« 2021年12月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月27日 (日)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ410頁)

 数ヶ月ぶりになってしまいましたが、エクリの読解を続けようと思います。

 ラカンが、真理の立場で話してみているという奇抜な試みが続いている箇所です。文中の「私」とは真理のことです。

 途中にcauteという、辞書に載っていない単語が出てきたあたりで手が止まっていました。ネット上にはcaulteと書かれたファイルもありましたが、これも辞書に載っていません。私はけっきょくhauteの誤植とみなすことにしました。「la parole haute」は「声高な/横柄な/荒々しい発言」といった意味の平易な表現になります

 はじめ借金の弁済などに関連した単語が多く使われる狙いはよく分からないのですが、真理について「現在の意識への現前」のようなことを根拠に置こうとする考え方への批判がありそうなのは伝わってきました。

« Mais vous n’avez pas pour autant rendues désuètes ni sans terme vos échéances à mon endroit. C’est d’après hier et d’avant demain qu’elles sont datées. Et il importe peu que vous vous ruiez en avant pour leur faire honneur ou pour vous y soustraire, car c’est par derrière qu’elles vous saisiront dans les deux cas. Que vous me fuyiez dans la tromperie ou pensiez me rattraper dans l’erreur, je vous rejoins dans la méprise contre laquelle vous êtes sans refuge. Là où la parole la plus caute montre un léger trébuchement, c’est à sa perfidie qu’elle manque, je le publie maintenant, et ce sera dès lors un peu plus coton de faire comme si de rien n’était, dans la société bonne ou mauvaise. Mais nul besoin de vous fatiguer à mieux vous surveiller. Quand même les juridictions conjointes de la politesse et de la politique, décréteraient non recevable tout ce qui se réclamerait de moi à se présenter de façon si illicite, vous n’en seriez pas quittes pour si peu, car l’intention la plus innocente se déconcerte à ne pouvoir plus taire que ses actes manqués sont les plus réussis et que son échec récompense son vœu le plus secret. Au reste n’est-ce pas assez pour juger de votre défaite, de me voir m’évader d’abord du donjon de la forteresse où vous croyez le plus sûrement me retenir, en me situant non pas en vous, mais dans l’être lui-même ? Je vagabonde dans ce que vous tenez pour être le moins vrai par essence : dans le rêve, dans le défi au sens de la pointe la plus gongorique et le nonsense du calembour le plus grotesque, dans le hasard, et non pas dans sa loi, mais dans sa contingence, et je ne procède jamais plus sûrement à changer la face du monde qu’à lui donner le profil du nez de Cléopâtre.

「しかし皆はそれでも、私[=真理]に対して証文を無効化したり無期限としたりはしなかった。その証文には、昨日より後、明日より前と日付が記されている。皆が前へ飛び出してその証文を履行しようと自らそれを免除しようとどうでもよい。というのも、どちらの場合にもその証文が皆を掴むのは後ろからなのだから。皆が欺瞞の中で私から逃げようと、私を誤謬において埋め合わせるつもりであろうと、私は皆にとって逃れようのない勘違いにおいて皆と[意見が]一致する。最も声高なパロールが軽いつまずきを示すとき、パロールがやり損ねるのはまさにその不実さ[=隠匿性]であって、私が今このことを公言すると、以来、良き社会においてであれ悪しき社会においてであれ、何ごともなかったかのようにするのは少しばかりいっそう骨が折れる/厄介だろう。しかし皆がいっそう自身と互いを探り合って疲労困憊する必要はない。かくも不法な仕方で現れて私[=真理]を引き合いに出すもの全てを、儀礼と政治攻略に結びついた司法機関たちが受理不能と布告するとしても、皆はそんな些細なことでは弁済できないだろう、というのも、最も無垢な意図/志向も、自らの失策行為こそがもっとも成功し自らの挫折はその最も秘められた願いを代償しているということをもはや黙っていられないことに狼狽するからだ。そのうえ、城砦の塔に取り押さえられたはずの私がそこから真っ先に逃げ出す姿を見るという皆の敗北を判定するにはこれで十分ではないか。皆は私を、皆の中にではなく存在そのものの中に位置づけることで、その塔に私を最もたしかに取り押さえておけると信じているのだが。私は、皆が本質的に最も真から遠いと見做すものの中を彷徨う:夢の中とか、最もゴンゴリスム[=文飾主義]的な奇警句法や最もグロテスクな言葉遊びの『ナンセンス』といった意味への反逆の中、偶発事の中、しかもその法則ではなくその偶然性の中である。そして私は、世界の顔にクレオパトラの鼻の輪郭を与えるときほどたしかに世界の顔を変える手続きを進めることは決してない」。

« Vous pouvez donc réduire le trafic sur les voies que vous vous épuisâtes à faire rayonner de la conscience, et qui faisaient l’orgueil du moi, couronné par Fichte des insignes de sa transcendance. Le commerce au long cours de la vérité ne passe plus par la pensée : chose étrange, il semble que ce soit désormais par les choses : rébus, c’est par vous que je communique, comme Freud le formule à la fin du premier paragraphe du sixième chapitre, consacré au travail du rêve, de son travail sur le rêve et sur ce que le rêve veut dire.

「皆はいくつもの道を意識から伸ばし広げることに疲れ果てたのであったし、そうした道は、フィヒテがその超越性という記章を冠した『自我』の傲慢さをなしていたが、皆はかくしてそうした道での交通量/不正取引を減らすことができる。真理の長距離取引は、もはや思惟を通らない:奇妙なことに、以後それは諸物を、『判じ物』を通過するように見受けられ ―私が伝達しているのは皆を通じてであるが― 夢と夢の意味についてのフロイトの著作travailで彼が夢の作業travailに割いた第六章の最初の段落の末尾で彼が定式化しているとおりである」。

 クレオパトラ云々については、次の段落でもまた触れられるようです。

 それにしても読みにくい文章です。ゴンゴリスム(文飾主義)とは、ラカン自身の文体に貼られたレッテルそのものであっただろうと思われますね。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

« 2021年12月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ