« ヤスパース『原論』の遺伝論はまずかったのか… | トップページ | ラカン『精神病』1章再読 »

2017年1月 2日 (月)

今年もよろしくお願いいたします

 あけましておめでとうございます。

 ここ何年か、更新が滞りがちではありますが、過去の記事を読み返すと自分の今後の学会発表のネタが見つかったりして、自分にとってはそれなりに意味深いブログです。

 ここ数年、私の「今年の3冊」、を選んできましたが、昨年もまた、新刊はやはりほとんど読んでいないので、ぎりぎり選んだ3冊を紹介します。

①もっとも崇高なヒステリー者 ――ラカンと読むヘーゲル
2016/3/19
スラヴォイ・ジジェク、 鈴木 國文

②げんきな日本論 (講談社現代新書)
2016/10/19
橋爪 大三郎、 大澤 真幸

③コンビニ人間
2016/7/27
村田 沙耶香

 学生時代、ラカンを理解するためにジジェクを読もうとしていた頃はどうもピンときませんでしたが、ラカンをある程度理解してから読むジジェクはそれ自体が楽しく刺激的でした。

 ②も私の専門分野であるラカンに2箇所で言及されていて、しかも短いながらも精神分析家以上に深くえぐったコメントがさすがと思いました。それ以外の箇所も楽しく読めます。

 芥川賞で話題になった③は、主人公が自閉スペクトラム症ぽい特徴を備えていることで同僚たちの話題にもなっていましたし、私もそういう興味から読み始めましたが、実際のところ、私が知る自閉スペクトラム症の人たちには、異性に対してこの主人公ほど無関心なひとはいないという点がちょっとひっかかりました(みんながあんなふうに異性に無関心だったら、自閉スペクトラム症を起こしやすい遺伝子は子孫ができず淘汰されちゃって無くなってるはず)。まあ、それはそれとして、作品はあっという間に読めちゃうし楽しい1冊でした。

« ヤスパース『原論』の遺伝論はまずかったのか… | トップページ | ラカン『精神病』1章再読 »

ラカン」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501754/64712375

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もよろしくお願いいたします:

« ヤスパース『原論』の遺伝論はまずかったのか… | トップページ | ラカン『精神病』1章再読 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ