ラカン

2022年5月23日 (月)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ414~415頁)

 今回は、シニフィアンとシニフィエの網、とかいうなじみ深い話題で始まりますが、平易とは言えずしかも読み進むにつれてどんどん難しくなっていきます。

 これまでも、ネットで読める初出論文版と、そのおよそ10年後の論文集『エクリ』収載版とで違う箇所がありまして、おそらくラカン自身が見直して筆を入れたのだろうから後者がラカンの最終見解なのだろうと考えてきました。ところが、今回の最初の相違点については、ケアレスミスではないかと思わなくもありません。l'exercerをs'exercerに変えている箇所です。直後にもうひとつ相違点が有り、どちらも初出版の表現を取り消し線で消し、エクリ版を赤字で補っておきました。

ORDRE DE LA CHOSE.
ものの秩序

 Un psychanalyste doit aisément s’y introduire à la distinction fondamentale du signifiant et du signifié, et commencer à ls’exercer avec les deux réseaux qu’ils organisent dans des dimensions différentesde relations qui ne se recouvrent pas.
 精神分析家であればシニフィアンとシニフィエの基本的な区別へと容易に入門できるはずですし、それらが組織化する互いに重なり合わない諸関係の二つの網でもって自らを鍛え始めるはずです。

 Le premier réseau, du signifiant, est la structure synchronique du matériel du langage en tant que chaque élément y prend son emploi exact d’être différent des autres ; tel est le principe de répartition qui règle seul la fonction des éléments de la langue à ses différents niveaux, depuis le couple d’opposition phonématique jusqu’aux locutions composées dont c’est la tâche de la plus moderne recherche que de dégager les formes stables.
  一つ目の網、シニフィアンの網は、ランガージュの材料の共時的構造です。そこで各要素が、他の諸要素と異なることでその正確な用法をとるかぎりにおいてです。このような配分の原理が、ラングの諸要素の機能をそのさまざまに異なる水準で、つまり音素の対立の組から、組み立てられた成句にいたるまでの水準で、制御しています。成句については、その安定的な諸形式を取り出すことが最も現代的な研究の任務です。

 一段落目、「s'exercer 自らを鍛え始める」という箇所は、初出時版に従うなら「それ[区別]を実践し始める」となります。

 ここからはエクリ版と初出版はかなり違います。まずはエクリ版の試訳に取り掛かります。

 予め断っておきますと、シニフィカシオンの定訳は「意味作用」ですが、ここでは(初出版には複数形も登場しますし)思い切って「意味対象」としてみます。

 それと、ラカンはトートロジー(同語反復)とオントロジー(存在論)を絡めて言葉遊びをするのがお好きなようで、この講演から18年後、セミネールⅪ巻の後記(1973年)にも登場します(岩波文庫下巻354~355頁)。ここではtauto-ontiqueとあり、訳出困難なのでとりあえず「トート存在的」としておきました。

 Le second réseau, du signifié, est l’ensemble diachronique des discours concrètement prononcés, lequel réagit historiquement sur le premier, de même que la structure de celui-ci commande les voies du second. Ici ce qui domine, c’est l’unité de signification, laquelle s’avère ne jamais se résoudre en une pure indication du réel, mais toujours renvoyer à une autre signification. C’est-à-dire que la signification ne se réalise qu’à partir d’une prise des choses qui est d’ensemble.

 第二の網、シニフィエの網は、具体的に発音されたディスクールたちの通時的な集合です。この集合は歴史的に第一の網に反作用を及ぼし、同時にこの第一の網の構造は第二の網の道たちを指令します。ここで支配するのは、意味対象(シニフィカシオン)のまとまりであり、それが現実界の純粋な指示へと解消することはけっしてなく、むしろつねにもうひとつ別の意味対象 (シニフィカシオン) へと回付することが判明します。すなわち意味対象 (シニフィカシオン) は諸物をまとまりとして把握することを起点としてのみ実現します。

 Son ressort ne peut être saisi au niveau où elle s’assure ordinairement de la redondance qui lui est propre, car elle s’avère toujours en excès sur les choses qu’elle laisse en elle flottantes.

 その[=意味対象 (シニフィカシオン) の]管轄域は、それに固有の冗長性を通常確保する水準で捉えられることはできません、というのも、意味対象 (シニフィカシオン) は、そのなかに漂わせておく諸物に関してつねに過剰であると判明するからです。

 Le signifiant seul garantit la cohérence théorique de l’ensemble comme ensemble. Cette suffisance se confirme du développement dernier de la science, comme à la réflexion on la trouve implicite à l’expérience linguistique primaire.

 シニフィアンだけが、まとまりとしての集合の理論的一貫性を請け合います。この十分性は、科学の最新の発展によって確証されます。よく考えてみると、この十分性は初歩的な言語学的経験に暗黙のものとわかるからです。

  Telles sont les bases qui distinguent le langage du signe. A partir d’elles la dialectique prend un nouveau tranchant.

 こうした基盤が、ランガージュを記号から区別しています。その基盤を起点として、弁証法が新たな刃を持ちます。

 Car la remarque sur laquelle Hegel fonde sa critique de la belle âme et selon quoi elle est dite vivre (en tous les sens, fût-il économique, du : de quoi vivre) précisément du désordre qu’elle dénonce, n’échappe à la tautologique qu’à maintenir la tauto-ontique de la belle âme comme médiation, d’elle-même non reconnue, de ce désordre comme premier dans l’être.

 というのも、ヘーゲルが美しき魂についてのその批判を基礎づける指摘、それによれば美しき魂はまさしくそれが告発する混乱/無秩序によって生きていると言われる(生きる糧、というときの、経済的意味も含めあらゆる意味で)のですが、このような指摘は、存在において一次的なものとしてのこの混乱/無秩序の、それ自体は認識されない媒介としての美しき魂のトート存在的なものを維持することでしか、トートロジー的なものを免れないからです。

 Quelque dialectique qu’elle soit, cette remarque ne saurait ébranler le délire de la présomption auquel Hegel l’appliquait, restant prise dans le piège offert par le mirage de la conscience au je infatué de son sentiment, qu’il érige en loi du cœur.

 この指摘は、それがどれほど弁証法的であっても、ヘーゲルがこころの法則へと仕立て上げるその[自我]感情にのぼせ上がった「je私」へと意識の幻影が供する罠に捉えられたままであって、ヘーゲルがそれを適用した自負の狂気をぐらつかせようがありません。

 「美しき魂」「こころの法則」「自負の狂気」はヘーゲルの『精神現象学』でいずれも目次にみつかる重要概念のようです。それぞれの訳語は平凡社ライブラリーの樫山訳に従いました。一つ目はジジェクの『最も崇高なヒステリー者』で見覚えがありました。二つ目は、初出時版で二重山括弧で示されていたので引用句と知ることができました。

 続いてその初出版です。はじめの数行を過ぎると、エクリ版と共通する箇所はぽつりぽつりと点在するだけになります。

 Le second réseau, du signifié, est l’ensemble diachronique des discours concrètement prononcés, lequel réagit historiquement sur le premier, de même que la structure de celui-ci commande les voies du second. Ici ce qui domine, c’est l’unité de signification laquelle s’avère ne jamais se résoudre en une pure indication du réel, mais toujours renvoyer à une autre signification. C’est-à-dire que si les significations saisissent les choses, c’est seulement à constituer leur ensemble en l’enveloppant dans le signifiant, et que si leur trame recouvre cet ensemble toujours assez pour le déborder, c’est que le signifiant dans son ensemble n’est signification de rien. Ce qui confirme que le langage n’est jamais signal, mais
mouvement dialectique.

 第二の網、シニフィエの網は、具体的に発音されたディスクールたちの通時的な集まりです。この集まりは歴史的に第一の網に反作用を及ぼし、同時に第一の網の構造は第二の網の道たちを指令します。ここで支配するのは、意味対象 (シニフィカシオン) のまとまりであり、それが現実界の純粋な指示へと解消することはけっしてなく、むしろつねにもうひとつ別の意味対象 (シニフィカシオン) へと回付することが判明します。すなわちもし意味対象 (シニフィカシオン) たちが諸物を把えるとしたら、それはただ、それら[諸物]の集まりを、シニフィアンの中に包みつつ構成することによってのみです。また、もしそれら意味対象 (シニフィカシオン) の縦糸がこの[諸物の]集まりを、つねにその集まりからはみ出るに充分なほど覆い尽くすとしたら、それは集まりとしてのシニフィアンが何の意味対象 (シニフィカシオン) でもないからです。こうして、ランガージュは信号ではなく弁証法的運動であるということが確証されます。

 On peut, rien qu’en partant de là, remarquer que toute dénonciation verbale d’un désordre participe du désordre contre quoi elle réclame, en ceci que le désordre s’est installé par son discours. Hegel, dans sa dialectique de la belle âme, avait déjà montré que cette remarque n’est tautologique qu’à méconnaître l’effet tauto-ontique où elle s’enracine, c’est-à-dire que l’être est premier du désordre de quoi la belle âme vit en tous les sens (y compris le sens économique) qu’on peut trouver au terme : de quoi vivre, et qu’à dénoncer le désordre, la belle âme ne procède qu’à la médiation encore méconnue d’elle de la conduite
par quoi elle en subsiste.

 そこから出発するだけで指摘できることですが、混乱/無秩序を言葉で告発することはまるごと、それが抗議する混乱/無秩序に関与しています。混乱/無秩序はそのディスクールによって設立されたからです。ヘーゲルが美しき魂についての弁証法においてすでに示したように、この指摘は、美しき魂が根ざすところであるトート存在的な効果を無視することでしか、トートロジー的ではありません。すなわち存在は、生きる糧という言い方にみられるあらゆる意味で(経済的意味も含め)美しき魂が生きる糧としている混乱/無秩序の第一のものだからです。そして混乱/無秩序を告発するさい、美しき魂は、それ自身が存続するために用いている振る舞いの自らはいまだ無視している媒介作用にしか取り組まないということも、ヘーゲルは示しました。

 Cette dialectique ne semblait pas pouvoir pénétrer au delà du délire de la présomption à quoi Hegel l’appliquait, c’est-à-dire au delà du piège offert par le mirage de la conscience au « je », infatué de son sentiment et l’y assumant en tant que « loi du cœur ».

 この弁証法は、ヘーゲルがそれを適用したうぬぼれの妄想の彼方へと、すなわち、その[自我]感情にのぼせ上がり「こころの法則」としてそれを受諾する「je私」へと意識の幻影が供する罠の彼方へと、浸透していくことができるとは見受けられませんでした。

 最近まで、ネットには初出時の版しか落ちていないと思っていたので、そこからのコピペを下敷きにして読んでから書籍版『エクリ』と比べるという作業を繰り返してきていたのですが、エクリ版もLa chose freudienne ou sens du retour à Freud, 1955, de Jacques Lacan (pagesperso-orange.fr) で読むことができるのを見つけました。そちらへ完全に乗り換えようかと思っていたところへ、今回これだけ相違点があると、やはり両者を見比べていったほうがいいかなあと思っているところです。訳文を作る手間はほぼ倍になってしまいますけど。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

2022年5月13日 (金)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ413~414頁)

 今回でこの難解な節は終わりますが、次の節にはラカニアンにとってなじみの話題が扱われていて読みやすそうなのを励みに、何とか今回の分を進んでいきましょう。

 最初の段落で「chacun devait rencontrer sa promise各男性がその許嫁と出会うはず」とあるところは、ネット上でみつかる初出版では「chacun venait au devant de sa chacune」となってます。ひとつの文にchacunとchacuneが対比されていると、カップルたちのうち「各男性」と「その彼女」という意味になりますから結局同じようなことになって、「各男性がその彼女の前にやって来る」という意味になります。少し前にpromisという語が出ているので前者の表現にしたのでしょうか。

 それと、同じくネット上の情報では、最初の段落の最後の台詞は、ユーモア作家アルフォンス・アレーの作品からの引用なのだそうです。

 この段落では、ギリシア神話のアテナがゼウスの頭から武装した姿で生まれたとされることを踏まえて、アテナはフロイトの頭から生まれた云々とされているようですから、アテナは精神分析を指しているのでしょう。そうするとアテネ人とは分析家たちをそれぞれ言い換えているのでしょう。さらにはフランス語でアテネ人とは明晰な人や怜悧な人を指す言い方でもあることも踏まえているかもしれません。

 On se prenait seulement à répéter après Freud le mot de sa découverte : ça parle, et là sans doute où l'on s'y attendait le moins, là où ça souffre. S'il fut un temps où il suffisait pour y répondre d'écouter ce que ça disait, (car à l'entendre la réponse y est déjà), tenons donc que les grands des origines, les géants du fauteuil furent frappés de la malédiction promise aux audaces titanesques, ou que leurs sièges cessèrent d'être conducteurs de la bonne parole dont ils se trouvaient investis à s'y asseoir ci-devant. Quoi qu'il en soit, depuis, entre le psychanalyste et la psychanalyse, on multiplie les rencontres dans l'espoir que l'Athénien s'atteigne avec l'Athéna, sortie couverte de ses armes du cerveau de Freud. Dirai-je le sort jaloux, toujours pareil, qui contraria ces rendez-vous : sous le masque où chacun venait au devant de sa chacunedevait rencontrer sa promise, hélas ! trois fois hélas ! et cri d'horreur à y penser, une autre ayant pris la place d'elle, celui qui était là, non plus n'était pas lui.

 ひとびとはただフロイトの発見した「エスが話す」という言葉を彼の後で繰り返し始めただけでした。しかも、おそらくもっともそれ[エス]が予期されていないところで、それ[エス]が損なわれているところで。それ[エス]に答えるには、それ[エス]が語っていたことを聴くだけで十分であった -なぜならそれを聞けば答えはそこに既にあるから- ような時があったのだとしたら、我われはそれゆえ断言しましょう、その始まりの巨人たち、肘かけ椅子の偉人たちは、途方もない厚かましさを約束する呪いに見舞われたのだった、と、あるいは、彼らの座席は、これ以前にそこに座ることで彼らに与えられていた良きパロールを導くものではなくなってしまう、と。いずれにせよ、それ以来、ひとびとは、フロイトの脳天から武器をまとって出てきたアテナでもってアテネ人[怜悧さで知られる]が自ら動揺[アテーニュ]することを期待しつつ、精神分析家と精神分析の間で出会いを何度も繰り返しています。私としては、この顔合わせを妨げる天運はいつも同じく嫉妬深いと言いましょう:男どもがそれぞれの約束の女に出会うはずのマスクの下で、「ああ、返す返すも残念!」、そしてそれを考えての恐怖の叫び、「もう一人別の女が彼女の座にすでに就いてしまい、それまでそこにいた男もまたその彼ではなかった」。

 Revenons donc posément à épeler avec la vérité ce qu’elle a dit d’elle-même. La vérité a dit : « je parle ». Pour que nous reconnaissions ce « je » à ce qu’il parle, peut-être n’était-ce pas sur le « je » qu’il fallait nous jeter, mais aux arêtes du parler que nous devions nous arrêter. « Il n’est parole que de langage » nous rappelle que le langage est un ordre que des lois constituent, desquelles nous pourrions apprendre au moins ce qu’elles excluent. Par exemple que le langage, c’est différent de l’expression naturelle et que ce n’est pas non plus un code ; que ça ne se confond pas avec l’information, collez-vous-y pour le savoir à la cybernétique ; et que c’est si peu réductible à une superstructure qu’on vit le matérialisme lui-même s’alarmer de cette hérésie, bulle de Staline à voir ici.

 それゆえ穏やかにもう一度戻って、真理と共に、真理が自身について語ったことを一語ずつ辿りましょう。真理は「私は話す」と言いました。この「私je」を、彼が話すことのなかに我われが見つけ認識するために、ひょっとすると我われが飛びつく[ジュテ]べきだったのは「私je」だったのではなくて、むしろ、我われが着目[アレテ]すべきであったのは話すという小骨/尾根[アレト]においてではなかったでしょうか。「ランガージュのパロールしか無い」ということが我われに思い出させるのは、ランガージュとは諸法則が構成する一つの秩序であるということです。我われはそうした諸法則について、少なくともそれらが何を除外するのかを、教えることができるでしょう。たとえば、ランガージュとは、自然な表現とは異なるということ、さらには一つのコードでもないということ。それは情報とも混同されないということで、これを知るにはみなさんサイバネティックスに取り組んでください。そして、それは一つの上位構造へと還元することはほとんどできないので、唯物論そのものがこの異説について警戒する様子がみられたということ。スターリンの勅令もここに見るべきです。

 Si vous voulez en savoir plus, lisez Saussure, et comme un clocher peut cacher même le soleil, je précise qu'il ne s'agit pas de la signature qu'on rencontre en psychanalyse, mais de Ferdinand, qu'on peut dire le fondateur de la linguistique moderne.

 みなさんがそれについてもっと知りたいと望むなら、ソシュールをお読みください。そして、鐘楼が太陽すら隠すこともありうるのですからはっきり言っておきます、それは精神分析において出会う[レイモン・ド・ソシュールという]署名のことではなくて、フェルディナンのことです。彼は現代言語学の創始者ともいえるでしょう。

 今回は2段落目にも、私[ジュ]に飛びつく[ジュテ]のではなく小骨/尾根[アレト]に着目[アレテ]すべきだとかいう言葉遊びがあって、とくに「小骨/尾根」は比喩になってるのでいっそうわかりにくい箇所です。いくつもの語が続く文を、魚の小骨が続く様子とか山の尾根が続く様子にたとえていると思えば、分からないでも有りませんが。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

 スターリンと言語学の関係について自分の手元にある書籍では岩波新書『言語学とは何か』で少し触れられているだけですが、それによれば、スターリンのもとでフォルマリスムや構造主義を否定しいびつな発展を遂げていたソヴィエト言語学を、スターリン自身が、晩年も近づいた1950年に文書を出して否定し、いわば正常化したのだそうです。

言語学とは何か (岩波新書)
田中 克彦

続きを読む "ラカン『フロイト的もの』(エクリ413~414頁)" »

2022年5月 8日 (日)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ412~413頁)

 先へ進みます。今回もまずはアクタイオンの神話に絡めながら論じ始めますが、やはり難解です。途中、二段落目と三段落目には、初出時と異なる箇所があって、両者を見比べることで多少は理解が助かる気もします。以下では、初出時の文を棒線で抹消して、エクリ版の文を併記しておきました。三段落目の「con-tact af-fec-tif情動的接触」は、あえて綴り字をハイフンで分けて、「con女性器/間抜け」と「fec糞」を浮き立たせていると思いますが、これは訳出不能と諦めました。

 Cette limite et ce lieu, on le sait, sont loin encore d’être atteints pour ses disciples, si tant est qu’ils ne refusent pas de l’y suivre, et l’Actéon donc qui ici est dépecé, n’est pas Freud, mais bien chaque analyste à la mesure de la passion qui l’enflamma et qui a fait, selon la signification qu’un Giordano Bruno dans ses Fureurs héroïques sut tirer de ce mythe, de lui la proie des chiens de ses pensées.
 彼の弟子達にとって、もしも彼らが彼に付いていくことを拒まないのであれば、この限界とこの場は、周知のように、到達するには未だ遠いものです。それゆえにここでバラバラにされたアクタイオンはフロイトではなく、それぞれを燃え上がらせた情熱の程度に応じた各分析家なのです。この情熱は、ジョルダーノ・ブルーノがその「英雄的高揚」においてこの神話から引き出し得た意義に従えば、彼をその思想の犬どもの餌食としたものです。 

 Pour mesurer ce déchirement, il faut entendre les clameurs irrépressibles qui s’élèvent des meilleurs comme des pires, à tenter de les ramener au départ de la chasse, avec les mots que la vérité nous y donna pour viatique : « je parle », pour enchaîner : « il n’est parole que de langage ». Ils Leur tumulte couvrent aussitôt la suite.
 この引き裂きを測るには、最良の者からも最悪な者からも沸き上がる抑えがたき抗議を聞かねばならなりません。真理が我われにお守りとして与えた言葉「私が話す」でもって彼らを狩りの始まりまで連れ戻そうと試み、「ランガージュによってしかパロールは無い」と続けるためです。彼らの騒ぎがその続きを覆っています。

 « Logomachie ! telle est la strophe d’un côté. Que faites-vous du préverbal, du geste et de la mimique, du ton, de l’air de la chanson, de l’humeur et du con-tact af-fec-tif ? ». À quoi d’autres non moins animés donnent l’antistrophe : « Tout est langage : langage que mon cœur qui bat plus fort quand la venette me saisit, et si ma patiente défaille au vrombissement d’un avion à son zénith, c’est pour dire le souvenir qu’elle a gardé du dernier bombardement ». – « Oui, aigle de la pensée, et quand la forme de ton semblant mécanique surgit dans l’ovale éclairé dans la nuit par le pinceau du projecteur l’avion decoupe ta semblance dans le pinceau percant la nuit du projecteur, c’est la réponse du ciel ».
「言葉遊びだ!」これが一方からの発句です。「前言語的なもの、身振りや模倣、口調、歌の雰囲気[節回し]、機嫌/体質や情動的接触をあなたはどうする気だ?」と。これに対して、負けず劣らず突き動かされた別の人々が、対句を与えます:「全てはランガージュだ:恐怖が私をとらえるときにいっそう強く打つ私の心臓というランガージュ。そして天頂の飛行機の爆音に私の女性患者が失神するとすれば、それは、最後の爆撃について彼女が保持している想い出を『語る』ためだ」。ーそうだ、思考の鷲[=傑物]よ、しかも投光器から夜を突きさす光線のなかで飛行機の形がお前に似た外観を浮かび上がらせるとき、それは空からの応答なのだ。

 On ne contestait pourtant, à s’essayer à ces prémisses, l’usage d’aucune forme de communication à quoi quiconque pût recourir en ses exploits, ni les signaux, ni les images, et fonds ni forme, aucun non plus qu’aucune, ce fonds fût-il un fonds de sympathie, et la vertu n’étant pas discutée d’aucune bonne forme.
 それでも、これらの前提をあえて試みてみても、誰もがその業績において頼りにできた意思伝達のいかなる形の用法も、信号も、イマージュも、資質も形式も、ちっとも異議を申し立てられませんでした。この資質が、共感の資質だったのです。そしていかなる良い形についてもその徳は議論されないままです。

 四段落目は簡潔なので手がかりが乏しく、かなり手ごわく感じます。「fonds ni forme」は、この前にniが省略されていると考えました。「bonne forme」は、ゲシュタルト心理学などで言われる言葉を揶揄しているようです。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

続きを読む "ラカン『フロイト的もの』(エクリ412~413頁)" »

2022年4月22日 (金)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ411~412頁)

 今回は新たな節に入ります。

 節のタイトル「PARADE」は多義的な語ですが、読み進めるとまた違った意味と分かるかも知れません。

 冒頭に「Le retour aux ténèbres暗闇への回帰」とあるのは、407頁の頭の方で、ニーチェは超新星であって直ちに暗闇に回帰したと書かれた箇所をほぼ繰り返しています。

 そのすぐ後のイタリック「murder party」があえて英語を用いることで何を念頭に置いているのかは分かりませんが、もう少し後ろのイタリック「Les Bijoux indiscrets」は、ディドロの小説のタイトルで、『不謹慎な宝石』または『お喋りな宝石』と邦訳されています。wikipediaによれば、『宝石』は俗語で女性器を意味しており、「女性の「宝石」に過去の性遍歴を話させることができる魔法の指輪を使って巻き起こす騒動を描く」ような内容の「艶笑小説・風刺小説」なんだそうです。ラカンはこれにセミネール17巻の6章ほかでも言及しています。

PARADE.
誇示/打開策

 Le retour aux ténèbres que nous tenons pour attendu à ce moment, donne le signal d’une murder party engagée par l’interdiction à quiconque de sortir, puisque chacun dès lors peut cacher la vérité sous sa robe, voire, comme en la fiction galante des « bijoux indiscrets », dans son ventre. La question générale est : qui parle ? et elle n’est pas sans pertinence. Malheureusement les réponses sont un peu précipitées. La libido est d’abord accusée, ce qui nous porte dans la direction des bijoux, mais il faut bien s’apercevoir que le moi lui-même, s’il apporte des entraves à la libido en mal de se satisfaire, est parfois l’objet de ses entreprises. On sent là-dessus qu’il va s’effondrer d’une minute à l’autre, quand un fracas de débris de verre apprend à tous que c’est à la grande glace du salon que l’accident vient d’arriver, le golem du narcissisme, évoqué en toute hâte pour lui porter assistance, ayant fait par là son entrée. Le moi dès lors est généralement tenu pour l’assassin, à moins que ce ne soit pour la victime, moyennant quoi les rayons divins du bon président Schreber commencent à déployer leur filet sur le monde, et le sabbat des instincts se complique sérieusement.
 この時点で我われは暗闇への回帰が待ち望まれているとみなしますが、この回帰は、皆びとへの外出禁止令によって始められた『murder party殺人パーティー』に合図を与えます。なにしろ、それ以後各人は、真理をその衣裳の下に隠すことが、さらには、『不謹慎な宝石』の官能フィクションにおけるように、その腹の中に隠すことができるからです。一般的な問いは、誰が話すのか?、ですし、この問いはそれなりに適切です。あいにく、いくつかの答えは少々性急です。リビドーがまず告発されます。これは、宝石の方向へと我われを運びますが、まさに気づかねばならないのは、自我がもし満足されること少なきリビドーに足かせをもたらすならば、自我自身が時にはその[リビドーの]誘惑の企ての対象なのだということです。そこで感づかれるように、ガラス片の大音響が皆に、広間の大ガラス窓にアクシデントが到来したのだ、彼[自我]に援助をもたらすために慌ただしく惹起されるナルシシズムのゴーレム[泥人形]がそこから入場してしまったのだ、と教えるとき、自我は今にも崩れ落ちるだろうということです。それ以来『自我』は、一般に、殺人者とみなされます。さもなくば犠牲者とみなされます。そのおかげで、高邁なシュレーバー院長の神の光線が世界にその網を広げ始めますし、諸本能のサバト[安息日/秘祭]が深刻に紛糾するのです。

 La comédie que je suspends ici au début de son second acte est plus bienveillante qu’on ne croit, puisque, faisant porter sur un drame de la connaissance la bouffonnerie qui n’appartient qu’à ceux qui le jouent sans le comprendre, elle restitue ces derniers l’authenticité d’où ils déchurent toujours plus.
 私はここ第二幕の冒頭で喜劇を中断しますが、この喜劇は、一般に考えられている以上に博愛的/親切です。なにしろ、認知のドラマに、それを理解せずに演じている者たちのものでしかない滑稽さをもたらすことで、この喜劇は、その者たちに真正性を再建するからです。彼らはそこからいつもどんどん落ち離れていくのです。

 Mais si une métaphore plus grave convient au protagoniste, c’est celle qui nous montrerait en Freud un Actéon perpétuellement lâché par des chiens dès l’abord dépistés, et qu’il s’acharne à relancer à sa poursuite, sans pouvoir ralentir la course où seule sa passion pour la déesse le mène. Le mène si loin qu’il ne peut s’arrêter qu’aux grottes où la Diane chtonienne dans l’ombre humide qui les confond avec le gîte emblématique de la vérité, offre à sa soif, avec la nappe égale de la mort, la limite quasi mystique du discours le plus rationnel qui ait été au monde, pour que nous y reconnaissions le lieu où le symbole se substitue à la mort pour s’emparer de la première boursouflure de la vie.
 しかし、もしいっそう深刻な隠喩がその主役にふさわしいとしたら、それは、はじめから彼を見失った犬どもによって永遠に攻撃を食らうアクタイオンなる者をフロイトにおいて我われに示すであろう隠喩です。そして彼は、女神への情熱が彼を導く歩みを抑えられず、自らの追跡へと犬たちをさらに駆り立てることに夢中なのです。[女神への情熱が]彼を遠くへと導き、彼は洞穴でしか立ち止まることができません。じめじめとした陰がその洞穴を、真理の寓意的な在処とひとつにしているのですが、そうした陰の中にいた冥界のディアナは、彼の渇きに対して、死という一様に拡がる層[に並ぶ獲物の肉片]と共に、世界に在った最も理性的なディスクールのほとんど神秘的な限界をもたらします。よって我われはそこに、象徴が死に代入されて生の最初の泡を奪取するような場を認識するのです。

 最後の段落はかなり手ごわく感じます。ギリシア神話の狩猟の女神アルテミス(ディアナ)は、洞穴の中にあり茂みに囲まれた泉で体を洗うことになっていたのを、鹿狩りに来ていた若者アクタイオンに見られたため、彼を鹿の姿に変えてしまい、彼と仲間たちが連れてきていた猟犬どもに彼を食い殺させた、というエピソードが下敷きにあります。途中「nappe」(いちばんふつうの意味はテーブルクロス)という語には、「層、拡がり」という意味の他に、「猟犬に獲物の一部を褒美として与える際の敷布や包布として用いる鹿皮」という意味があるらしいので、考えすぎかも知れないと思いながらカギ括弧で少し補足しておきました。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

2022年3月12日 (土)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ410~411頁)

 次に移ります。今回は2段落進みましょう。ここもひきつづき、真理の立場に立って「私は・・・」と語っている箇所です。

 一つ目の段落では、ネット上に公開されているこの論文のファイル(『エクリ』所収版ではなく論文初出時のテキストを元にしていることが多い)との相違が2箇所あって、ひとつめは4つめの単語「」の代わりにネットでは「y」となっている箇所、もうひとつは「continue la prosopopée擬人法が続く」という箇所が、「dit la vérité真理が語る」となっている箇所です。ここは真理に語らせるという擬人法が使われていますから、どちらも同じことを言っています。

« Mais vous allez là prendre garde : la peine qu’a eue celui-ci à devenir professeur, lui épargnera peut-être votre négligence, sinon votre égarement, continue la prosopopée. Entendez bien ce qu’il a dit, et, comme il l’a dit de moi la vérité qui parle, le mieux pour le bien saisir est de le prendre au pied da la lettre. Sans doute ici les choses sont mes signes, mais je vous le redis, signes de ma parole. Le nez de Cléopâtre, s’il a changé le cours du monde, c’est d’être entré dans son discours, car pour le changer long ou court, il a suffi mais il fallait qu’il fût un nez parlant.

「しかし皆はそこで用心されたい:フロイトが教授になるためになした苦労は、ひょっとすると彼に対する皆の逆上を免じてくれるとは言わないまでも皆の軽視を免じてくれるだろう」と、[真理が語るという]擬人法が続く。「フロイトが言ったことをよく理解されたい。そして彼が、話す真理たる私について言ったように、それ[フロイトが言ったこと]をうまく把握するために最良のことは、それを字義通りに受け取ることだ。おそらくここで諸物こそが私の徴[シーニュ]であり、しかも私は皆に改めて言うが、私のパロールの徴[シーニュ]である。クレオパトラの鼻がもし世界の流れを変えたとしたら、それは世界のディスクールに加わったことによるのだ、というのも、その鼻を長くも短くも変えるには、それが話す鼻であることで十分であったのだし、かつそれが必要でもあったからだ」。

 二つ目の段落には、「les traces hermétiques du voleur d’Apollon」とあります。「hermétique」には「難解な」という意味と「ヘルメスの」という意味があるようですが、ギリシア神話でヘルメスが生まれたその日にゆりかごから這い出してアポロンの牛50頭を盗んだというエピソードをふまえたものと思われ、ここは「難解」ではなく「ヘルメス的」と訳したいのですが、その後ろ、「voleur d’Apollon」は「アポロンという盗人」という意味ですから、神話とは逆なのです。間違いではないとすれば、ラカンはここで、盗まれた側のアポロンにも実は盗人的なところが隠れていると言いたいのかもしれません。とはいえ、ソフォクレスがこれをエディプスよりも重視したという、これまたよく分からない説明が付された箇所でもあり、真意は今のところよく分かりません。

« Mais c’est du vôtre maintenant qu’il va falloir vous servir, bien qu’à des fins plus naturelles. Qu’un flair plus sûr que toutes vos catégories vous guide dans la course où je vous provoque : car si la ruse de la raison, si dédaigneuse qu’elle fût de vous, restait ouverte à votre foi, je serai, moi la vérité, contre vous la grande trompeuse, puisque ce n’est pas seulement par la fausseté que passent mes voies, mais par la faille trop étroite à trouver au défaut de la feinte et par la nuée sans accès du rêve, par la fascination sans motif du médiocre et l’impasse séduisante de l’absurdité. Cherchez, chiens que vous devenez à m’entendre, limiers que Sophocle a préféré lancer sur les traces hermétiques du voleur d’Apollon qu’aux trousses sanglantes d’Œdipe, sûr qu’il était de trouver avec lui au rendez-vous sinistre de Colone l’heure de la vérité. Entrez en lice à mon appel et hurlez à ma voix. Déjà vous voilà perdus, je me démens, je vous défie, je me défile : vous dites que je me défends ».

「しかしいま皆は自身の鼻を利用すべきだろう、より自然な目的のためであっても。皆の全てのカテゴリーよりも定かな嗅覚が、私が皆にうながす行程で皆を導いてほしい:というのも、もし理性の狡知が、いかに皆を軽視していても、皆の信に対して開かれたままであったら、真理たる私は、皆に対して大いなる嘘つきなのであろうから。なにしろ、私[へ]のいくつもの道が経由するのは偽だけではなく、みせかけの持つ欠陥に見出すべきあまりに狭い断裂も通るし、接近不能な夢の妄念も、平凡さがもつ理由無き魅惑も、不条理がもつ魅惑的な行き詰まりも通る。皆よ探しなさい、犬どもよ、猟犬どもよ。皆は私の言うことを聞いて犬になる。ソフォクレスは、エディプスの血塗れの足跡を追うよりもむしろ、盗人アポロンのヘルメス的痕跡へと猟犬を放つことを好んだ。ソフォクレスは、コロノスなる陰惨な最終到達地にこそエディプスと共に真理の時をきっと見出すと思っていた。皆よ私の召喚で闘技場に入りなさい、そして私の声でうめきなさい。すでに皆はこうして敗れ、私は前言を翻しdémens、皆に挑みdéfie、私はずらかりdéfile:皆は私が自己弁護しているdéfendsと言う」。

 最後で似た単語を連ねている箇所は、ラカンのお気に入りであったのか、はるか後に書かれたセミネールⅪ巻『精神分析の四基本概念』後記(1973年)でも出てきます。「挑戦défiされれば人は逃げだしdéfile、挑戦défiantしながら人は防御しdéfend ・・・」(岩波文庫下巻349頁)。そこも非常に難解な箇所であって、このエクリを読む際のヒントになるという感じでもないのですが。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

 たったいま、テレビで3分クッキングを観ていたら、キューピーハーフのCMのナレーションで福山雅治が「私はライフを新しくする」と言ってましたが、これがキューピーハーフという商品の立場に立って語っているとすればラカンのこの論文と同じ擬人法のレトリックであって、ラカンの文ばかりをさほど奇妙に思う必要も無いのかなと気付いたところです。

2022年2月27日 (日)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ410頁)

 数ヶ月ぶりになってしまいましたが、エクリの読解を続けようと思います。

 ラカンが、真理の立場で話してみているという奇抜な試みが続いている箇所です。文中の「私」とは真理のことです。

 途中にcauteという、辞書に載っていない単語が出てきたあたりで手が止まっていました。ネット上にはcaulteと書かれたファイルもありましたが、これも辞書に載っていません。私はけっきょくhauteの誤植とみなすことにしました。「la parole haute」は「声高な/横柄な/荒々しい発言」といった意味の平易な表現になります

 はじめ借金の弁済などに関連した単語が多く使われる狙いはよく分からないのですが、真理について「現在の意識への現前」のようなことを根拠に置こうとする考え方への批判がありそうなのは伝わってきました。

« Mais vous n’avez pas pour autant rendues désuètes ni sans terme vos échéances à mon endroit. C’est d’après hier et d’avant demain qu’elles sont datées. Et il importe peu que vous vous ruiez en avant pour leur faire honneur ou pour vous y soustraire, car c’est par derrière qu’elles vous saisiront dans les deux cas. Que vous me fuyiez dans la tromperie ou pensiez me rattraper dans l’erreur, je vous rejoins dans la méprise contre laquelle vous êtes sans refuge. Là où la parole la plus caute montre un léger trébuchement, c’est à sa perfidie qu’elle manque, je le publie maintenant, et ce sera dès lors un peu plus coton de faire comme si de rien n’était, dans la société bonne ou mauvaise. Mais nul besoin de vous fatiguer à mieux vous surveiller. Quand même les juridictions conjointes de la politesse et de la politique, décréteraient non recevable tout ce qui se réclamerait de moi à se présenter de façon si illicite, vous n’en seriez pas quittes pour si peu, car l’intention la plus innocente se déconcerte à ne pouvoir plus taire que ses actes manqués sont les plus réussis et que son échec récompense son vœu le plus secret. Au reste n’est-ce pas assez pour juger de votre défaite, de me voir m’évader d’abord du donjon de la forteresse où vous croyez le plus sûrement me retenir, en me situant non pas en vous, mais dans l’être lui-même ? Je vagabonde dans ce que vous tenez pour être le moins vrai par essence : dans le rêve, dans le défi au sens de la pointe la plus gongorique et le nonsense du calembour le plus grotesque, dans le hasard, et non pas dans sa loi, mais dans sa contingence, et je ne procède jamais plus sûrement à changer la face du monde qu’à lui donner le profil du nez de Cléopâtre.

「しかし皆はそれでも、私[=真理]に対して証文を無効化したり無期限としたりはしなかった。その証文には、昨日より後、明日より前と日付が記されている。皆が前へ飛び出してその証文を履行しようと自らそれを免除しようとどうでもよい。というのも、どちらの場合にもその証文が皆を掴むのは後ろからなのだから。皆が欺瞞の中で私から逃げようと、私を誤謬において埋め合わせるつもりであろうと、私は皆にとって逃れようのない勘違いにおいて皆と[意見が]一致する。最も声高なパロールが軽いつまずきを示すとき、パロールがやり損ねるのはまさにその不実さ[=隠匿性]であって、私が今このことを公言すると、以来、良き社会においてであれ悪しき社会においてであれ、何ごともなかったかのようにするのは少しばかりいっそう骨が折れる/厄介だろう。しかし皆がいっそう自身と互いを探り合って疲労困憊する必要はない。かくも不法な仕方で現れて私[=真理]を引き合いに出すもの全てを、儀礼と政治攻略に結びついた司法機関たちが受理不能と布告するとしても、皆はそんな些細なことでは弁済できないだろう、というのも、最も無垢な意図/志向も、自らの失策行為こそがもっとも成功し自らの挫折はその最も秘められた願いを代償しているということをもはや黙っていられないことに狼狽するからだ。そのうえ、城砦の塔に取り押さえられたはずの私がそこから真っ先に逃げ出す姿を見るという皆の敗北を判定するにはこれで十分ではないか。皆は私を、皆の中にではなく存在そのものの中に位置づけることで、その塔に私を最もたしかに取り押さえておけると信じているのだが。私は、皆が本質的に最も真から遠いと見做すものの中を彷徨う:夢の中とか、最もゴンゴリスム[=文飾主義]的な奇警句法や最もグロテスクな言葉遊びの『ナンセンス』といった意味への反逆の中、偶発事の中、しかもその法則ではなくその偶然性の中である。そして私は、世界の顔にクレオパトラの鼻の輪郭を与えるときほどたしかに世界の顔を変える手続きを進めることは決してない」。

« Vous pouvez donc réduire le trafic sur les voies que vous vous épuisâtes à faire rayonner de la conscience, et qui faisaient l’orgueil du moi, couronné par Fichte des insignes de sa transcendance. Le commerce au long cours de la vérité ne passe plus par la pensée : chose étrange, il semble que ce soit désormais par les choses : rébus, c’est par vous que je communique, comme Freud le formule à la fin du premier paragraphe du sixième chapitre, consacré au travail du rêve, de son travail sur le rêve et sur ce que le rêve veut dire.

「皆はいくつもの道を意識から伸ばし広げることに疲れ果てたのであったし、そうした道は、フィヒテがその超越性という記章を冠した『自我』の傲慢さをなしていたが、皆はかくしてそうした道での交通量/不正取引を減らすことができる。真理の長距離取引は、もはや思惟を通らない:奇妙なことに、以後それは諸物を、『判じ物』を通過するように見受けられ ―私が伝達しているのは皆を通じてであるが― 夢と夢の意味についてのフロイトの著作travailで彼が夢の作業travailに割いた第六章の最初の段落の末尾で彼が定式化しているとおりである」。

 クレオパトラ云々については、次の段落でもまた触れられるようです。

 それにしても読みにくい文章です。ゴンゴリスム(文飾主義)とは、ラカン自身の文体に貼られたレッテルそのものであっただろうと思われますね。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

2021年12月11日 (土)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ408~409頁)

 今回から新たな章に入ります。

 章のタイトル、「LA CHOSE PARLE D’ELLE-MEME」はこのまま辞書に載っている決まり文句で、直訳するなら「事柄が自らを語っている」ですが「事実はあまりにも明白だ」という意味です。ここの「CHOSE事柄」という語は、精神分析用語では「もの」と訳され、特にラカン派では深い意味をこめて多用される用語となっていますし、この論文全体のタイトルにも用いられています。一方で、ラカンはこの前後で「真理」の口を借りる形で語っており、本文中の「私」は、ラカンではなく「真理」を指します。こうした事情全体を鑑み、さらに章のタイトルを字義通りに取れば、ラカンが言う「もの」と「真理」は同義語だともいえそうに思いますが、はたしてそれで良いのか、本文で何が語られるかいよいよ楽しみになります。

 読み進めると、今回の冒頭に「有角動物bête aux cornes」という言葉が出て来ます。前回、真理を捉えそこなう人びとを「雄牛のよう」と言っていたのを踏まえていると思います。

 問題はそこから先で、今回の内容と仏文は今まで以上に難しく、とくに2段落めは、段落が長いこともあって、なかなか読み進められず、今回の更新は前回からだいぶ間が空いてしまいました。この2段落目はやたら代名詞が多いので、何を指すと考えられるか明記しながら進んでみます。なかでも副詞的代名詞「y」(赤字にしておきました)は、その前の何を指すのかよく分からないこともあって、後ろに出てくる内容を先どりして指していると思いました。それと、「fille娘」は、女性名詞を受けて「~の所産、産物」という意味があるようで、ここではそのように取ってみました。

 なお、もう一箇所赤字にした箇所は、論文集『エクリ』では「Il」となっていますが、おそらく「Ils」が正しいと思われます。では。

LA CHOSE PARLE D’ELLE-MEME .
事実はあまりにも明白だ(事柄が自らを語っている)

 Mais voici que la vérité dans la bouche de Freud prend ladite bête aux cornes : « Je suis donc pour vous l’énigme de celle qui se dérobe aussitôt qu’apparue, hommes qui tant vous entendez à me dissimuler sous les oripeaux de vos convenances. Je n’en admets pas moins que votre embarras soit sincère, car même quand vous vous faites mes hérauts, vous ne valez pas plus à porter mes couleurs que ces habits qui sont les vôtres et pareils à vous-mêmes, fantômes que vous êtes. Où vais-je donc passée en vous, où étais-je avant ce passage ? Peut-être un jour vous le dirai-je ? Mais pour que vous me trouviez où je suis, je vais vous apprendre à quel signe me reconnaître. Hommes, écoutez, je vous en donne le secret. Moi la vérité, je parle.
 しかしほら、フロイトが言うところの真理が、先ほどの有角動物を捕まえ[て次のように言い]ます:「私はゆえに皆にとって、現れるや否や逃れる女の謎なのだ、諸君の礼儀作法によって私を美辞麗句の下に隠すことに長けた人間たちよ。それでもやはり私は、皆の当惑が真摯であることを肯う。というのも、皆が私の先触れ役を務めるときにすら、皆は、私好みの色を身に着ける[=私の従僕となる]には値せず、むしろ、亡霊たる皆自身によく似た衣服を身に着けるほうがよいからだ。では、皆に伝わった私はどこへ行くのか、この伝わりの前に私はどこに居たのか。ひょっとするといつか私は皆にそれを語るだろうか。しかし皆が私を私が居るところに見いだすために、私は皆に、私をいかなる記号のもとに認識すべきか教えるであろう。人間たちよ、聞くが良い、私は皆にその秘密を与えよう。私は真理、私が話す。

voici que + ind. ほら~、もうすぐ~、ここに~
dans la bouche de... ~の言うところによれば、に言わせると、が言うと
s’entendre à... ~が上手である、得意である/に精通している
porter [les] couleurs 仕着せを着ている、従僕である/de~の色を帯びる、~の好みの色を着る

« Faut-il vous faire remarquer que vous ne le saviez pas encore ? Quelques-uns certes parmi vous, qui s’autorisaient d’être mes amants, sans doute en raison du principe qu’en ces sortes de vantardises on n’est jamais si bien servi que par soi-même, avaient posé de façon ambiguë et non sans que la maladresse n’apparût de l’amour-propre qui les y intéressait, que les erreurs de la philosophie, entendez les leurs, ne pouvaient subsister que de mes subsides. À force d’étreindre pourtant ces filles de leur pensée, ils finirent par les trouver aussi fades qu’elles étaient vaines, et se remirent à frayer avec les opinions vulgaires selon les mœurs des anciens sages qui savaient mettre ces dernières à leur rang, conteuses ou plaideuses, artificieuses, voire menteuses, mais aussi les chercher à leur place, au foyer et au forum, à la forge ou à la foire. Il(s) s’aperçurent alors qu’à n’être pas mes parasites, celles-ci semblaient me servir bien plus, qui sait même ? être ma milice, les agents secrets de ma puissance. Plusieurs cas observés au jeu de pigeon-vole, de mues soudaines d’erreurs en vérité, qui ne semblaient rien devoir qu’à l’effet de la persévérance, les mirent sur la voie de cette découverte. Le discours de l’erreur, son articulation en acte, pouvait témoigner de la vérité contre l’évidence elle-même. C’est alors que l’un d’eux tenta de faire passer au rang des objets dignes d’étude la ruse de la raison. Il était malheureusement professeur, et vous fûtes trop heureux de retourner contre ses propos les oreilles d’âne dont on vous coiffait à l’école et qui depuis font usage de cornets à ceux des vôtres dont la feuille est un peu dure. Restez-en donc à votre vague sens de l’histoire et laissez les habiles fonder sur la garantie de ma firme à venir le marché mondial du mensonge, le commerce de la guerre totale et la nouvelle loi de l’autocritique. Si la raison est si rusée que Hegel l’a dit, elle fera bien sans vous son ouvrage.

「皆はいまだそれ[=秘密]を知らない、と皆に指摘しなくてはならないだろうか。皆のうち確かに幾人かは、私の愛人で在ることを自ら拠り所にし、おそらくこうした類いの自慢話においては自身の奉仕を受けるのがいちばんだという原理的な理由から、両義的な仕方で、以下のように措定してしまっていた。哲学の誤謬たちは ―彼らの誤謬を聞こう― 私[=真理]の助成によってしか存続し得なかった、と。ここで彼らをそれ[=哲学の誤謬たち]に関わらせた自惚れの不手際が現われずには済まなかったのだ。それでも、彼らは自らの思想の娘/所産たる誤謬たちを大いに抱きしめ、彼らはそれらが空しく、同じくつまらないことをついには見出し、古代の賢人たちの風習に従って再び俗説と付き合い始めたのだった。この賢人たちは、この最後にきたもの[=娘たる誤謬]たちを、狡猾でさらには嘘つきな訴訟人であれ雄弁家であれ、それら[=俗説]の列に組み入れる術を知っていただけでなく、それ[=娘たる誤謬]たちをその持ち場placeに、溜り場foyerに、そして広場forumに、鍛冶場forgeに、あるいは市場foireに、探す術をも知っていた。そのとき彼らは気付いたのだった、これら[=誤謬たち]は、私の寄生者ではなく、私におおいに奉仕するように見えるし、そのうえ、我が民兵で在り、我が権力の秘密諜報員でも在るようにさえ見える、と。『鳩が飛ぶ』ゲームで観察される、誤謬から真理への突然の換羽のケースの多くは、固執の効果にしか何も負っていないようにみえたが、彼らにこの発見の手がかりを与えたのだった。誤謬のディスクール、その現実態での明確化[=筋道だてた発声]は、明証性そのものに反して真理を立証することができた。ちょうどそのとき、彼らの一人が、理性の狡知を、研究に値する題材の列へと移し入れようと試みたのだった。彼は不幸にも教授だった。そして皆は、ロバ耳のお仕置き帽を学校でかぶせられ、しかもそれ以後、そのロバ耳は皆の仲間の中で少々耳の遠い者たちの耳たぶ/集音器を利用しているのだが、皆はこのロバ耳を彼の発言に向けることにあまりにもうれしがったのだった。だったら皆の漠とした歴史感覚にとどまりなさい、そして策謀家たちが、やがて来る我が社の保証という基礎の上に、嘘の世界市場を、全面戦争の商取引を、自己批判の新法を、打ち立てるがままにさせておきなさい。もし理性が、ヘーゲルがそう語ったほどにも狡がしこければ、理性は皆が居なくてもその仕業をうまくやってのけるであろう。

on n’est jamais si bien servi que par soi-même 自分でするのがいちばん良い
À force de... 大いに~したので
se remettre à... 再び~し始める
frayer avec... ~と付き合う、親しくする
opinions vulgaires 俗説
à leur rang ~の中に、種類に/同列に
mettre sur la voie 手がかりを与える
en acte 現実態の
qui sait ありえないことではない/おそらく
agent secret スパイ、秘密諜報員、密偵
pigeon-vole 『鳩が飛んだ』『鳩ごっこ』(子供の遊び;親が飛ぶものを言った場合は手を上げるが、飛ばないものに手を上げた人には罰を与える)
heureux de... ~をうれしく思う、してうれしい
oreilles d’âne ロバの帽子、お仕置き帽[昔、成績の悪い生徒に罰としてかぶせられた長い耳付きの紙帽子で、無知のシンボル]
faire usage de... ~を用いる、行使する
dur de la feuille 耳が遠い
en rester à... ~の程度にとどまる、それ以上は進まない
à venir 来たるべき

 冒頭のタイトルだけでなく、二段落目にも長い成句が出てくるので、気がついた成句は試訳の後ろに列挙してみました。

 すらすら読めるとはとても言えない出来ですが、とりあえずこんなところで公開しておきましょう。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

 鳩は前にも出て来ましたし、corne(角)と言う語は、以前は尻っぺたと訳しましたが「corne au cul」として既に出ていたりと、同じ表現が繰り返し出て来ますけれど、その意図するところまではわかりません。

2021年11月 5日 (金)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ407~408頁)

 ラカンの講義録『精神病』を読み進むなか、その途中で読み上げられたというこの論文を読んでいます。今回で最初の節が終わりますが、やはりラカンが書いたものは手ごわいという印象で、全体としての論旨はなかなか見えづらいのですが、訳し進めてみます。

 3点ほど前置きしておきます。まず、以下の最初の文に「règles」とありますが、これは前の段落で動詞「régler」が出てくるので、これを踏まえたものと思います。原語を残したほか、前段の文脈をふまえた内容を少し括弧で補っておきました。もうひとつは、最初の段落に、「où se réduit...」や「où confine ce new-look 」という表現がありますが、ラカンは「auquel」や「à laquelle」の代わりに「où」を使うことが多いのでここもそのように取ってみたという点です。最後に、否定辞neが単独使用されている(pasなどの語を伴わない)箇所が2箇所有り、下線を付けておきました。辞書にはneが単独使用される場合が列挙されているのですが、「主節が否定形または疑問形の場合、接続法に置かれた関係節あるいは従属節内で(単独使用される)」という説明が、下線二つ目のneには当てはまりそうです。下線一つ目のneは直説法とともに用いられているのでいっそう困るのですが、文頭が「d'ou」であることに着目して、「疑問詞を用いた反語的疑問文で(単独使用される)」という説明に該当すると考えるしかなさそうに思います。

 Cette position ne saurait être réfutée puisque les règles s’y justifient par leurs issues, lesquelles sont tenues pour probantes du bien-fondé des règles. Pourtant nos questions se reprennent à pulluler. Comment ce prodigieux hasard s’est-il produit ? D’où vient cette contradiction entre le mic-mac préœdipien où se réduit la relation analytique pour nos modernes, et le fait que Freud ne s’en trouvait satisfait qu’il ne l’eût ramenée à la position de l’Œdipe ? Comment la sorte d’osculation en serre chaude où confine ce new-look de l’expérience, peut-elle être le dernier terme d’un progrès qui paraissait au départ ouvrir des voies multipliées entre tous les champs de la création, – ou la même question posée à l’envers ? Si les objets décelés en cette fermentation élective ont été ainsi découverts par une autre voie que la psychologie expérimentale, celle-ci est-elle habilitée à les retrouver par ses procédés ?

 [精神分析の狂信者による]この立場/措定が反駁されることなどありえないでしょう。なにしろそこで[実践を制御する]諸規則règlesは、諸規則そのものの妥当性からして納得のいくものとみなされるその出口/結末によって正当化されているからです。しかしながら我われの問いは再び急増し始めます。[精神分析のしきたりが獲得されたという]この驚異的な偶然はいかにして産み出されたのか。我ら現代人たちにとっての分析関係は前エディプス的企みに還元されますが、こうした企みと、フロイトが分析関係をエディプスの立場に導かなかったことに満足を見いだせずにいたという事実との矛盾はいったいどこから来るのか[そんな矛盾はどこからも出て来ないだろう]。経験/実験のこのニュールック[=新流行]とすれすれにあるような種類の温室内接触は、いかにして、創造のあらゆる領野の間の多数の道を初めは開くようにみえた進歩の最終項になりうるのか ・・・あるいは裏返しで提起される同じ問いになります。この選択的醸成において気付かれる諸対象[前述の糞と尻っぺた]がこのように実験心理学とは別の道で発見されたとしたら、実験心理学には、それ自身の手続きによってそれらを再発見する資格があるだろうか。

 Les réponses que nous obtiendrons des intéressés ne laissent pas de doute. Le moteur de l’expérience, même motivé en leurs termes, ne saurait être seulement cette vérité de mirage qui se réduit au mirage de la vérité. Tout est parti d’une vérité particulière, d’un dévoilement qui a fait que la réalité n’est plus pour nous telle qu’elle était avant, et c’est là ce qui continue à accrocher au vif des choses humaines la cacophonie insensée de la théorie, comme à empêcher la pratique de se dégrader au niveau des malheureux qui n’arrivent pas à s’en sortir (entendez que j’emploie ce terme pour en exclure les cyniques).

 利害関係者たちから我われが得る答えは、疑いの余地を残しません。経験/実験の動力は、彼らの言い方で動機づけられていても、単に、幻影というこの真理が真理の幻影へと還元されたものだけではありえないでしょう。全ては、ひとつの特殊な真理から出発します。つまり、我われにとって現実とは以前そうであったようなものではないという事態を招いたひとつの暴露から出発するのです。そしてそこにこそ、理論のばかげた耳障りな繰り言を人間的諸物の核心に引っ掛け続けるもの、窮地を脱するに至らない不幸者たち(私がこの用語を採用するのは、ひねくれ[=シニックな]者たちをそこから除外するためであることを理解されたい)の水準へと実践が堕落することを妨げ続けるものがあるのです。

Une vérité, s’il faut le dire, n’est pas facile à reconnaître, après qu’elle a été une fois reçue. Non qu’il n’y ait des vérités établies, mais elles se confondent alors si facilement avec la réalité qui les entoure, que pour les en distinguer on n’a longtemps trouvé d’autre artifice que de les marquer du signe de l’esprit, et pour leur rendre hommage, de les tenir pour venues d’un autre monde. Ce n’est pas tout de mettre au compte d’une sorte d’aveuglement de l’homme, le fait que la vérité ne soit jamais pour lui si belle fille qu’au moment où la lumière élevée par son bras dans l’emblème proverbial, la surprend nue. Et il faut faire un peu la bête pour feindre de ne rien savoir de ce qu’il en advient après. Mais la stupidité demeure d’une franchise taurine à se demander où l’on pouvait bien la chercher avant, l’emblème n’y aidant guère à indiquer le puits, lieu malséant voire malodorant, plutôt que l’écrin où toute forme précieuse doit se conserver intacte.

 必要とあれば言いますが、真理は、ひとたび認識された後には、容易には認識されません。既成の真理など有りはしないということではありませんが、[既成の]真理は、それを取り囲む現実ときわめて容易に混同されてしまい、それらを区別するために真理をエスプリの記号で印づける以外の仕掛けは長きにわたって見出されませんでしたし、真理を称えるために、それは別世界からやって来たとみなす以外の仕掛けも見出されませんでした。人間にとって真理は、格言的な紋章のなかでその腕で持ち上げた光が彼女を裸のまま捉える時点ほどにも美しい娘ではけっしてないという事実を、人間のある種の盲目性の責に帰すだけでは十分ではありません。そして、その後に到来することについて何も知らないふりをするためには少々[動物のように]馬鹿なふりをしなくてはなりません。しかし、かつて真理をどこに探すことができただろうか、と自問するという、雄牛のような率直さによる愚かしさが続いています。紋章も、貴重な形の全体が無傷のまま保存される宝石箱よりもむしろ不適切でさらには悪臭を放つ場である井戸をそこに示唆することをほとんど助けてくれないからです。

 今回の最後の段落で真理や紋章、裸婦や井戸について語られていますが、紋章に用いられる図像において、「真理」は、鏡を持って井戸から出てくる裸身の女性像で表されるということのようです。

 最後の段落に、「動物bête」や「雄牛のようtaurin」といった言葉がありますが、次の節にもこれらを踏まえた表現が出て来ます。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

2021年10月15日 (金)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ406~7頁)

 ラカンの論文『フロイト的もの』の読解を続けます。

 今回の最初の段落に出てくる「鳩の足」という表現は、ネットで見つかるStaferla というサイトによるとニーチェ『ツァラトゥストラはこう言った』の一節、「嵐をもたらすのは、もっとも静かな言葉。鳩の足で歩いてくる思想こそ、世界をみちびくもの。」(岩波文庫上巻256頁)を念頭に置いたものとのことです。この一節は、ニーチェ本人の後年の著作『この人を見よ』にも再掲されているところをみると、おそらく有名な箇所のようです。ラカンのこの論文では、前回も今回もニーチェの名が出てきますし、本論文全体が「反対者」などの小見出しで区切られているのも『ツァラトゥストラ・・・』を念頭に置いていそうな気はします。とはいえそれでもラカンの意図がスッキリわかるとはいかない気がしますが。

 4段落目には「決疑論casuistique」や「恋愛地図carte de Tendre」といった、ふだん見慣れない言葉が出て来ます。前者は、おもいきって「(宗教上の)実証実験」とでも訳してしまって良いかも知れません。 後者はラカンが好んでときどきセミネールでも持ち出す言葉ですが、この「恋愛地図」という訳語ではネットで調べても上位に出てきません。女流作家スキュデリーの作品『クレリー』に登場するらしく、スキュデリーの名で引くほうが探しやすいでしょう。Madeleine de Scudéry - Wikipedia(英語)でその地図もみることができます。

 Ici les gros sabots s’avancent pour chausser les pattes de colombe sur lesquelles, on le sait, la vérité se porte, et engloutir à l’occasion l’oiseau avec : notre critère, s’écrie-t-on, est simplement économique, idéologue que vous êtes. Tous les arrangements de la réalité ne sont pas également économiques. Mais au point où la vérité s’est déjà portée, l’oiseau s’échappe et sort indemne avec notre question : – Économiques pour qui ?
 よく知られているように真理がのしかかっているのは鳩の足であり、この足に履かせるための大きな木靴がここで登場し、その機があれば鳥を飲み込んでしまいます:彼らはこう叫びます、私どものクライテリアは単に経済論的なのです、あなたが観念論者であっても、と。現実のあらゆる配置がみな等しく経済論的なわけではありません。しかし、真理がすでにのしかっていた地点では、鳥は、「[現実の配置は]誰にとって経済的ということか?」という我われの問いと共に無傷のまま逃げ、脱出します。

 Cette fois l’affaire va trop loin. L’adversaire ricane : « On voit ce que c’est. Monsieur donne dans la philosophie. Dans un moment, entrée de Platon et de Hegel. Ces signatures nous suffisent. Ce qu’elles avalisent est à mettre au panier, et quand même, comme vous l’avez dit, cela concernerait-il tout le monde, cela n’intéresse pas les spécialistes que nous sommes. Ça ne trouve même pas à se classer dans notre documentation. »
 このたび事態は行き過ぎています。敵対者はせせら笑うのです:「どういうことか分かっております。旦那様は哲学にのめり込んでおられるのです。もうじき、プラトンとヘーゲルのお出ましです。彼らの署名で私どもには十分です。その署名が保証するものなど、くずかごに捨てるべきです。それでも、あなたがおっしゃったように、そういうことはみなすべてのひとに関わるのかもしれませんが、私ども専門家は関与しません。そんなことが私どもの参考資料集に分類されることはありません」。

 Vous pensez que je raille en ce discours. Nullement, j’y souscris.
 みなさんは、私がこの講義でからかっていると思っています。とんでもない、私はこれに同意の署名をします。

 Si Freud n’a pas apporté autre chose à la connaissance de l’homme que cette vérité qu’il y a du véritable, il n’y a pas de découverte freudienne. Freud prend place alors dans la lignée des moralistes en qui s’incarne une tradition d’analyse humaniste, voie lactée au ciel de la culture européenne où Balthazar Gracián et La Rochefoucauld font figure d’étoiles de première grandeur et Nietzsche d’une nova aussi fulgurante que vite rentrée dans les ténèbres. Dernier venu d’entre eux et comme eux stimulé sans doute par un souci proprement chrétien de l’authenticité du mouvement de l’âme, Freud a su précipiter toute une casuistique en une carte de Tendre où l’on n’a que faire d’une orientation pour les offices auxquels on la destine. Son objectivité est en effet strictement liée à la sitution analytique, laquelle entre les quatre murs qui limitent son champ, se passe fort bien qu’on sache où est le nord puisqu’on l’y confond avec l’axe long du divan, tenu pour dirigé vers la personne de l’analyste. La psychanalyse est la science des mirages qui s’établissent dans ce champ. Expérience unique, au demeurant assez abjecte, mais qui ne saurait être trop recommandée à ceux qui veulent s’introduire au principe des folies de l’homme, car, pour se montrer parente de toute une gamme d’aliénations, elle les éclaire.
 真なるものが有るという真理の他にフロイトが人間の認知に何ももたらさなかったとすれば、フロイトの発見などというものは有りません。ところでフロイトは、ユマニスト的分析の伝統を体現するモラリストたちの系譜に位地を占めています。これ[=この伝統]はヨーロッパ文化の空に横たわる銀河であり、そこでバルタザール・グラシアンとラ・ロシュフーコーは一等星とされ、ニーチェは閃光とともに素早く暗闇へ帰る新星とされています。彼ら[モラリストたち]のなかに最後に到来したフロイトは、心の動きの真正性に関する本来キリスト教的な関心によっておそらく刺激された彼らと同様に、決疑論の全体を一種の恋愛地図に落とし込む術を知っていました。そうした恋愛地図では、決疑論が向けられる勤めoffices にとっての方向性など気にも留められません。その客観性は、実際、分析状況と厳密に結びついています。分析状況は、その領野を区切る四方の壁のなかで実にうまく経過しますから、北がどちらにあるか分かるほどです。なにしろそこでは北が、分析家の身柄に向いているとみなされる寝椅子の長軸と混同されるからです。精神分析は、この領野で打ち立てられる幻影についての科学です。これはユニークでありながらかなりおぞましい経験であって、人間の狂気の原理に入門したいと望む人びとにはどれほど勧めても勧めすぎるということのないものです。というのも、この経験は、自らが幅広い狂気と類縁であることを示すことで、疎外[=精神病]を解明するからです。

 Ce langage est modéré, ce n’est pas moi qui l’invente. On a pu entendre un zélote d’une psychanalyse prétendue classique définir celle-ci comme une expérience dont le privilège est strictement lié aux formes qui règlent sa pratique et qu’on ne saurait changer d’une ligne, parce qu’obtenues par un miracle du hasard, elles détiennent l’accès à une réalité transcendante aux aspects de l’histoire, et où le goût de l’ordre et l’amour du beau par exemple ont leur fondement permanent : à savoir les objets de la relation préœdipienne, merde et cornes au cul.
 この言葉遣いは穏当なものであり、これを創出したのは私ではありません。古典的と称されるようなある種の精神分析の狂信者がかつて精神分析を、その実践を制御する諸形式しきたりに厳密に結びついているような特権をもった経験として定義するのがきかれました。これら諸形式しきたりは、ひとつの路線から変更しようがないようなのです。なぜならそれら諸形式しきたりは偶然の奇跡によって獲得されておりいながら、歴史の諸相を超越したひとつの現実への通路を保持しているからです。そこ[=上記の諸形式しきたり]にこそ、たとえば秩序嗜好と美への愛が、それらの永続的な基礎を有しています:すなわち、前エディプス的関係の諸対象、糞と尻っぺたのことです。

 最後の段落では、「et où」がどこを指すかが難しいと思ったので、備忘のため下線で強調しておきました。#公開後に変更した箇所は取り消し線で示しました。

 今回も1ページ強のここまでとします。たぶん次回この節の終わりまで進めると思います。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

 精神分析を受けるという経験は精神病の解明に役立つ、なんて主張は、現代の精神医学の主流からはぜったい受け容れられないだろうと思います。しかし精神病症状について客観的立場からの理解が可能だなんてほうがとんでもない考え方だと私は思いますけど。

2021年10月 4日 (月)

ラカン『フロイト的もの』(エクリ405~6頁)

 『フロイト的もの』の先に1頁強ほど進みます。今回は新たな節に入りますが、前節の最後にあった自問に対する自答から始まります。

 今回は(特に最後の段落が)これまで以上にややこしく、正直なところうまく意味を掴めていない気がします。フランス語を母語としないウィーンの聴衆の前でこんなことを話してどれだけ理解されたのかと疑問に思わずにはいられません。

L’ADVERSAIRE.
反対者

 Je suis sûr ici de ma réponse : – Absolument pas, si ce que je vais dire est bien comme il doit être. Le sens d’un retour à Freud, c’est un retour au sens de Freud. Et le sens de ce qu’a dit Freud, peut être communiqué à quiconque parce que, même adressé à tous, chacun y sera intéressé : un mot suffira pour le faire sentir, la découverte de Freud met en question la vérité, et il n’est personne qui ne soit personnellement concerné par la vérité.
 私はここで私の答えを確信しています:私が言おうとしていることが、然るべきものであれば、決してそんな[彼らを失望させる]ことはない、という答えです。フロイトへの回帰の意味とは、フロイトの意味への回帰です。そしてフロイトが語ったことの意味は、誰にでも伝達されうるのです。なぜなら[その意味は]、全員に差し宛てられてはいても、誰もが[個々に]それと関わるであろうからです:それに感づいてもらうためには一つの言葉で十分でしょう、フロイトの発見は真理を問いに付しており、しかも真理に個人的に関わらない者など誰も居ないのです。

 Avouez que voilà un propos bien étrange que de vous jeter à la tête ce mot qui passe presque pour mal famé, d’être proscrit des bonnes compagnies. Je demande pourtant s’il n’est pas inscrit au cœur même de la pratique analytique, puisque aussi bien celle-ci toujours refait la découverte du pouvoir de la vérité en nous et jusqu’en notre chair.
 みなさんに認めていただきたいのですが、ここにあるのは、好ましい仲間たちから追放され、むしろ評判の悪いものとして通用しているこの言葉[=真理]でみなさんの頬をひっぱたくような、きわめて異様な話題ですね。私はそれでも、この言葉は分析実践の核心そのものに記載されていないかと問います。なにしろ、いずれにせよ分析実践は、我われひいては我われの肉体のうちにある真理の力の発見をつねにやり直すものだからです。

 En quoi l’inconscient serait-il en effet plus digne d’être reconnu que les défenses qui s’y opposent dans le sujet avec un succès qui les fait apparaître non moins réelles ? Je ne relève pas ici le commerce de la pacotille nietzschéenne du mensonge de la vie, ni ne m’émerveille qu’on croie croire, ni n’accepte qu’il suffise qu’on le veuille bien pour vouloir. Mais je demande d’où provient cette paix qui s’établit à reconnaître la tendance inconsciente, si elle n’est pas plus vraie que ce qui la contraignait dans le conflit ? Aussi bien n’est-ce pas que cette paix depuis quelque temps ne s’avère vite être une paix manquée, puisque non contents d’avoir reconnu comme inconscientes les défenses à attribuer au moi, les psychanalystes en identifient de plus en plus les mécanismes – déplacement quant à l’objet, renversement contre le sujet, régression de la forme, – à la dynamique même que Freud avait analysée dans la tendance, laquelle ainsi semble s’y continuer à un changement de signe près. Le comble n’est-il pas atteint quand on admet que la pulsion elle-même puisse être amenée par la défense à la conscience pour éviter que le sujet s’y reconnaisse ?
 いかなる点で無意識は、実際、主体のなかでそれと対立しそれなりに成功している様々な防衛よりもいっそう認識に値するものなのでしょうか。そうした防衛もこの成功のおかげで劣らず現実的に見えるものですが。私は、人生の嘘についてのニーチェ的な安物商売をここで取り上げませんし、人びとは信じているつもりでいるということに驚きませんし、人びとは望む[意思する]ためにはまさにその嘘を望む[意思する]だけで十分であることを受け容れません。しかし私は、無意識的な傾向は葛藤においてそれを抑え付けていたものよりも真ではないとすれば、それを認識することで成り立つ安らぎがどこからやって来るのかと問います。いずれにせよ、しばらく前からこの安らぎは、取り逃がされた安らぎであることがすぐに判明するということではないでしょうか。なにしろ、自我に帰すべき防衛を無意識的だと認識したことに甘んずることなく、精神分析家たちは、少しずつその防衛機制を ―つまり対象に関する移動を、そして主体に対する逆転を―、フロイトが傾向の中に分析した力動そのものと、同一視するようになっていますから。この傾向は、記号の変更を除けばそこで続いているようにみえます。欲動そのものは、主体がそれによって認識されることを避けるために、防衛によって意識化されうる、などということが受け入れられていては、[フロイトの分析の]頂点には手が届きません。

 この次の段落はものすごく厄介なのでいったん切って、あらかじめいくつか断っておきます。
 次段落2文目の「il s’en faille de si peu que...」は、「il s’en faut de 数量表現 que (ne) 接続法 ~であるには・・・(数量表現)だけ足りない」という構文で、数量表現のところに「peu」が入ると「もう少しのところで~である」「~も同然である」ということです。これが「il s'en faille...」という接続法になっている理由がはじめなかなか分からなかったのですが、「ce n’est pas que...que je déplore, c'est que...私が残念に思うのは~ということではなく~ということだ」という強調構文だと考えれば、ここは「je déploreが主観的な感情・判断を示しておりそこに続く名詞節だから接続法だということで解決します。
 なお、ここに出てくる「peu」は、普通なら「些細な、ほとんど無いもの」といった意味ですから、「すんでのところで~だ」「~も同然」といった訳を当てられ、この「わずかな差」が訳文から消えてしまうこともありますが、ここでラカンは、段落の4文目で「ce peu」として取り上げ直していますので、訳文でも省くわけにはいきません。
 そのすぐあとに出てくる「ボンディの森」とは、辞書によれば「パリ北東にあった大きな森で、かつて盗賊の巣窟とされた」ということですが、地名「Bondy」は「bandits盗賊」とほぼ同音で、ラカンはこれを念頭に置いていたかも知れません。それと、「木を見て森を見ず」は、フランス語では「木が森を隠す」という言い方で表現されることも付け加えておきます。
 以上の前おきは、おおむね以下の原文引用の1~3行目ぐらいの内容に関わりますが、そこから先はますます難しくなっていきます。

 Encore me sers-je pour traduire l’exposé de ces mystères en un discours cohérent, de mots qui malgré moi y rétablissent la dualité qui les soutient. Mais ce n’est pas que les arbres du cheminement technique cachent la forêt de la théorie que je déplore, c’est qu’il s’en faille de si peu qu’on ne se croie dans la forêt de Bondy, exactement de ceci qui s’esquive derrière chaque arbre, qu’il doit y avoir des arbres plus vrais que les autres, ou, si vous voulez, que tous les arbres ne sont pas des bandits. Faute de quoi l’on demanderait où sont les bandits qui ne sont pas des arbres. Ce peu donc dont il va de tout en l’occasion, peut-être mérite-t-il qu’on s’en explique ? Cette vérité sans quoi il n’y a plus moyen de discerner le visage du masque, et hors laquelle il apparaît n’y avoir pas d’autre monstre que le labyrinthe lui-même, quelle est-elle ? Autrement dit, en quoi se distinguent-ils entre eux en vérité, s’ils sont tous d’une égale réalité ?
 それでも私は、これらの神秘[=防衛]の報告を、一貫したディスクールへと翻訳するために、それらを支える二元性を私の意に反してそこに回復する言葉を役立てます。しかし、私が残念に思うのは、技法的な歩みという木々が、技法という森を隠す、ということではなく、むしろ、人びとは自分がボンディの森[=盗賊の巣窟]のなかに居ると、つまりまさしく木々それぞれの陰に逃げてしまうものの森のなかに居ると、信じているもほぼ同然であって、そこまではあともうほんの少しだということです。ですから、他の木々よりもいっそう真なる木々が有るはずだとか、あるいは、みなさんにはこういったほうが良ければ、木々がすべて盗賊であるわけではないということになります。さもなくば[=ボンディの森に居ると信じたら]、人びとは木ではない盗賊はどこにいるかと疑問を持つことでしょう。ゆえに、場合によってはあらゆるものがそこから進んでくるこのほんの少しについて、ひょっとすると人びとが自らの考えを説明するに値するでしょうか。この真理なくしては、もはや顔を仮面から識別する手段は有りませんし、この真理の外では、迷宮そのもののほかには怪物はなさそうに見えますが、この真理とはどんなものでしょうか。言い換えると、それらがみな同じ現実性をもつものであるならば、どのような点でそれらのなかで実のところ[=真理において]際立って区別されるのでしょうか。

 「de ceci qui s’esquive derrière chaque arbre, que...」という箇所は、ここの構文だけをみれば、「ceci=以下に述べること」と言っておいて「que」以下でその内容を述べ、それが「木の後ろに逃げてしまう」のだと考えたくなるのですが、そうすると意味的に、「木々のすべてが盗賊ではないという事態」が「木の後ろに逃げてしまう」という、まったく理解困難な文になってしまいます。
 では「de ceci」を「de Bondy」と同格と扱って、「ceci」は直前の「Bondy(地名であり、盗賊banditsとほぼ同音)」を指すと解釈できないかということになるでしょう(「de si peu」と同格ということはないでしょう)、と思いました。「盗賊」が「それぞれの木の陰に逃げてしまう」というのですから、その点では意味も通ります(いったい何の寓意なのかは分かりにくいですが)。
 ですが「que」以下の節(直説法)がどこからつながっているのかはっきりしない。直説法なので、そこで言われていることは疑わしくはないということはいえるでしょう。結局、訳文では、「si peu非常にわずかなこと」の内容を指すような感じで置いてみました。このあともしばらく「ce peu」が話題になり続けていますから、おおむねこんな感じじゃないでしょうか。

Ecrits
フランス語版
Jacques Lacan

 それでもすっきりしない今回、banditにちなんで最後に、ホイットニー・ヒューストンのさわやかな名曲をclean banditがサンプリング使用した(というのかな)この最新シングルを紹介して気分を直しておきましょう。無駄なイントロも省かれ、デビューアルバムのホイットニーの声が新鮮に蘇ります。

‎ホイットニー・ヒューストン & Clean Banditの「How Will I Know - Single」をApple Musicで

より以前の記事一覧

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ