« ラカン『フロイト的もの』(エクリ403頁) | トップページ | ラカン『フロイト的もの』(エクリ405~6頁) »

2021年9月23日 (木)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ404~5頁)

 ラカンの『精神病』のセミネールからの行きがかりで読み始めたウィーンでの講演録『フロイト的もの』ですが、まだ前置きのあいさつ的な箇所が続きます。今回はなんとか1頁ちょっと進んで、前置き部分を終わらせようと思います。

 ところがdiscipline(仏語では英語よりも意味が狭いようです)やexerciceといった語にどういう訳語がふさわしいかさえまだ自信がなく、訳文の中に残しておきました。もっと後ろを読んでから立ち戻って訳語を変えるかもしれません。

 以下の2段落目に出てくる3人の人名(+敬称)のうち、一人目のHoff教授とは、ネットで検索するとすぐに出てくるHans Hoffのことでしょうか。2人目の「Dr Dozent Arnold」は、「Dozent」にはドイツ語で講師や教官という意味があるので、ファーストネームではないだろうとみなしました。ネットで探した範囲で該当しそうなのは、Hans Hoff教授の部下であったとも書かれているOttokar Arnoldでしょうか。最後に挙げられた人名Igor Carusoはフルネームなのでネットで検索すると一発で出てきますが、けっこう有名な心理学者のようです。

 その段落は畑や開墾をほのめかしていそうな言葉が並ぶ部分があったりしたあと、最後の文がさらにとてもわかりにくいのですが、「devoir à qc de inf. ~に~の恩恵を受けている、~は~のおかげである/~を~から得ている、~は~から由来する」という言い回しが、3回繰り返されているものと取り(原文に下線を引いておきました)、その1回めのなかの「de vous faire」の目的語が「la causerie 」だと考えました。

 というわけで、次のように訳を考えてみました。

 Textes qui se montrent comparables à ceux-là même que la vénération humaine a revêtu en d’autres temps des plus hauts attributs, en ce qu’ils supportent l’épreuve de cette discipline du commentaire, dont on retrouve la vertu à s’en servir selon la tradition non pas seulement pour replacer une parole dans le contexte de son temps, mais pour mesurer si la réponse qu’elle apporte aux questions qu’elle pose, est ou non dépassée par la réponse qu’on y trouve aux questions de l’actuel.

 これらのテキストは、注釈による検討に耐えるという点で、かつて人間の崇拝がきわめて高い属性で包んできた諸テキストに比肩するものです。この注釈という学業訓練disciplineの利点が再発見されるのは、伝統に従って、ただパロール[=神の啓示の言葉の意あり]をその時代の文脈のなかに置き直すためだけに役立つことによることではありません。むしろ、そのパロールが提起するいくつもの問いにそのパロール自らがもたらす答えが、当面の問いに人びとがそこで見出している答えによって凌駕されているか否かを測るために、役立つことによるのです。

 Vous apprendrai-je quelque chose, à vous dire que ces textes auxquels je consacre depuis quatre ans un séminaire de deux heures tous les mercredis de novembre à juillet, sans en avoir encore mis en œuvre plus du quart, si tant est que mon commentaire suppose leur ensemble, – nous ont donné à moi comme à ceux qui m’y suivent, la surprise de véritables découvertes ? Elles vont de concepts restés inexploités à des détails cliniques laissés à la trouvaille de notre exploration et qui témoignent de combien le champ dont Freud a fait l’expérience, dépassait les avenues qu’il s’est chargé de nous y ménager, et à quel point son observation qui donne parfois l’impression d’être exhaustive, était peu asservie à ce qu’il avait à démontrer. Qui n’a pas été ému parmi les techniciens de disciplines étrangères à l’analyse que j’ai conduit à lire ces textes, de cette recherche en action : que ce soit celle qu’il nous fait suivre dans la Traumdeutung, dans l’observation de l’Homme aux loups ou dans l’Au-delà du principe du plaisir ? Quel exercice à former des esprits, et quel message à y prêter sa voix ! Quel contrôle aussi de la valeur méthodique de cette formation et de l’effet de vérité de ce message, quand les élèves à qui vous les transmettez, vous apportent le témoignage d’une transformation survenue parfois du jour au lendemain de leur pratique, devenue plus simple et plus efficace avant même qu’elle leur devienne plus transparente. Je ne saurais vous rendre un compte extensif de ce travail dans la causerie que je dois à l’amabilité de M. le Professeur Hoff de vous faire en ce lieu de haute mémoire, à l’accord de mes vues avec celle du Dr Dozent Arnold d’avoir eu l’idée de la produire maintenant devant vous, à mes relations excellentes et déjà datées avec M. Igor Caruso de savoir quel accueil elle rencontrerait à Vienne.

 私が4年前から11月から6月までの毎水曜日、2時間のセミネールを費やしてきたこれらのテキストのうち、私の注釈がその全体を前提にしているとすればまだその四分の一しか利用されていないにもかかわらず ・・・我われに、つまり私と私についてくる者たちとに、これらのテキストが本当の発見の驚きをもたらした、と私がみなさんに言うとしたら、それで私はみなさんに何かを教えることになるでしょうか[そんなことはみなさんにも当たり前のことでしょう]。そうした発見は、我われの探索による掘り出しに委ねられたさまざまな臨床的細部のなかに、利用[=開墾]されないまま残っている諸概念に由来します。フロイトが経験した領野[=畑]は、フロイトが我われのためにそこに用意することを引き受けた通り道よりもいかにはるか上を行っていたか、また、時には網羅的であるとの印象も与える彼の観察記録は、彼が論証すべきであったものに、いかなる点でほとんど縛られていなかったか、それらの概念が証言しています。分析とは無縁の学業訓練disciplineを受けた技法家たちの中で、私がこれらのテキストを読むように導いた者のうち、いったい誰が、まさに活動中のこの研究に心を動かされなかったというのでしょうか。『夢解釈』においても『狼男』の観察記録においても、はたまた『快原理の彼岸』においても、フロイトが我われを付き従わせる研究のことです。なんという務めexerciceが人びとを養成することでしょうか、なんというメッセージが彼の代わりに声を挙げていることでしょうか。なんという制御が、この養成の方法的な価値と、このメッセージの真理としての効果に及んでいることでしょうか。みなさんによってそれら[=この養成の方法的価値とこのメッセージの真理効果]を伝達される弟子たちは、時として一夜にして現われた変容についてみなさんに証言をもたらします。彼らの実践はいっそう透明明白になるのですがその前にすでにいっそう単純かつ有効になるのです。私はこの仕事について、この懇談においてはみなさんに幅広い報告ができそうもありません。なおこの古き思い出を残した場でみなさんにこの懇話を行うことについてはホッフ教授氏の好意のおかげですし、いまみなさんの前でこの懇話を産み出そうと思いついたのはアルノルト講師のもくろみと私のもくろみとの一致のおかげであり、さらにこの懇話がウィーンでどんな歓迎に出会うかを知り得たのはイーゴル・カルーソー氏と私とのすでに古くからの卓越した関係のおかげでもあります。

 Mais je ne puis oublier aussi les auditeurs que je dois à la complaisance de M. Susini, directeur de notre Institut français à Vienne. Et c’est pourquoi au moment d’en venir au sens de ce retour à Freud dont je fais profession ici, il me faut me demander si, pour moins préparés qu’ils soient que les spécialistes à m’entendre, je ne risque pas de les décevoir.

 しかも私は、フランスの我われの研究所のウィーン局長であるスシーニ氏のはからいのおかげで集まりいただいている聴衆のみなさんを忘れるわけにはいきません。そしてだからこそ私は、ここで私が標榜しているこのフロイトへの回帰の意味に着手するとき、私から聞くことに対して聴衆のみなさんが専門家たちよりもいかに準備不足であろうとも、私が彼らを失望させるおそれがあるのではないかと自問しないわけにはいかないのです。

 最後の自問には、次の節の冒頭で、決して失望させるおそれはないでしょう、と強く否定されます。

 訳文だけ読むとどうしてもちんぷんかんぷんですが、原文と併記することで、なんとか話の筋を追える形になっていると良いのですが。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

« ラカン『フロイト的もの』(エクリ403頁) | トップページ | ラカン『フロイト的もの』(エクリ405~6頁) »

ラカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラカン『フロイト的もの』(エクリ403頁) | トップページ | ラカン『フロイト的もの』(エクリ405~6頁) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ