« 下田、中ら『初老期鬱憂症の研究』6 | トップページ | 下田、中ら『初老期鬱憂症の研究』7 »

2012年11月23日 (金)

テレンバッハ『メランコリー』(17)

 今回はテレンバッハのメランコリー症例を扱う番です。

〈症例17〉1959年に初めて入院した54歳のマルガリーテ・Tは、もともと勤勉で几帳面な女性で、これまで一度も重い病気をしたことがなかった。数ヶ月前から、急激な血圧の動揺(最高170から220)があった。1959年2月のある夜、突然強い胸部圧迫感、顔の左半分のしびれ、東部の熱感などがからだを襲った。彼女はとっさに《卒中》を考えた。そのときから、心配で眠れなくなり、食欲がなくなり、だんだん楽しくない気持になって、仕事への意欲もなくなってきた。これらの身体症状はすぐ消えてしまったのに、彼女は《頭に腫瘍》があるのだと思い込んで、何人もの医者を訪れた。その間のある日、彼女は待合室で泣き叫んでいる子供を見た。その子の母親がいうには、その子はもう6週間も眠れないということだった。自分が眠れない夜には、その子のことが彼女の頭から離れなくなった。そして、《あの子はもう安眠できるようになっただろうか》ということばかりを考えるのだった。そのようなときにはまた、戦死した息子の思い出も心をはげしくしめつけ、息子はどんなにいろいろとひどいめにあったことだろうと考えるのだった。次第に著明なメランコリー症状が出揃ってきた。4週間の入院で、患者は良好な寛解に達して退院できた。家に戻った彼女は、非常に張り切って、いろいろなことをするのが楽しくてしようがなかった。そして、《新しい人生をもう一度開始しよう》という感じを抱いていた。
 退院後7日目に、隣家の78歳のお婆さんが卒中で倒れ、彼女はお婆さんをベッドに運ぶのを手伝った。お婆さんは彼女に、コニャックを持ってきてほしい、と頼んだきり口がきけなくなってしまった。この隣家の出来事で患者は強いショックを受けて、その晩は多量の睡眠薬をのんでも眠れなかった。以前のいろいろな不安がたちまち現われてきた。6日後の外来診察時には、彼女は再びメランコリーの状態に陥っており、前と同じような状態で再入院しなくてはならなかった。(下線は引用者が付した)

 例によって、翻訳上の問題から指摘しましょう。引用文中の、下線を付しておいた数箇所です。

 「非常に張り切って、いろいろなことをするのが楽しくてしようがなかったvoller Taetigkeitsdrang und Unternehmungslust sein」の箇所ですが、辞書で「Taetigkeitsdrang」は「活動〈行動〉欲」、「Unternehmungslust」は「進取の精神〈気性〉、冒険心」ですので、かなり浮かれて新たにいろいろなことに手を出す状態を表現しているような気がします(私の語感では、みすず版の訳では、家事など元通りの活動をいろいろするのが楽しいという程度に読めます)。なお、「Drang」「Lust」の精神医学上の定訳を用いて訳すなら「活動衝迫と行動欲に満ちていた」となります。

 「《新しい人生をもう一度開始しよう》」は、三人称の要求話法でしょうか、願望や命令をあらわす形になっていまして、「《新しい人生よ、もう一度始まれ》」です。これもドイツ語でどういうニュアンスか、またそれを日本語にどう移すか私には難しいところですが、いずれにせよこれにも患者がかなり浮かれている印象をもちます。

 これらの点もかんがみて、患者はかなり軽躁的な状態に至っていたと言えると思います。現代ではやはり双極性の因子の混入を疑われるかもしれません。

 薬もなかった時代に、治療開始後4週間で治ったり、またすぐメランコリー化したりといったスピードにも双極性を感じます。ただしこの再発については、治ったばかりのうつ病の人が、普段より活動性が高くなっている期間は、まだ本当には治ってないので容易に再発した、と考えたほうが良いのだろうとも思います。

 さて、この症例は、メランコリー型の患者の持ち前の几帳面さが、自己の健康への配慮として現われているばかりか、「他人の苦痛が自分の苦痛となり、ときとしては他人の病気のために自分まで本当に病気になってしまうというような共感的な傾向」の例として挙げられたものですが、こういう共感性も、やはり双極性障害の患者の病前性格に近いものと思います。性格としては笠原のメランコリー親和型性格にも合致するかもしれませんが、いったん悩み出すと何日も悩みつづけて増強していくあたり、下田の執着性格の記載の方が、よりこの患者を考察する上で役立ちそうです。

メランコリー [改訂増補版]

H. テレンバッハ(著), 木村 敏 (翻訳)

出版社: みすず書房; 改訂増補版 (1985/12/5)

« 下田、中ら『初老期鬱憂症の研究』6 | トップページ | 下田、中ら『初老期鬱憂症の研究』7 »

精神病理学」カテゴリの記事

メランコリー」カテゴリの記事

テレンバッハ」カテゴリの記事

病前性格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレンバッハ『メランコリー』(17):

« 下田、中ら『初老期鬱憂症の研究』6 | トップページ | 下田、中ら『初老期鬱憂症の研究』7 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ