« ラカン『精神病』10章再読 | トップページ | ラカン『精神分析の倫理』7章再読 »

2018年1月27日 (土)

ラカン『精神分析の倫理』6章再読

 今回はセミネール7巻6章、『道徳的法則について』の翻訳の検討です。

 この章も、翻訳の大きな問題点は少ないと思います。まず、悪い対象と良い対象というクラインの概念を扱っている箇所です、

主体は悪い対象への通路をいささかも持っていません。善に対してさえ主体はすでに距離を取っているではありませんか。(邦訳上巻110頁)

主体は悪い対象への通路をいささかも持っていません。良いもの[=良い対象]に対してさえ主体はすでに距離を取っているではありませんか。(代案)

 ここは、哲学的文脈で繰り返し用いられてきた「bien善」ではなく、「bon良い」が用いられています。

 次です。微妙ですが、二つ目の下線部のニュアンスは自分には大きなものに思えます。

 こうして現代科学の頂点では、カントの命令法は一新されて姿を現します、それは、エレクトロニクスやオートメーションの言葉を使えば、「汝の行為がプログラミングされているようにのみ行動すべし」と表現できましょう。(邦訳上巻116頁) 

 こうして現代科学の頂点では、カントの至上命令は一新されて姿を現します、それは、エレクトロニクスやオートメーションの言葉を使えば、「汝の行為がプログラミングされてありうるようにのみ行動すべし」と表現できましょう。(代案) 

 さいきんの若い医師・看護師たちには、「自らの行為がマニュアル化されてありうるように行動すべし」と考えていそうな人もいるのを見るにつけ、私にはラカンのこの指摘は臨床現場でアクチュアルなものと感じられます。医療観察法などを担当している職員はいっそうそうなっていきます。といいながら、自分も年々そういう傾向に染まっている気もします。

 次は、2つの箇所の関連を指摘したいところです。

「汝は隣人の家を欲してはならない。汝の隣人の妻、男女の奴隷や、牛、ロバ、さらには汝の隣人のものを一切欲してはならない」(邦訳上巻124頁)

たとえば、<法>が「むさぼるな」と言わなかったら、私はむさぼりを知らなかったでしょう。ところが、<もの>は機会あるごとに命令によってあらゆる種類のむさぼりを私の内にひきおこします。(邦訳上巻125頁)

 下線を付した箇所はすべて、動詞convoiterかその名詞形convoitiseなので、統一するなら「渇望(する)」でしょうか。

 上の2箇所を含む長い引用になりますが、細々とした訂正点が多い次の箇所を取り上げて代案をお示ししておきます。

…「汝は隣人の家を欲してはならない。汝の隣人の妻、男女の奴隷や、牛、ロバ、さらには汝の隣人のものを一切欲してはならない」。
 家とロバとの間に妻が置かれているので、多くの人が、ここではベドゥインやアラビアや北アフリカの原始社会の法が述べられていると考えました。私はそうは思いません。
 この法は、これを毎日破る男の心のなかに、少なくとも隣人の妻に関する部分を毎日破る男の心の中に、今でも生きています。この法は、ここでの我々の対象つまり「das Ding」との間に、何らかの関係があるに違いありません。
 というのは、この命令で言われていることは、善[財産]なら何でもというわけではないからです。交換の法をつくろうというのでもありませんし、人間の本能の運動や「激しさimpetus」を合法性や -こう言ってよければおかしな合法性や- 社会的「保証Sicherung」で覆い隠そうとするわけでもないのです。ここで言われているのは、「der Trug嘘」とか「das Ding」のような、人間存在がその中で休息することのできるものときわめて密接な関係を持つ限りでのみ価値があるもののことです。「das Ding」は、人間の善の相関物ではなくて、人間がそこで休息するものです。さらに言うなら、「das Ding」とはパロールの法の、最も原初的な相関物であり、それはつまり「最初に「das Ding」があった」という意味であり、「das Ding」とは主体が名づけ分節化し始めたものから分離されえた最初のものなのです。そして「欲してはならない」と言われているのは、私が欲望するものすべてにではなく、私の隣人の<もの>である限りでの事物へと向けてなのです。
 パロールそのものによって打ち立てられるものとしての<もの>とのこの距離を維持する限りにおいて、この命令はその意義を持つのです。
 しかしここで、我々はどこに辿りつくのでしょう。
 <法>は<もの>でしょうか。決してそうではありません。しかし<法>によらなければ、私は<もの>を知らなかったでしょう。たとえば、<法>が「むさぼるな」と言わなかったら、私はむさぼりを知らなかったでしょう。ところが、<もの>は機会あるごとに命令によってあらゆる種類のむさぼりを私の内にひきおこします。<法>がなければ<もの>は死んでいるのです。私はかつて<法>と関わりなく生きていました。しかし命令が登場したとき、<もの>は燃え上がり、生き返って、私は死にました。(邦訳124~125頁) 

…「汝は隣人の家を渇望してはならない。汝の隣人の妻、男女の召使いや、牛、ロバ、さらには汝の隣人に属するものを一切渇望してはならない」。
 家とロバとの間に妻が置かれているので、多くの人が、ここではベドゥインやアラビアや北アフリカの原始社会の要請が述べられていると考えました。私はそうは思いません。
 この法は、これを毎日破る男の心のなかに、少なくとも隣人の妻に関する部分を毎日破る男の心の中に、今でも生きています。この法は、ここでの我々の対象つまり「das Ding」との間に、何らかの関係があるに違いありません。
 というのは、[この法で]言われていることは、善[財産]なら何でもというわけではないからです。[言われているのは]交換の法をなすものでもありませんし、人間の本能の運動や「激しさimpetus」を -こう言ってよければ心地よい- 合法性や社会的「保証Sicherung」でカバーするものでもないのです。ここで言われているのは、これら諸対象のいずれもが、「der Trug欺瞞」とか「das Ding」のような、人間存在がその中で休息することのできるものときわめて密接な関係を持たずにいないという限りでのみ価値がある何かです。「das Ding」は、人間のの相関物ではなくて、人間がそこで休息するような善です。さらに言うなら、「das Ding」とはパロールの法の、最も原始的な起源における相関物であり、それはつまり「最初に「das Ding」があった」という意味であり、「das Ding」とは主体が名づけ分節化し始めたものから分離されえた最初のものなのです。そして[この命令で]言われているのは、私が欲望するものすべてにではなく、私の隣人の<もの>である限りでのものへと向けての渇望なのです。
 パロールそのものによって打ち立てられるものとしての<もの>とのこの距離を維持する限りにおいて、この命令はその価値を持つのです。
 しかしここで、我々はどこに辿りつくのでしょう。
 <法>は<もの>でしょうか。決してそうではありません。しかし<法>によらなければ、私は<もの>を知らなかったでしょう。たとえば、<法>が「渇望するな」と言わなかったら、私は渇望の概念を持たなかったでしょう。ところが、<もの>は機会あるごとに命令によってあらゆる種類の渇望を私の内にひきおこします。なぜなら<法>がなければ<もの>は死んでいるのです。私はかつて<法>と関わりなく生きていました。しかし命令が登場したとき、<もの>は燃え上がり、生き返って、私は死を見出しました。(代案)

 細かいところばかりになりました。もとの和訳と大きな違いはないかもしれません。

  今回は次が最後です。聖パウロの『ローマ人への手紙』に言及された直後の箇所です。

ある筋の人々がどう考えていようと、偉大な神学者たちは良い読み手ではないと考えるのは間違いです。私自身彼らの著書に没頭してみて損をしたことはありません。わけてもこの著者[ルター]を、みなさんのヴァカンスの宿題として示しておきたいのですが、彼はヴァカンスの友として悪くないでしょう。(邦訳上巻125頁)

ある筋の人々がどう考えていようと、聖なる[=聖書を構成する]著作群は良い読み物ではないと考えるのは間違いです。私自身それらに没頭してみて損をしたことはありません。わけてもこれを、みなさんのヴァカンスの宿題として示しておきたいのですが、これはヴァカンスの友として悪くないでしょう。(代案)

 最初の部分、「les auteurs sacres」の「auteur」は、「著者」ではなく、「著者の作品」という意味に取るべきと思います。そうすると、ここで言及されているのは、邦訳で角括弧内に補足されているルター(次章で大きく取り上げられます)ではなく、直前に言及されている聖パウロとその著作を指すでしょう。

 なお、この「auteur」という語について、邦訳上巻145頁では「les auteurs religieux」が「宗教上の著作」と訳されたあと、訳文内で「書き手」とも言い換えられてうまく処理されています。

 今回はここまでにします。

精神分析の倫理 上
出版社: 岩波書店 (2002/6/26)
ジャック・ラカン   (著),‎ ジャック・アラン・ミレール (編集),‎ 小出 浩之 (翻訳) 

« ラカン『精神病』10章再読 | トップページ | ラカン『精神分析の倫理』7章再読 »

ラカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラカン『精神分析の倫理』6章再読:

« ラカン『精神病』10章再読 | トップページ | ラカン『精神分析の倫理』7章再読 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ