« ラカン『精神病』5章再々読(1節まで) | トップページ | ラカン『精神病』5章再々読(2節から) »

2021年5月18日 (火)

テレンバッハ『メランコリー』(20)

 久しぶりに、テレンバッハの主著『メランコリー』に紹介された症例の検討の続きをしましょう。

 今回は「症例20」を扱う番ですが、じつはこの症例は、翻訳上の問題がほとんどないことと、病前性格についてはほとんど説明がないことから、どう扱ってよいかとしばらく迷っていました。単に要約するだけの紹介というのでは面白くありません。ここらへんは、症例19から妊娠・出産がメランコリーのきっかけとなるような症例がいくつか並んでいる文脈なのですが、ちょうど、症例19の前頁になぜか症例番号なしの別枠で紹介されている例が興味深いのでそちらを取り上げてみましょう。

 ドイツ語では、「Hoffnung希望」という語を用いた「in Hoffnung sein希望の中にある」という言い方で、婉曲に「妊娠している」という意味になるという事実が、まずは前提にあるようです。

 次に紹介する女性患者は、「心から結婚を望んでいたが、結婚後、彼女の女友達の婚礼の後で、はじめて生理期間中に憂鬱になった。この場合、月経がきたということは、「まだ[子供が]期待できない」ということと同義であった」「女性は月経期間中は例外なく「期待」のない状態にある」といった前置きの後で紹介されています。

女性患者フランツィスカ・Wは、いつも陽気で、ことのほか働き者で、良心的で自制心の強い女性であり、結婚前に性的関係を持ったことはなかった。彼女は子供をたくさんほしかったが、夫は反対だった。患者には、夫のこの無欲さがよくわからなかった。彼女は、自分が孤独で無視されていると感じ、そのために悲しい憂鬱な気持ちになった。このような状況で(1922)、義兄との間にごくときたま内密な関係を持つようになった。そのことは誰にも知られず、彼女はそれを《懺悔して済ませて》しまっていた。1927年のある日、姦通は重く罰せられるということを本で読んで、このことが9か月間、彼女の頭を離れなかった。彼女は徐々にメランコリーに陥って、明けても暮れても、《私は罪を犯した、夫に対する不義をはたらいた》といって自分を責めた。当時夕方夫が帰宅すると、彼女の気分は軽くなった。この時期に生理がとまった。彼女は妊娠の期待を抱いた。そして、短期間でメランコリーは消褪した。

 ここで、最後から二つ目の文、「彼女は妊娠の期待を抱いた」は、原文で「Sie kam in Hoffnung.」とありますが、「in Hoffnnung kommen」は端的に「妊娠する」という意味のようですから、翻訳は「彼女は妊娠した」とすべきと思います。そうであればこそ、ドイツ語の慣用用法と月経中の気分との関連についての前置きが生きてくるでしょう。

 生物学的には、月経前に抑うつ・不機嫌になって月経が始まると改善するということが多いと思いますが、この例のように月経開始とともに気分が落ち込む場合には、妊娠の期待との関連を考えてみても良いのかもしれません。

 それにしても、この女性は、「良心的で自制心の強い女性」とされながら、義兄と姦通してしまうというのがどうもアンバランスであって、ここらへんは、例によって、本書全体で主張されている病前性格論と、実際に紹介される個々の症例の行動特徴とがしばしば一致しないという難点の好例だといっても良いと思います。本書では、不倫関係があったと言及されるのはここまでで3人目です。医師に不倫歴を告白したのが20人中3人ということは、実際にはもっと居たのでしょう。これは当時の一般の不倫率と比べて多いのかどうかはわかりませんが、メランコリー患者群の病前のあり方は、並外れて良心的だとまではいえない、とは言ってよいのではないでしょうか。

メランコリー [改訂増補版]
H. テレンバッハ(著), 木村 敏 (翻訳)
出版社: みすず書房; 改訂増補版 (1985/12/5)

« ラカン『精神病』5章再々読(1節まで) | トップページ | ラカン『精神病』5章再々読(2節から) »

精神病理学」カテゴリの記事

メランコリー」カテゴリの記事

テレンバッハ」カテゴリの記事

病前性格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラカン『精神病』5章再々読(1節まで) | トップページ | ラカン『精神病』5章再々読(2節から) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ