« ラカン『精神病』5章から『フロイト的もの』論文へ | トップページ | ラカン『フロイト的もの』(エクリ403頁) »

2021年9月12日 (日)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ402頁)

 ラカンの『精神病』のセミネールから行きがかり上、『フロイト的もの』を読んでいます。

 『エクリ』402頁は次のような感じかなと思います。ここは、フロイトを称える記念碑がウィーンに作られたのが、精神分析家の団体によってではなかったことを嘆く文脈を受けた箇所です。

 Défaillance symptomatique, car elle trahit un reniement qui ne vient pas de cette terre où Freud de par sa tradition ne fut qu’un hôte de passage, mais du champ même dont il nous a légué le soin et de ceux à qui il en a confié la garde, je dis du mouvement de la psychanalyse où les choses en sont venues au point que le mot d’ordre d’un retour à Freud signifie un renversement.

 症候的な怠慢です。というのも、この怠慢は裏切りを漏らし伝えているからです。この裏切りは、伝説によればフロイトが行きずりの客でしかなかったこの土地から来るものではなく、むしろ、フロイトが我われに手入れを委ねて遺贈した領野と、彼がその管理を委ねた者たちとから来るもの、つまりは精神分析運動から来るものです。精神分析運動においては、フロイトへの回帰というスローガンがちゃぶ台返しを意味するほどにまで、事態が行き着いてしまったのです。

 Bien des contingences sont nouées dans cette histoire, depuis que le premier son du message freudien a retenti avec ses résonances dans la cloche viennoise pour étendre au loin ses ondes. Celles-ci parurent s’étouffer dans les sourds effondrements du premier conflit mondial. Leur propagation reprit avec l’immense déchirement humain où se fomenta le second, et qui fut leur plus puissant véhicule. Tocsin de la haine et tumulte de la discorde, souffle panique de la guerre, c’est sur leurs battements que nous parvint la voix de Freud, pendant que nous voyions passer la diaspora de ceux qui en étaient les porteurs et que la persécution ne visait pas par hasard. Ce train ne devait plus s’arrêter qu’aux confins de notre monde, pour s’y répercuter là où il n’est pas juste de dire que l’histoire perd son sens puisqu’elle y trouve sa limite, où l’on se tromperait même à croire l’histoire absente, puisque, déjà nouée sur plusieurs siècles, elle n’y est que plus pesante du gouffre que dessine son horizon trop court, mais où elle est niée en une volonté catégorique qui donne leur style aux entreprises : anhistorisme de culture, propre aux États-Unis de l’Amérique du Nord.

 この歴史には多くの偶発事が結びついています。フロイトのメッセージの最初の音がその反響とともにウィーンの鐘へと響き、その波を遠くに広げました。この波は、第一次世界紛争による、聞く耳のない没落・内にこもった意気消沈のなかにかき消されるようにみえた。それらの伝播は、人間の甚大な分断と共に再開したが、そこで第二次[世界紛争]が醸成され、しかもそれは波の最も強力な運搬者でもあった。フロイトの声の配達人であった者たち、迫害に狙われたのも偶然ではなかった者たちの、民族四散が起こるさまを我われが見ているあいだに、憎悪の警鐘、対立の喧噪、戦争の突然の息吹、これらの衝撃音のうえで、フロイトの声が我われまで届いた。この進行/隊列はもはや、我われの世界の果てまで、そこで跳ね返るまで、停止するはずはありませんでした。そこでは、歴史がその限界を見出している以上その意味を失っている、などと言うのは正しくありません ・・・そこでは、歴史など在りはしないと信じることで人びとは思い違いをしていました、なにしろ歴史は、すでに数世紀にわたって入念に仕組まれていて、そのあまりに狭い地平/展望が構想する深淵をいっそう重く背負うしかないからです。・・・しかしそこでは、文化の刹那性[=非歴史性]という、北アメリカ合衆国に固有の企てにそのスタイルをもたらす断固とした意志でもって、歴史は否定されています。

 C’est cet anhistorisme qui définit l’assimilation requise pour être reconnu dans la société constituée par cette culture. C’est à sa sommation qu’avait à répondre un groupe d’émigrants qui, pour se faire reconnaître, ne pouvaient faire valoir que leur différence, mais dont la fonction supposait l’histoire à son principe, leur discipline étant celle qui avait rétabli le pont unissant l’homme moderne aux mythes antiques. La conjoncture était trop forte, l’occasion trop séduisante pour qu’on n’y cédât pas à la tentation offerte : d’abandonner le principe pour faire reposer la fonction sur la différence. Entendons bien la nature de cette tentation. Elle n’est pas celle de la facilité ni du profit. II est certes plus facile d’effacer les principes d’une doctrine que les stigmates d’une provenance, plus profitable d’asservir sa fonction à la demande, mais ici réduire sa fonction à sa différence, c’est céder à un mirage interne à la fonction même, celui qui la fonde sur cette différence. C’est y faire retour au principe réactionnaire qui recouvre la dualité de celui qui souffre et de celui qui guérit, de l’opposition de celui qui sait à celui qui ignore. Comment ne pas s’excuser de tenir cette opposition pour vraie quand elle est réelle, comment ne pas de là glisser à devenir les managers des âmes dans un contexte social qui en requiert l’office. Le plus corrupteur des conforts est le confort intellectuel, comme la pire corruption est celle du meilleur.

 この刹那性こそが、この文化によって構成される社会に認められるために要請される同化を規定しています。その勧告にこそ、亡命者たちのグループは応えなければならなかったのです。亡命者たちは、認めてもらうために、彼らの差異[=持ち味]を際立たせるしかありませんでしたが、彼らの教義は現代人と古代神話とを結ぶ橋を架け直したものですから、彼らの職務はその原理上、歴史を想定しています。局面はあまりにきつく、その機会はあまりに魅力的であったので、提示される誘惑に譲らずにはいられず、差異[=持ち味]で職務を基礎づけるために原理を放棄することになりました。この誘惑の本性をよく理解しましょう。容易さとか利益といった本性ではありません。教義の諸原理を消去することは、出自のスティグマを消去するよりも確かに容易ですし、自らの職務を要求に従わせるほうが得になります。しかしここで自らの職務を自らの差異[=持ち味]に還元することは、職務そのものに内在する幻影に、つまりこの差異[=持ち味]で職務を基礎づける幻影に、譲ることです。それは、苦しむ者と治す者の二元性を、知る者と無知な者との対置で覆い尽くすという反動的原理で、そこへ返還されることです。この対置は現実的なのにそれを真であると捉えることをどうして弁解せずにいられるでしょうか、そうしてそこから横滑りして魂のマネージャーにならずにいられるでしょうか、そういう役目を要請するような社会的文脈の中で。快適さの最大の劣化因は、知的快適さです。最悪の劣化は、最良のものの劣化だからです。

 二段落目の「ウィーンの鐘」の箇所ですが、「鐘cloche」には「間抜け/浮浪者」といった意味もあります。フロイト思想が、まずはウィーンの間抜けどもの間に拡がり、彼らが亡命者として渡米して精神分析を広めた、というふうに取れないこともないですけれど、「cloche」が単数形なのでここは無難に「鐘」としておきます。それと、この段落には複合過去の中に単純過去形が混じっているので、後者にはですます調を使わないことで区別してみました。

 最後の段落では、「現実的である」と「真である」とは別の事態であるというふうに解釈しました。

 ここはブログなので後日に変更もできますから、まあこんなところで公開してみましょう

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

« ラカン『精神病』5章から『フロイト的もの』論文へ | トップページ | ラカン『フロイト的もの』(エクリ403頁) »

ラカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラカン『精神病』5章から『フロイト的もの』論文へ | トップページ | ラカン『フロイト的もの』(エクリ403頁) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ