の暗黒感、厭世、決意困難、健忘あり、陰萎、便秘あり、口腔乾燥す。又2,3時間なれど時にかかる苦痛を全然忘却することありという。酒煙草を用いず。

 

 現症候 身体的に典型的肥満型、手掌足蹠湿潤、頭痛なく、左手に脱力感あり、手尖震戦す、膝蓋及アヒレス腱反射高度亢進、心音亢進、大動脈音高し、心尖は第5肋間乳腺上にあり、脈拍緊張し、橈骨動脈蛇行やや硬く、血漿最高170最低110を算す。精神的に顔貌やや苦悩性のほか著変なく談話正常なり、主観的に種々の苦痛を訴う。

 

 睡眠療法 投薬日数17日、スルフォナール全量32g、その後も少量のスルフォナールを続け、苦悩全く消失す、而かもなお時に心因性に発汗、心悸等を来すことあり、精神療法的説得によって全治せり。

 

 本例は 動脈硬化を伴う鬱憂症にして性格上心因性因子も多分に混在せり、然かも32gという大量のスルフォナールに堪え、何等の故障なく治癒せるは興味ある所なり。

 

 この症例の性格については、別表には『偏執性、神経質』とまとめられています(『偏執性』とは、後に下田が『執着性』と言い換えたものです)。

 

 これ以外の症例は、どちらかというと熱中性で社交性が目立つやり手な人物が多いのですが、この症例は『小心、自信なく、取越苦労、心配性』といった特徴を持ちます。このあたりが、『神経質』とされる特徴でしょうか。すでにみたように、症例3も、神経質性が加味されているとされていましたが、『不全感を有し、苦労性、遠慮』といった記載があります。今回の症例5について『性格上心因性因子も多分に混在せり』というのはこの点を指しているのでしょう。

 

 笠原がメランコリー親和型としてまとめた性格に近いこれらの人物は、下田らには純粋な類型の現れとはみられていないようです。

 

 病歴には、自責など抑鬱的な思考内容への変化がなく、そこら辺が『軽鬱状態型』とされるゆえんでしょう。テレンバッハならこのぐらいの症例はメランコリーと呼ばなかったかもしれません。テレンバッハがかなりの重症例のみをメランコリーと呼んでいたことは、すでにこのブログでも述べました。ここhttp://freudien.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-a81b.htmlをご参照ください。

« 幻覚は見えるのか? | トップページ | 抑圧という意味で去勢を知ろうとしなかった・・・ »

精神病理学」カテゴリの記事

メランコリー」カテゴリの記事

病前性格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下田、中ら『初老期鬱憂症の研究』5:

« 幻覚は見えるのか? | トップページ | 抑圧という意味で去勢を知ろうとしなかった・・・ »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ