ニュース

2011年11月 9日 (水)

医療観察法ムラ

 医療観察法病棟内で事件があったとのニュースがありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111104-00000031-mai-soci

 詳細は分からないものの、そもそも無理のある法律やガイドライン・病棟構造のなかで、治療を受ける患者や家族、その治療を行っている末端の担当者にしわ寄せが及んでいるという印象を受けます。

 原発事故以降、「原子力村」とか「御用学者」といった言い方がされることがありますが、医療観察法にも、「医療観察法村」があるように思えます。司法精神医学者たちが、“非定型抗精神病薬の単剤使用と認知行動療法の組み合わせによって統合失調症は治りうる病気になった”、というフィクション(=治療可能神話)で官僚や政治家と結託して(あるいはだまして?)法律・ガイドラインを制定し、いくつかの国公立病院が公金で新病棟を建て、患者一人あたり一般の精神科医療の3倍もの診療報酬を受け取り、さらにその中心にいる医師をはじめとする病棟スタッフは、新しい制度のもとに集められた患者たちを論文や学会発表のネタにもしているわけです。医療観察法に適するかどうかの鑑定を引き受ける医師はかなりの個人収入も得られます(従来は起訴前鑑定だけで済んでいた患者が、もういちどこんどは医療観察法鑑定を受けるわけですから、一人の患者につき少なくとも二度の鑑定料が公金から医師たちに支払われるようになりました)。

 医療観察法で治療中の患者には、実際には結構な数の自殺とか、まれには他害行為の再発も起こっているらしいですが、ムラの中ではひそひそと語られているらしいものの、(私なぞは結構ムラの近くにいるのですが)詳細が全然明るみに出てきません。法律・ガイドラインでは、医療観察法の先進的な知見を今後広く一般医療に広めていくようなことが書かれていますけれど、かなりの隠蔽体質です。

 ガイドライン作りには医者のほか心理士などが参加しているようですが、(過去にここでもhttp://freudien.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_22d3.html書きましたが)よくできているとはいえませんし、精神病のことがわかっていると思えません。まるで患者は妄想をいつでもその気になれば捨てられるのに好きこのんで思い込んでいて、治療者と話し合えば主張を撤回するかのような書かれ方なのです。

 治るようになったという前提でできあがっていますから、医療観察法に基づく治療を行っても改善しなかった患者をどうするかという規定はありません。他の病院に転入院を引きうけてもらえなければ、医療観察法病棟にそのまま長期入院となっていくしかありませんので、末端のスタッフが、上層部からの圧力を受けて、各患者がもともとかかっていた病院に転入院を頼み込むなどして必死に病棟を回転させています。

 今回の場合、一度目の事件はすでに標準的な病院で入院治療を受けていたなかでの出来事だったのに、その患者に医療観察法病棟での治療が命令され、入院直後に二度目の殺人事件が起こったということになりますが、はたして医療観察法入院ではこれまでの治療に比べて治療効果の上乗せがどれだけ可能だというのでしょうか?。看護師として普通に看護学校や看護大学で教育されたスタッフが、そうした患者を隔離せずに安全に観察することが可能だという前提は現実的でしょうか?。そもそも医療観察法では鑑定を行った病院から治療病棟へと必ず転院させるシステムになっています(今回は千葉から神奈川への転院の2日後の出来事でした)が、見知らぬ土地とお互いに慣れないスタッフのもとへと転院させることで状態悪化の危険が増すというデメリットはどう考えられているのでしょうか?。そういえば、数年前に医療観察法病棟から外出中の患者がスタッフから離れて自殺した例がニュースになりましたが、それも遠隔地への入院患者でした。遠隔地へ入院させて家族や地域からひき離すといったデメリットを超えるほどの治療上のメリットがないことは、もうそろそろ見えてきているのではないでしょうか?。

 まあ医療観察法ムラの人たちはこの機会に、従来の治療と比べて別に治療成績なんか優れていないし、安全も守れていないのに多額の公金をつぎ込んでいることを、まずは広く情報開示するべきでしょう。

2011年10月29日 (土)

ラグビーのワールドカップ

 もう古い話になりますが、録画しておいたラグビーワールドカップの日本代表の試合を観おえました。私はテレビでラグビーの試合を何年も観ていませんでしたが、今回はワールドカップが地上波で放送されたので観てみました。

 日本代表の出来がかなり良かった初戦フランス戦だけを観たあと、しばらく忙しくてほかの試合は何週間か観れず、その間、新聞や雑誌で酷評・批判されているのを読んで「そんなに悪くないのに」と思っていたんですけれど、残りの試合を観て、やはり酷評されても仕方がないかな、と思いました。

 しかしまず良い点を挙げるなら、以前の日本代表のバックスには、体格に勝る外国人選手相手にタックルできない選手が混じっていましたけれど(前々回大会なんか、半分ぐらいの選手はほとんどタックルできず、そのせいでフランス戦では金星を逃しました)、今回はそういう不満は抱かずに観ることができました。それは日本代表に外国出身選手が多く入り(いったい日本代表は何語でコミュニケーションをとっているんだろう、と疑問に思ったりします)またその外国出身選手も実直なプレーを続けられる選手がそろっていたからでしょう。かつての外国出身選手はかなり出来にムラがある選手とか、バックスではディフェンスに難がある選手とかだったんですけど、今回はそういう選手がいなくて、いわゆる軽いプレーが少ないのは良かったと思います。日本人選手の体を張ったプレー、スクラム第一列の選手もよく走るプレーはすばらしいと思いました。

 敵との間合いが詰まった状態でパスが回って来ると、そのパスを受けたらすぐに相手のタックルをくらうことが予想できるわけですけど、昔はそれを嫌うバックス選手がいて、パスが来てもしっかりキャッチせずにボールをはたいて隣の味方のほうへタップするような雑なプレー(たいていは隣の味方のところでかえって大きなピンチを招く)も、昔は多かったんですが今はあまり見当たりません。きちんとボールを持って相手のタックルを受けています。

 ただ、実直なプレーは守備面では好ましい反面、攻撃にも特段の魅力のない、面白みの少ない戦いぶりでした。まあ外国出身選手たちは、強豪国の地区代表ぐらいのレベルでしょうから、ちょっと致し方ないかもしれません。かつての日本は、バックスへの展開プレーでは、味方選手の後ろを飛ばしてパスを通すサインプレーをいわばお家芸としていましたが、いまやそれも世界中で普通に使われていて、ニュージーランドもカナダも、後ろ飛ばしパスで日本からトライを奪っていました。これでは、日本ならではのプレーというのはほとんど見あたりません。この辺もメディアが不満に思う理由でしょう。

 私はむしろスクラムハーフの動きが特に気になるんですけれど、攻撃の展開の中で、スクラムハーフが密集からパスアウトするとき、何歩か走りだしながらパスすることが多いことに不満を感じます。彼らがボールを持つ時間をできるだけ少なくしてすぐに放ってほしいところです。特にトンガのようにディフェンスの出足の早いチームが相手だと、パスをもらう人のところですでに間合いが詰まってしまい、バックスは思うような展開ができません。スクラムハーフは、走り出しながら放ったんだから次の密集には早く到着できるというわけでもなくて、タイミングを逸してターンオーバーされることも多かった。

 とはいえ、いつぞやの日本代表スクラムハーフとは違って、ディフェンスにも貢献しているし、フォワードが押されるととたんにスタンドオフへのパスが不安定になってワンバウンドになるということも少ないので、十分によくやっているとは思います。パスを受ける10番以降のバックスのほうも、スクラムハーフからのボールの出方(放るまでの歩数)が毎度違うにも関わらず、よく対応して合わせていたと思います。

 ところで、かつての日本も(おそらく今回以上に)弱かったんですが、一瞬の敏捷さで勝るシーンとか、小さい体で大きな相手の足にタックルして倒すシーンとかがときどきあって、選手も観客もそれに鼓舞されながら(センターに平尾や朽木が居ると、何か予想もつかない創造的なプレーをしてくれるんじゃないかという期待感があったりして)、負けていても最後まで熱中できましたけれど、あれを善戦として見ていたのはある意味錯覚であって、試合全体の出来としては決して世界に通用していたわけではないです。宿沢監督時代に、主力を欠いたスコットランドとのテストマッチに勝ったことやワールドカップでジンバブエに一つ勝ったことはありましたが、それ以前の戦績と言えば、強豪国に接戦を演じたとか、強豪国の、代表より下の選抜チームに勝ったとかいうエピソードが、数年に一度程度あっただけです。アジア大会でも、日本より遙かに選手人口が少ない韓国によく負けてました。

 さて、じゃあ日本代表はどうしたらいいかというのは非常に難しいところです。日本代表は日本国内のラグビーのレベル・傾向を反映しているわけですから、重点的に強化したい点を見定めたうえで、それが伸びるような国内ルールを作って、そのルールで育った高校生が主力となるまで10年単位の長い目での強化が必要でしょう。たとえばプレースキッカー養成のためには、トライ後のゴールを国内では4点ぐらいにしてみるのも良いのではないでしょうか。あとは、バックスがタップパスを失敗したときとか、パスできそうにない状況で苦し紛れに蹴ったときなどは、地面に落ちたボールを敵に奪われるわけですけれど、そこから相手にトライされたときには国内では6~7点与えてみるとかして軽いプレーを戒めてはどうでしょうか(そういうプレーは、強豪国相手の試合でチャンスを生むことはありません)。ほかでは、ラックの最後尾の選手がボールを拾い上げて味方と組み合いながら相手に当たって押し込んでいくようなプレーは、本当は反則ぎりぎりなのにけっこう見逃されてきましたけれど、日本代表が外国チーム相手の試合で同じことをしてモールを押し込んでいくことはありえませんから、まあ国内では厳密に反則と決めて、一度バックスに出すプレーを徹底させた方がいいでしょう。

 だらだら書いてきましたが、私のようにちょっと昔を知っているファンは、日本のラグビーが「昔は強かった」とは思わないにしても、かつて「大きくゲインして密集ができたら次は早く球を出してブラインドサイドを攻める」とか、「バックスは抜けたら外を見ろ(外の選手は、味方が抜けたら横に顔を出せ)」、というような定石といえる組織的な動き方があったり、「ボールは両手で持て」「地面のボールはまたいで拾え」とかいう基本の戒めが選手の間に浸透していた時代が懐かしく、そうしたプレーが減ってラグビーそのものが昔とは違ってきているのはなんだか寂しいです。王国ニュージーランドにも、実直に基本を守っておらず一か八かのプレーをする選手が現れていますし、まあきっと私のほうが時代遅れなのでしょう。

2011年5月25日 (水)

心のケアチームの評価

 震災後に被災地に派遣された心のケアチームについての新聞記事などをよく目にするのですが、派遣されたチームのメンバーが語っている記事は多いものの、現地でどう思われているのかという記事は新聞やネットにほとんどありません。たまたま目にした記事には、アンケートを配ってデータを取ろうとして被災者の反発を買った心理カウンセラーについて批判的に書かれていたりもしました。まして、心のケアチームが現地で感謝されているという記事を私は見たことがありません。そこでネットで『震災 こころのケアチーム 感謝』などを検索ワードに調べてみると、まあ感謝の声が全くといっていいほど現地から上がっていないことがわかります。一方で、検索ワードを『心のケアチーム』から『医療チーム』とか『ボランティア』に変えると感謝の声がたくさん出てくるんですけども。

 心のケアチームの活動が、疾患の予防とか早期発見にどれだけ効果があったのかの医学的評価は、そもそもデータの取りようがないようにも思われますし、コスト対効果を考えると非常に微妙なところでしょう。そのうえ、ここまでの活動の短期的・対症療法的効果が、現地で実感されて感謝されるほどではないとなると、各県がかなり苦労して今もチームを派遣し続けている作業が報われない気がしてきます。

 それでも何らかのお役に立っていると考えるための希望的な仮説として考えられるのは、“正常範囲の変化を示す被災者の方々にはまず他県からのチームが対応することで、少しでも現地の精神科スタッフが緊急性の高い患者に専念できるようにすること”といった間接的な効果でしょうか。

2010年8月21日 (土)

芥川賞の『乙女の密告』

 私は先ごろ、今年の芥川賞受賞作が、『アンネの日記』のドイツ語原文と格闘する女子大生がある種の謎解きに至るというストーリーの、いわば語学ものであることを新聞で知り、自分も日々自分の理解力を超えた外国語テキストと格闘し悩まされ続けているせいもあって非常に興味をそそられ、文藝春秋を買って読んでみました。ちなみに私がその年の芥川賞受賞作を読んでみることなどこれが初めてのことです。結果として非常に楽しめました。個性的な登場人物や突飛なエピソードがおもしろく、またそこに『アンネ日記』の引用がテンポ良く引用されているなか、アンネ・フランクにまつわる謎への関心がいつの間にか読者にも自然に呼び起こされます。その謎がドイツ語原文の読解に関わるものでなくドイツ語が全然出てこないのは私には肩すかしでしたが。

 私はある種のテキスト(読み物だけでなく、患者さんが話した内容とか自分の夢なども含みます)の謎と本気で長いこと格闘しているうちに、過去に自分が経験して未消化のままであった状況や出来事と次第に重なり合ってきて、ついには両者の共通の解であるような解釈を思いついたことがありまして、もはやそのテキストにはそれ以外の読み方がありえないような気さえしてしまいます。ですので、私には、この『乙女の密告』の主人公が結末においてまさにそういう状態に至ったことが非常によくわかります。ただ、主人公が到達した解そのものについては、私には明瞭に読み取れるというわけではなく -というか主人公の解を文字通りに読めば、教授を深くうなずかせるほど優れた考え方とは思えないので、別様の読みも可能なのではないかと考えてしまうので- むしろ読み返す度に次々に謎を解く鍵に見えてくる箇所が増えていってわからなくなってしまいます。私はいまも、アンネが「今、私がいちばん望むことは、戦争が終わったらオランダ人になることです」と書いたという事実について、作中のバッハマン教授が示唆したいくつかのキーポイントを繋ぎながら、教授を深くうなずかせるような解を探して結末前の主人公と一緒に考えさせられたままです。

乙女の密告

2010年1月17日 (日)

センター試験で

 今朝の新聞に載っていた大学入試センター試験の国語の問題で、いきなりフロイトの話題が出ていたので朝から驚かされました。

 それにしても、大学入試センター試験こそ、民主党に廃止して欲しい制度です。センター試験が無くなって志望大学の試験を一発勝負で受けることになっても、実は誰も困りはしないだろうし、各大学で基本問題を作成するのが難しいなら、そのための共通問題を分配して同日同時刻に試験を行うだけで済むはずで、一次試験として別個に一斉に行う必要はないでしょう。

 といいますのは、私は毎月第3日曜日に行われる読書会に参加しているのですが、毎年1月には、参加者のうち数名がセンター試験の試験官の仕事のため欠席せざるをえなくなるからでして、日本中で同じように研究が滞っているであろうと思うと、無駄な制度はやめた方が良いと思うのです。

 他に私の周囲で目につく範囲で言えば、民主党には、政権を握っているうちに病院機能評価を廃止してほしいし、国立病院は今の半数ぐらいに減らすのが良いと思いますね。

2月24日追記:民主党に廃止して欲しいものと言えば、医療観察法こそ真っ先に挙げるべきものですね。

2009年6月 3日 (水)

心神喪失・責任能力

 こないだ出席した講義で、統合失調症患者の責任能力について話題になっていたんですが、そのさい、どうもその参加者の中では重鎮らしい先生が、統合失調症で妄想に支配された状態での他害行為を罪に問うべきではないと言うための例として、てんかん患者が発作中の突発的な動きで近くにいた人を突き飛ばして殺してしまう場合を挙げ、両者は同じようなものだと言っていました。これはいろんなところで用いられる例え話ですが、私にはどうしても合点がいきません。てんかん発作中の患者と統合失調症患者はまったく別の状態であって、池田小学校事件や幼女連続誘拐殺人の犯人たちと統合失調症患者がまったく違うのと同様に(いやむしろそれ以上に)似ても似つかぬ状態と思うからです。

 心神喪失とは、事物の是非善悪を弁別する能力またはその弁別に従って行動する能力が完全に失われた状態、心神耗弱とはそうした能力が完全に失われたとはいえないが著しく障害された状態、という定義の表現を素直に読んでみれば、私には統合失調症で心身喪失に至ることはほぼありえないと思えます。世間の相場では結構な割合で心神喪失とされてしまいますし、こないだの講義の参加者たちもまた世間の相場を構成しているわけですけれども。

2009年4月16日 (木)

供述調書の漏洩について

 昨日の判決がニュースになってました。私としては、もし自分の家族が大きな犯罪を犯したら、と考えると・・・ もしも今回の判決とは逆に、自分が供述した内容が全て公けに出版されることが許されてしまうなら、私は警察で聴取される際に、供述したくないこと、自分の胸にとっておこうと思うことが、非常に多くなってしまうと思います。そうなると正確な鑑定や判決が導きづらくなりませんでしょうか。ですのでこの判決結果には賛同せざるを得ません。

 ところで、私は医療観察法の鑑定だけは時々やっているのですが、患者の付添人となった弁護士が、書き上がった鑑定書を入手して、患者の家族に見せたりコピーを渡すことがよくあります(家族がコピーを渡された場合、当然ながら、患者自身もあとで家族から見せてもらうことができます)。付添人となる弁護士の人選は、患者の家族が行っている場合が多く、その場合、家族が依頼者ですので、見せたくなるのはわかるのですが・・・私としては

①鑑定書に、家族による患者への関わり方とか、病気についての家族の理解度などについて、ネガティブなことを書きづらいです。場合によっては、家族の関わり方が患者の病状を悪化させていそうなこともありますし、家族のなかに、病院には掛かっていないけれども精神疾患を罹患していそうな人がいて家族全体の生活様式に大きな影響を及ぼしている、なんてこともあったりするんですが、それもやはり書けない。患者の社会復帰環境に関わる大事な情報なんですが。

②患者が、家族に対して秘密にしておきたいと言いながら大事なことを話してくれたときにも、それを書くことができないことがありますし、患者が家族についてネガティブな評価を下しているときにも、それを書くことで家族関係が悪化しないか心配で書けません。

③鑑定を始めるとき、患者に対して、「ここで話したことは裁判所に提出して審判で使われます」といった説明をしているのですが、けっこう高頻度で家族にそのまま伝わることがわかってきたので、患者にも「ここで話したことはそっくりそのまま家族が知る可能性があります」とはっきりと伝えるべきなようにも思いますし、それでは患者が包み隠さず話しづらくなりはしないかとも思うので迷います・・・

といった問題を感じます。裁判での鑑定ならば後々の家族関係などは気にしなくても良いかもしれませんが、医療観察法は、その後の社会復帰に資するという目的で行われる鑑定なので、どうしても気になるのです。

 場合によっては、患者の妄想の対象となっている相手が、患者が起こした事件の被害者として事件について証言し、その内容が供述調書や鑑定に引用されている場合があります。そういった証言を患者が知ってしまうと、患者の恨みがさらに燃え上がる可能性があります。しかし弁護士さんというのは、そういった書類が患者の目に入ることは証人にとって危険じゃないかという懸念は顧慮しないもののようです。「そんなことは、一般に裁判という公開の場で証言が行われるときに証人が将来お礼参りの危険を負うことと同じことだ」ということのようですが、私としてはどうも釈然としません。

2008年4月29日 (火)

精神鑑定

 有名事件の精神鑑定に絡んだ判決のニュースがありました。このところ関連したニュースも続いています。

 それぞれの被告の犯行時の精神状態の詳細以前の問題として、心神喪失の定義を、鑑定医がしっかり認識していないのではないかと思えてなりません。つまり、責任能力を完全に喪失していてはじめて心神喪失の状態であって、責任能力が著しく減弱している状態は心神耗弱であり、かなりの程度の減弱があっても著しいとまで言えなければ完全責任能力が認められうるということです。この点についての認識が改まるだけでも、最近出されたいくつかの鑑定結果は違ったものになったでしょうし、ずいぶんと一般にもわかりやすい整合的なものになるのではないでしょうか。

 最近のニュースから、精神鑑定など考慮に値しないとか、心神喪失という評価に相当する者など存在しない、といった印象を一般にもたれてしまうと、今後の裁判員制度に向けて非常にまずいと思います。精神病状態では、たとえば幻聴に命令されると逆らうことができず、自らの意志に反して自殺を試みたり我が家に火を放ったり最愛の我が子を殺めたりといった、自らの利益に反した破滅的な行為を行ってしまうことがあります。そうしたレベルの精神状態の中で他人に攻撃が向かってしまうことがありうるということは一般に理解していただきたいところです。

 ところで、そもそも一般論として、ある程度高い地位に就いている精神科医は、主に大学病院(重い精神病患者の入院をお断りしていることが多く、措置入院はまず受け入れない)などでの臨床経験が多いでしょうから、本当に心神喪失に値するほどの重い精神病患者を主治医として継続的に担当した経験などなさそうに思います。ですからそうした医師が鑑定医を担当してしまうと、たとえ十分な机上の知識を持って真摯に鑑定に取り組んでいたとしても、中等度の精神病状態に対しても簡単に心神喪失と判断してしまうことになってしまいませんでしょうか。

2007年11月24日 (土)

「心神」を含むニュース

 私はときどき、yahoo!のニュース検索で「心神」を含むニュースをまとめ読みします。

 主に「弁護側は心神喪失(または耗弱)の状態にあったと主張している」といった部分を含む記事が検索されますが、なかには、金品目的であったり性犯罪であったり、計画性があって犯行後もいったんは上手く逃げていたりといった、責任能力に問題なさそうな事件もかなり含まれています。当然のことながら、実際に判決でそのような主張が認められ減軽されることはまずありません。

 特に有名事件の場合には、裁判の各段階で何度も記事が出るうえ、判決の後も、控訴するかどうかといった記事が何度も出ます。しかし、歴史的な事件を起こすにはかなりの計画的実行力が必要であることからして当然ですが、有名事件に限って言えば、無罪や執行猶予になるケースはかなり少ないはずです。

 もうひとつ、(精神障害ではない)少年の事件の報道でも、弁護側が酌量を求める論理が、当時少年は正常な精神状態になかったと言わんばかりのことがあるので、一般の人には精神障害者の刑の減軽の問題と混同されて、精神障害者(および裁判中のみそれと主張する人々)の弁護がそのような身勝手な論理で行われることが普通にあると思われてしまうことがありそうな気がします。

 一般の方が上のような報道を折に触れて読んでいると、精神障害者でない者やごく軽症の者までが不当に刑を減じられているかのような印象を持ってしまうのではないでしょうか。刑法39条についての出版物の中に、池田小学校事件や幼児連続誘拐殺人事件、神戸の少年らについて言及されているのをみると、記事を書く側の人々にも同様の誤解が蔓延していそうです。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ