« ラカン『精神分析の倫理』4章再読 | トップページ | ラカン『精神分析の倫理』5章再読 »

2017年12月29日 (金)

ラカン『精神病』9章再読

 今回はラカン『精神病』9章、『無意味、そして神の構造』の再読です。

 この章でラカンは、シュレーバーの著書の内容の大部分は神学的でありながら、そこに摂理という働きへの言及は全く認められない、と指摘しています。そのあとラカンは、無いということを示すことは有るということを示すより難しい、とか、別の資料が見つかればそこには見つかるかもしれず論駁される可能性が捨てきれない、といった留保を置きながらも、「不在に注意を向けることは、構造を位置づけるために非常に重要なことなのです」(邦訳上巻208頁)と述べています。私はいつも、ラカンが自説の説明の合間合間にさしはさむこういう指摘にこそ、ラカンのセミネールが(理論内容がきわめて難解であったにもかかわらず)聴衆を集め続けた才覚を感じますし、自分の臨床への指針をもらいつづけています。この章には特にそういう指摘が多く感じます。

 この章は、翻訳には問題が少ないと思いますが、少しだけ言及しておきます。

患者が妄想者だからといって、最初から患者の体系はでたらめだと決めてしまってはいけません。(邦訳上巻199頁)

 「でたらめ」と訳されている語はdiscordantです。フランス語でdiscordanceは、統合失調症の症候学で用いられる概念で、不統一とか不調和と訳されます。濱田の『精神症候学』(弘文堂)によればシャスランが唱えた概念のようです。ドイツ語圏での「分裂」に近い意味でしょうか。ここはその形容詞形ですので、精神医学用語で訳したいところですし、現代日本では「統合失調」と訳しても良いかもしれません。

患者が妄想者だからといって、最初から患者の体系は不調和[=統合失調]だと決めてしまってはいけません。(代案)

 次も些細なところです。

だから精神科医が患者に投げかける質問の最大の関心は、ペギーが最近の著書で言っているように、小さな穴にボルトを戻すことができるかどうかということでしょう。ペギーは、自分の体験を話すことによって、大変な破局が不意に起こったのに事態は以前と変わっていないのだと思おうとする精神科医達のことを言っているのです。そういう精神科医は患者に「順序立てて話してください」と言います。それでもう、その後の章立ては決まってしまうのです。(邦訳200頁)

 この「ペギー」が、詩人・思想家であるPeguy(1873-1914)だとすれば、セミネールが行われたのは没後50年以上経ってからですので、「最近の著書ses derniers ecrits」は間違いで、「最後の著作群」じゃないでしょうか。最後なのに複数なのは不思議ですが、このペギーは戦死したようなので遺稿としての書きつけ(ecrit)が残っているのかも知れません。ここではいちおう、我われの知らないペギーさんであっても良いように、細かいところまで直訳にしてみます。ただし、「小さな穴にボルトを戻す」の箇所は複数形が使われているので「それぞれに」と補いました。

だから精神科医が質問を投げかける際の最大の関心は、ペギーが最後の著作群で言っているように、小さな穴のそれぞれにボルトを戻すことでしょう自分が引き受けた体験を話しつつ、ペギーは、大変な破局が宣告されたのに諸物は以前と変わらぬ関係を保っているのだと思おうとする人々のことを言っているのです。彼らは病人に「順序立てて話してください」と言います。それでもう、章立ては決まってしまうのです。(代案)

 次も細かいところです。

この間読みあげた一節についてシュレーバーが強調しているように、そのディスクールが立てる音は、患者がひそひそ声と呼ぶほど小さなものです。(邦訳上巻201頁)

この間読みあげた一節シュレーバーが強調しているように、そのディスクールが立てる音は、患者がひそひそ声と呼ぶほど小さなものです。(代案)

 今回は以上です。

精神病〈上〉
ジャック ラカン (著), ジャック・アラン ミレール (編集), 小出 浩之 (翻訳), 川津 芳照 (翻訳), 鈴木 国文 (翻訳), 笠原 嘉 (翻訳)
出版社: 岩波書店 (1987/03)

« ラカン『精神分析の倫理』4章再読 | トップページ | ラカン『精神分析の倫理』5章再読 »

ラカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラカン『精神病』9章再読:

« ラカン『精神分析の倫理』4章再読 | トップページ | ラカン『精神分析の倫理』5章再読 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ