« ラカン『精神分析の倫理』9章再読 | トップページ | ラカンが引用したアラゴンの作品の登場人物、アン=ナディとは誰か? »

2018年4月30日 (月)

ラカン『精神分析の倫理』10章再読

 9章はほとんど翻訳に手を入れるべき箇所はありませんでしたが、10章もざっとみたところ、手を入れたくなる箇所は少ない印象です。

 まず取り上げるのは次の箇所です。下線部冒頭を、私は分詞構文と取りました。 

科学のディスクールはこの「排除」によって定義されます。おそらくだからこそ、科学のディスクールが行き着くパースペクティヴでは、現実界へと再出現してくる象徴界から排除されたもの -私の定式では- は、物理学の用語で描かれる<もの>と同じくらい謎めいているのです。(邦訳上巻198頁)

科学のディスクールはこの「排除」によって定義されます。おそらくだからこそ、科学のディスクールが行き着くパースペクティヴでは、-象徴界から排除されたものは、私の定式では現実界へと再出現してきますから- 物理学の用語で浮かび上がるものは、<もの>と同じくらい謎めいているのです。(代案)

 次はreliefという一単語の語釈の問題です。

遠近法の消失線のために絵画自身がその輪郭を失うある角度から見ると、髑髏が現れるのが見えます。(邦訳上巻204頁)

遠近法の消失線のために絵画自身がその奥行きを失うある角度から見ると、髑髏が現れるのが見えます。(代案)

 最後は、ドイツ語の転記の際に複数形を単数形にしてしまった箇所です。本書でラカンは、快楽原則を、思考・表象のスムーズな連鎖の原則として捉える狭い解釈を試みており、そのために「表象Vorstellung」という語の単複を厳密に使い分けて対比させているようにみえますし、それを邦訳も忠実に転記しています。以下の箇所も、(単数の箇所との対比はありませんが)複数であるべきと思います。

つまり快楽原則は基本的に「備給Besetzung」の次元で、「通道Bahnung」の次元で遂行されます。(邦訳上巻207~8頁)

つまり快楽原則は基本的に「備給Besetzung」の次元で、「通道Bahnungen」の次元で遂行されます。(代案)

 この章は内容的に難解ではありますが、翻訳についてはこれぐらいしか気づけませんでした。何年か経ってもう一度読み返す機会があればまた違う感想を持つかもしれませんが。

精神分析の倫理 上
出版社: 岩波書店 (2002/6/26)
ジャック・ラカン   (著),‎ ジャック・アラン・ミレール (編集),‎ 小出 浩之 (翻訳)

« ラカン『精神分析の倫理』9章再読 | トップページ | ラカンが引用したアラゴンの作品の登場人物、アン=ナディとは誰か? »

ラカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラカン『精神分析の倫理』10章再読:

« ラカン『精神分析の倫理』9章再読 | トップページ | ラカンが引用したアラゴンの作品の登場人物、アン=ナディとは誰か? »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ