« ラカン『フロイト的もの』(エクリ402頁) | トップページ | ラカン『フロイト的もの』(エクリ404~5頁) »

2021年9月15日 (水)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ403頁)

 ラカンの『精神病』のセミネールからの行きがかりで読み始めた『フロイト的もの』の続きです。

 『エクリ』403頁は次のような感じかなと思います。

 C’est ainsi que le mot de Freud à Jung de la bouche de qui je le tiens, quand invités tous deux de la Clark University, ils arrivèrent en vue du port de New York et de la célèbre statue éclairant l’univers : « Ils ne savent pas que nous leur apportons la peste », lui est renvoyé pour sanction d’une hybris dont l’antiphrase et sa noirceur n’éteignent pas le trouble éclat. La Némésis n’a eu, pour prendre au piège son auteur, qu’à le prendre au mot de son mot. Nous pourrions craindre qu’elle n’y ait joint un billet de retour de première classe.

 クラーク大学からフロイトとユングが招かれ、ニューヨークの港と、世界を照らす有名な像とが見えるところへ到着したときに、フロイトからユングに向けられた言葉:「彼らは、我われがペストを運んできたことを知らない」、私がユングから聞いたこの言葉は、かくして、ヒュブリス[=傲慢さ]の報いとしてフロイトに送り返されます。反語法とその腹黒さも、このヒュブリスの怪しげな輝きを消してはいません。その作者を罠に捉えるために、ネメシスは、この言葉を言葉通りに捉えるだけでよかったのです。我われは、ネメシスがそこに復路の一等切符を貼り付けたのではないかと懸念してもよいでしょう。

#「ネメシスはギリシア神話に登場する女神である。人間が神に働く無礼[ヒュブリス]に対する、神の憤りと罰の擬人化である。(以下略)」ウィキペディアより

 À la vérité, s’il s’est passé quelque chose de tel, nous n’avons à nous en prendre qu’à nous. Car l’Europe paraît plutôt s’être effacée du souci comme du style, sinon de la mémoire de ceux qui en sont sortis, avec le refoulement de leurs mauvais souvenirs.

 実のところ、そのようなことが起こったとしても、我われは我われ自身だけを責めたらよいのです。というのも、ヨーロッパはむしろ、そこから脱出した者たち、彼らの悪しき思い出の抑圧と共に脱出した者たちの記憶から消し去られたわけではないにせよ、彼らの気遣いや彼らのスタイルから消し去られたように思われるから[彼らを責めても無駄]です。

 Nous ne nous plaindrons pas de cet oubli, s’il nous laisse plus libre de vous présenter le dessein d’un retour à Freud, tel que certains se le proposent dans l’enseignement de la Société française de psychanalyse. Ce n’est pas d’un retour du refoulé qu’il s’agit pour nous, mais de prendre appui dans l’antithèse que constitue la phase parcourue depuis la mort de Freud dans le mouvement psychanalytique, pour démontrer ce que la psychanalyse n’est pas, et de chercher avec vous le moyen de remettre en vigueur ce qui n’a cessé de la soutenir dans sa déviation même, à savoir le sens premier que Freud y préservait par sa seule présence et qu’il s’agit ici d’expliciter.

 この忘却が、精神分析フランス協会[註:1953-64、国際学会からの破門までラカンも所属]の教育で幾人かが目論んでいるようなフロイトへの回帰の計画をみなさんにいっそう自由に提示させてくれるのなら、我われはこの忘却を嘆くことはないでしょう。我われにとっては、抑圧されたものの回帰が問題ではなく、むしろ、フロイトの死以来精神分析運動において、精神分析ならざるものを論証するために辿られた局面が構成するアンチテーゼにおいて足場を得なければならないのですし、逸脱しつつあるなかでさえ精神分析を支え続けるものすなわち[フロイトの]最初の意味を、再び有効にする手段をみなさんと共に探し求めねばならないのです。この最初の意味をフロイトはそこでその唯一の威光でもって保存していたのであり、これをいまここで明らかにしなければなりません。

 Comment ce sens pourrait-il nous manquer quand il nous est attesté dans l’œuvre la plus claire et la plus organique qui soit ? Et comment pourrait-il nous laisser hésitants quand l’étude de cette œuvre nous montre que ses étapes et ses virages sont commandés par le souci, inflexiblement efficace chez Freud, de le maintenir dans sa rigueur première ?

 この[フロイトの最初の]意味が、ありうる最も明晰で最も有機的な著作において我われに証言されているにもかかわらず、我われのもとに欠けているということがどうしてありうるでしょうか。また、その意味を最初の厳密さの中に維持しようという、フロイトにおいて断固として有効であった気遣いによって、そのいくつかの段階と方向転換とが命じられていることを、この著作の研究が我われに示しているにもかかわらず、この[フロイトの最初の]意味がどうして我われを躊躇わせたままにしていられるでしょうか。

 訳が不正確なところもあるかも知れませんが、こういうややこしいものは、やる気になった時にどんどん進んでおかないといつまでも読み進められないだろうと思います。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

« ラカン『フロイト的もの』(エクリ402頁) | トップページ | ラカン『フロイト的もの』(エクリ404~5頁) »

ラカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラカン『フロイト的もの』(エクリ402頁) | トップページ | ラカン『フロイト的もの』(エクリ404~5頁) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ